筋トレで若返り健康を手に入れよう!忙しくても続けられる筋トレ5つのメリット!

muscle

筋トレは楽しい!

皆さん運動してますか?運動不足じゃないですか?
身体たるんでないですか?だんだん身体がだらしくなっていってませんか?

社会人になると急激に運動不足になりますよね。
私はデスクワークの職種だったので、運動と言えば会社まで歩くぐらしかなかったな。

重いものを運んだりする肉体労働中心の職種でもない限り、ほとんどの社会人は間違いなく運動不足です!
私も運動不足でした!
本当に驚くくらい体力がなくなっててショックだった(笑)

運動不足は不健康の原因。大病の元。
身体は資本です。運動不足のままだといつか身体を壊してしまいそう。

そのリスクを軽減すべく、私は市営スポーツセンターのジムに通って筋トレを始めました。
すると本当に良いことばかりで、どうして皆筋トレしないのか不思議なくらい筋トレはメリットが多い。

学生の頃は部活の一環で筋トレをやって身体を鍛えていた人は多いかもしれませんが、社会人こそ筋トレをするべき!
今回は忙しくても続けやすい筋トレの理由とそのメリットを紹介します!
きっとこれを読めばきっと筋トレがしたくなりますよ!

1.健康で若々しくいられる

何をするにも身体あってこそ。
健康でなければ思いっきり遊んだりできないし、仕事だってできなくなっちゃいます。

豊かな生活をするには、エネルギッシュな身体と精神が必要です。
せっかくの休みの日に、なんだかだるいなーって毎回一日中家にいるのは豊かな生活と言えるだろうか。
まあたまにはずーっとゲームをするのも良いですけどね!

身体の諸々の悪い部分が改善されていく

筋トレに限らないことですが、運動をすることで血行とリンパの流れが良くなり、身体の老廃物を体外に排出しやすくなります。
すると身体のむくみや顔色が改善されて、身体のだるさも解消されます。

でも筋トレをして筋肉がつくと、腰痛や肩こり・関節の痛みなど、加齢に伴って表れる身体の節々の痛みも軽減されるんです。
それによって姿勢も改善されるから身体の悪い部分を改善する好循環が生まれてどんどん健康になっていく。
ただウォーキングとかランニングをするよりも筋トレをした方が良いのはこれが理由。

成長ホルモンとコラーゲン

成長ホルモンと言えば、「成長期にたくさん分泌されて背が一気に伸びる」というようなイメージじゃないですか?私はそう思ってました。
成長期にだけ分泌されるんじゃないのかなーって。
でも大人になってからも成長ホルモンって必要なんです。

成長ホルモンの働きは、「身体の負傷部分の修繕」「代謝を促し脂肪を燃焼する」「免疫力アップ」「細胞が活性化するので身体が若返る」「筋肉・骨を成長させる」「バストをアップさせる」などなど・・・良いことづくめ!

この成長ホルモンは、成長期を過ぎたころからどんどん分泌量が減ってしまいます。
だから歳を取っていくと身体が老化していくんですね。

でも筋トレをすると、何もせずただ座っている状態の時の約100~300倍もの成長ホルモンが分泌されると言われています。
アスリートやボディビルダーなど、筋トレが習慣化している人達が40を超えても若々しいのも納得。

さらに、筋トレをすると体内でコラーゲンも分泌されます。
コラーゲンといえば、よく美肌成分としてCMとかで耳にしますよね。あれも筋トレすると手に入れられるんです。

コラーゲンの働きは美肌効果だけでなく、「髪の毛の質感・ツヤ」「内臓系や骨・関節の調子を良くする」などの効能があるみたい。
サプリメントで摂取するよりは筋トレで分泌した方が健康的!

何歳から始めても成長ホルモンやコラーゲンはしっかり分泌されます。
いつ始めたってOK!もう歳いってるからって諦めるのはもったいない!

