どうしてセブンナイツを引退するに至ったかを考えてみる

2018年7月5日、さんごくはセブンナイツを引退しました。

セブンナイツのリリースが2016年2月5日・・・。

ということはつまり、2年と5ヵ月も遊び続けたんですねぇ~!てか意外とキリが良いな!?笑

どうも、久しぶりのブログ更新です。さんごくです。

このブログの更新が止まったのが大体1年前だから、本当にとんでもなく久しぶりの更新だなぁw

まあ活動の場をYouTubeに移していたからブログの更新をしなくなったのだけれど・・・

もうセブンナイツ辞めたし良い機会だからまたブログ更新しよっ☆

ってことで、不定期ですがまた適当に更新していこうかなと思います!

と言ってもね、ホントはこのブログ「セブンナイツ攻略ブログ」って訳じゃ全然なくてね。

僕の趣味的な事をつらつらと書いていくだけの何でもないブログだったんだw

セブンナイツの記事がヒットしだしてからそれ一辺倒になってしまったんだよね・・・。

っと、そんなことは今回の話題じゃなくて!

そんだけハマってたセブンナイツ、どうして引退することになったのか!?

僕の主観グイグイの自己満ですが、これを区切りに新たな「さんごくライブラリーのスタート」を飾ろうという訳なのです!

よろしければお付き合いくださいませませ。

Twitterでのたくさんのリプ、ありがとうございました!

本題に行く前にまずは謝辞を!

Twitterでセブンナイツ引退のお知らせを呟いた際、思った以上の反響をいただき本当にありがとうございました!

正直なことを言うと・・・

「こんなに見てくれてる人、楽しみにしてくれる人がいるんだな・・・。

なんだか辞めてしまうのがもったいないし、申し訳ないな・・・。」

と、感じました。ぬぅー。

でもね。やっぱりもう厳しい。

さて、今のセブンナイツの何が厳しいのか・・・

簡単にまとめたらこんな感じ↓

  • やることが多すぎる
  • 手間がかかり過ぎる
  • 積み上げてきたものを軽視している

多分もっと色々あるんだろうけど、長くなりすぎるのも良くないからこれくらいで!

それじゃあ1個ずつ掘り下げて書いていきますね~。

ちなみに運営の無能さについてはもう散々言われていることなので、ここでは何も言いませんww

ゲームに義務感を感じたら終わり

「何にもやることが無い」よりは「たくさんやることがある」の方が良いよね。

昔のセブンナイツは本当にやる事無かったよねw

アリーナと攻城戦とギルド戦は毎日やって・・・

ボス戦は週1で本気出して、あとは流して80万点取るだけ。

そんで2週間に一度深淵やるだけ。

(まあゴルダンが黄金鉱石じゃなくてミミックの時は今思えばエグかったけどw)

なんやかんやバランスが取れてたような気がする。

でも今のセブンナイツは・・・

アリーナの環境が目まぐるしく変わる

セット装備を仕上げるのがすげぇ大変で

週1で防衛戦やって(毎週攻略が変わる)

記憶ダンジョンも周回しなくちゃいけなくて

不定期だけどリミテッドアリーナも報酬のために・・・

そしたらボス戦に上級が登場!?

しかも週2回で進行!?

えっ!?毎シーズンごとに性能も変わる??

さらに攻城戦超級も追加!?!?!?

アッ、モウムリッス・・・

その分報酬が増えるのは良いと思うけどね。

どうせやるならちゃんとやりたいと感じてしまう僕にとっては

「あぁ、やらなきゃ・・・、今日やっとかないと・・・」

ってな感じで、”やらなきゃ!”っていう気持ちがどんどん強くなってきてしまった。

ボス戦上級と攻城戦超級の追加で、もう絶対無理だと思っちゃったなw

今考えてみると、この理由が一番大きかったな!

さらに付け加えると、ボス戦上級も攻城戦超級も、結局やることは変わらないんだから何の新鮮味も無いし。

ほんと、ただただ”やらなきゃいけないこと”が増えただけだった。

防衛戦は『やり直し無しの真剣勝負』っていう新しい要素があったから面白かったんだけどね。

コツコツが苦痛になるライン

「セブンナイツはコツコツゲー」って僕も昔は良く言ってました。

でも今のセブンナイツってもはやマゾゲーに近いものがある気がするw

まあもちろん、ある程度上に居続けるために・・・ていう前提があるけどね。

色ドラゴンをレイドで狩って解放石集めて・・・

っていうのは全然許容できてた。

というのも、解放石集めてセット装備を強くすれば確実に上にいけたからね。

それに狙ってるオプションが付くかどうか、ガチャを引いてるような感覚で楽しめたw

でもね、レベル上限が50になって、専用装備とかスキル強化とか実装されてからは・・・

セット装備を強くするだけじゃ全く勝てないようになってしまった。

その途端、解放石を集める為に狩るレイドにあまり価値を感じなくなっちゃった。

「どうせ解放石集めても勝てないしな・・・」って。笑

だからこそ運営は今PVEコンテンツばかりアップデートしているんだろうけど。

PVEならしっかりキャラと装備を強化して適切なムーブをかませば良い報酬が貰えるからね。

それでルビー集めてガチャ引いてっ・・・てな構想なのかな?