2.脂肪を減らし太りにくい身体になる

「脂肪を減らすためにはランニングなどの有酸素運動をして新陳代謝を上げることが重要!」
ってよく耳にしますよね。

テレビとかでダイエット方法を紹介する時とか、必ずといっていい程ランニング映像が流れてません?
ダイエットは走ることから!みたいな。
新陳代謝を上げて痩せにくい身体を作ろう!みたいな、ね。

でもソレ、間違ってます。
痩せるためにすべきことは有酸素運動ではなく筋トレなんです。
そもそも新陳代謝を上げるってこと自体間違ってる。
上げるべき代謝は、基礎代謝です。

新陳代謝とは

新陳代謝というのは、身体の古い部分を除去し新しく作り変える作用のこと。
例を挙げると、髪の毛・爪・肌を作り変えたり、汗をかいて老廃物を排出したり、とか。

なので新陳代謝を上げるということは、「汗をかいて身体の中のいらないものを外に出すために血流を良くしよう!」みたいなこと。
そのために使うエネルギーはそこまで大きくないので、痩せるという観点ではあまり効果的ではないんです。

もちろん新陳代謝は肌を作り変えるので美容の観点では効果があります。
が、どうせなら筋トレして成長ホルモンを分泌した方が相乗効果が期待できますよね。
当然筋トレでも新陳代謝は上がります。

基礎代謝とは

基礎代謝というのは何もしていなくても消費されているエレルギーのことです。
心臓や内臓を動かし続けたり、体温を維持し続けたり、呼吸をし続けたり・・・

この基礎代謝のエネルギー、人間の1日の普段の生活で消費されるエネルギーの何%を占めていると思いますか?
なんと・・・70%です。

驚きですよね。
普段の生活の中の、歩く・走る・物を持ち上げるなどの動作で消費されるエネルギー量は20%程度なんです。
痩せようと思って頑張って走っていたあの日々・・・実は消費されるエネルギーは微々たるものだった・・・ショック。

ちなみに筋トレで使うエネルギー量はウォーキングの3倍・ジョギングの1.5倍程度と言われています。
エレルギーの消費効率で言えば、筋トレの方が良いんですよね。

基礎代謝を上げよう

1日のエレルギー消費割合が高い基礎代謝を上げてやれば、勝手に消費されるエネルギー量が増えるから、当然多くのカロリーを摂取しても太りにくくなりますよね。

その基礎代謝を増やす方法は、筋肉量を増やすこと。
筋肉を増やすのは一朝一夕にはできません。そこは努力。

また筋トレ後に筋肉が負傷している「筋肉痛」の状態になれば、その負傷部分を修復するためにエネルギーが使われるので、さらに太りにくくなります。

習慣的に筋トレをして筋肉を刺激しましょう!
そして筋肉量を少しずつ増やしましょう!
あなたの身体がどんどん健康に、太りにくくなっていきますよ。キモチイイ。

3.ストレス発散になる

身体を動かすことでストレス発散。
これはどんな人でもそうですよね。運動したら清々しい気分になるものです。

しかし筋トレはそれだけじゃない。
清々しいだけじゃない。高揚感があるんです。気持ちいいんです。

快楽物質の分泌

ランニングなどの有酸素運動と違い、負荷をかけて行う無酸素運動の筋トレは、自分の持てる最大限の力を出し切ります。
筋トレが終わった瞬間はトレーニング部位に力が入らないぐらい。
それぐらい苦しい中で限界までやり切るんです。

するとエンドルフィンやドーパミンなどのホルモンが脳から分泌され、高揚感や多幸感などの快楽を感じます。
これらの物質はマリファナなどの麻薬にも含まれていることから、「脳内麻薬」と呼ばれることがあるくらい。
だから筋トレは気持ち良くてクセになるんですよ。

ランニングとかだと、走り始めてしばらくするとじわじわと苦しくなってきて、それでも走り続けて、もう走れない!ってくらいまで走り切ってようやく・・・って感じ。
でも筋トレだとそれが一瞬なんですよね。
バーベルを8~10回上げたり下げたりするだけ。2分もかからない。

朝が辛くなくなる

運動不足の人のほとんどは朝起きるのが辛いらしい。
私も辛かった。
なんか朝になると身体がだるくて重いんですよね。だるおも。

その原因は、寝ている間に体の老廃物が溜まってしまうから。
だからスッキリしないし疲れが取れないんだよね。
顔がむくんだり、身体の凝りを感じたりしてるでしょ。

筋トレをして筋肉量が増えて基礎代謝が上がってくると、寝ている間も体温が下がりにくくなって以前より血行が良くなります。
すると老廃物の排出機能が高まり、朝の身体のむくみや凝りなどがなくなってスッキリ。