まぁその結果僕は引退の道に進んだ訳ですが・・・。これぞ悪循環。

まだ他にも、今に始まったことじゃないけれど、装備の付け替えもだるかった!

特に深淵の塔の後ね。あれはとんでもなくだるいですよ。

探して、付け替えて、戻して・・・。何この作業?w

ボス戦も防衛戦も装備の付け替えがとにかくめんどくさくて億劫だったな・・・。

リミテッドもだるかったなそう言えば・・・。

コンテンツが増えていく度に面倒が増えていくというねw

装備解除時のトパーズが廃止になったのだから、パーティ&装備の記憶システムとか作ってくれたらなぁって何度思ったことか。

あとはセット装備の能力解放のだるさよ。

最高値出るまでチマチマチマチマ・・・

かといって後回しにすると装備枠すぐパンパンになるし!キィー!!

・・・なんか悪態をついてるみたいw

まあでも実際苦痛に感じてたんだから仕方ない!笑

リーア事件だけはどうしても納得できない

レベル上限が50に引き上げられた時に発生したリーア事件。

いやー、最高でしたね!(白目)

ほんとね、何考えてんだと。(今更)

まあそれはもう良くて・・・。

今のセブンナイツはキャラを育てるリスクが大き過ぎる。

スキル強化に使う妖精のティーアはまぁ、攻城戦超級でスコア出せば毎月ポイントで手に入るから良いとして。

専用装備強化に必要な影の結晶がまじでシビア。

MAX強化までに必要な影の結晶の個数って180くらいだっけ?

それを全部突っ込んで強化した後、すぐそのキャラが使えなくなったらと思うと・・・。突っ込めなくない?

特に今の環境は目まぐるしく変わるから、いつどのキャラがクビになるかわからない。

長生きするであろう新キャラはレベル50まで集めるのなんてほぼ無理だから最後まで強化できないし・・・。

特に失望したのが、スキル強化・専用装備強化っていうワクワクする要素を追加しておきながら、

結局新しく出たキャラばかりが強くて、過去のキャラはぜんっっっっっぜん活躍できないところ。

これでダメならこの先もずーっと新キャラ最強の状態が続くんだろうなぁ。

って考えたら「せっかく育ってるキャラがいるのに辞めるのはなぁ」って思いが消し飛んだ。笑

運営としては?使いあぐねている影の結晶を?

セインとかジークとか二律の影メルキルとかに突っ込んでぇ?

PVEコンテンツでの使い道を示していたつもりなんだろうけどぉ?

その結果さんごくは引退のm(略

結局はセブンナイツに飽きてた

以上、3つの理由を挙げてさんごくがセブンナイツを辞めた理由をつらつら書いていましたが・・・。

ま、結局のところは飽きてたんだよねw

もしやる気があるなら、ボス戦上級と攻城戦超級でウホウホ言ってるハズだし。

それに全く興味が湧かないってことは、セブンナイツというゲーム自体に興味がなくなったってこと。

「どんな風に変わったんだろう?」

「どういう攻略法があるんだろう?」

って微塵も思わなかったもんね。

ただただ「やらなきゃいけないことが増えちまったぁぁぁ!」って感じただけw

セブンナイツに費やした時間は、全部合わせたら膨大なものになると思うけど、

やって良かったなぁって心底思います。

ギルドで本当に素敵な人とたくさん出会えたし。

YouTubeでもたくさんの人と交流できた!

勉強になる部分もあったし、いい経験ができたなぁと。

セブンナイツは辞めたけど、せっかく出会えた人達との関係はこの先も大切にしていきたいなと思っております。

だからYouTubeでの活動は、絶対にまた再開したいなと!

次に何やるかは決まってないけれど・・・、夏に数回やって、秋~冬のうちに何かできればいいかなぁ。

でもね、YouTubeって本当に甘くないから、セブンナイツ以外でまた1からやっていくのは不安でいっぱいですw

もしこのブログを見てくれている人がいて、もし僕の放送を見ることがあれば、

優しい目で見守ってくれれば有難いな。笑

ということで今回はここまで!

さんごくライブラリーはちょいちょい更新していきます。

何かコラム的なものを書いていければなぁ~、なんて。

あとは趣味のアニメやアニソンを書くこともあるかも!

たま~にでもココも覗いてくれたらなって思います!

次回はYouTubeのことを記事にしますね。

皆気になっているであろう収益のことについて、僕なりに突っ込んで書いてみたいと思います。

お楽しみに!