朝清々しく目覚められるのってすごく快適。
今まで毎朝起きたくなくてストレスを感じていたけど、それがなくなっただけでとっても楽になりますよ。

4.時間がかからない

筋トレは時間をかけてやるものではありません。
一日に一気にやってもかえって逆効果。

ジム行って、パパッと鍛えたいところを3セットやって帰っても全然OK!
例えば胸を鍛える機器だけやって帰るとか、腹筋だけやって帰るとか。
ベンチプレスを3セットだけやってすぐ帰るとかね。

だから忙しくて時間がなくても続けやすい。
10分だけジムに来て集中して筋トレしてもきちんと効果はでます。

もちろんみっちりやりたい時はやまったりやりたい時は何時間でもいられます。
自分で時間をコントロールしやすいんですよね。

ジムに行くという習慣さえ作れれば、簡単に続けられるのが筋トレの良いところ
仕事帰りに行くとか買い物ついでに行くとか、普段の生活の中に上手く組み込むことがコツ。

ジムに通おう!

家でも一応筋トレはできますが、絶対にジムに通った方が続けやすいですよ。
ジムに行けば自分と同じように筋トレを頑張っている人が大勢いて、自然とモチベーションが上がります。絶対にムキムキマッチョな人もいるし。
様々なトレーニング機器を使えるから本格的な筋トレができるしね。

市営スポーツセンターならかなり安く利用できますよ。
私の住んでる名古屋なら、一ヵ月定期券で1600円。開館日なら好きな時に何回でも利用できます。
筋トレ初心者はまず市営のジムに通うといいと思います!

5.毎日やらなくていい

筋トレには筋肉を休める期間が必要。
むしろ休息期間は筋トレの一環で、筋肉痛の時は痛みを感じる部位のトレーニングは休むべきと言われています。

筋肉痛、経験したことありますよね。
実は筋肉痛って現代医学でもそのメカニズムは解明されていないんです!
乳酸などの疲労物質が血中に溜まっているからとか、筋線維がボロボロだからとか、千切れているからとか、色々言われているみたいです。
一方では筋線維には神経が通ってないから筋線維がちぎれていても痛みは感じないという主張もあったり・・・。

まあ何にせよ、筋肉痛の時はトレーニングはお休み。
だから毎日ジムに通い続ける必要はないんです。

筋肉によって筋肉痛が治るまでの期間は24時間~72時間とバラバラ。
基本的には小さい筋肉ほど早く治り、大きい筋肉は長い時間が必要です。
なので大体2~3日おきに筋トレをすれば、筋トレと休息期間のサイクルを無駄なく回せます。

筋肉痛は成功のサイン

筋肉が負傷して筋肉痛になると、筋肉はまた同じ負荷で負傷することのないようこれまでより強く太くなるんです
だから筋肉痛が嫌いな筋トレ愛好家はいないんですよ(笑)
筋肉痛になれば筋肉が大きくなりますからね。

ただ筋肉痛にならなかったら筋トレが無駄という訳では決してないですよ!
負荷をかけて筋肉を刺激することで成長ホルモンが分泌され、筋肉に作用して大きくしてくれるはずだから。

筋肉痛にならなかったからといって落ち込む必要はありません。

毎日筋トレしたいなら

3日おきではなく毎日ジムに通いたいのなら、トレーニングをする部位を限定すればOKです。

例えば・・・

  • 1日目:胸・腕・肩
  • 2日目:腹筋・背中
  • 3日目:太もも、ふくらはぎ

4日目に1日目のトレーニング内容に戻り、以下繰り返していきます。

このように前日や前々日にトレーニングした部分を使わないようなメニューで筋トレをすれば、毎日やることができます。
その日トレーニングする部分が限定されるから、そんなに時間もかからず筋トレができて効率的。

まとめ

かなり長くなりましたが、筋トレをすることのメリットとその理由を5つ紹介しました!
どうですか?続けられそうじゃないですか?

筋トレをすることで得られるものはこんなもんじゃありません。
もっともっと色んなプラスの影響があるんですよ!

この記事を読んで少しでも筋トレに興味を持ってくれたなら幸いです。
私は本当に筋トレをおすすめします。最高に健康的な趣味ですよコレ。

冒頭でも言ったけどやっぱり身体は資本だから大事にするべき。
筋トレで怪我はあっても不健康になった人はいません。
だから、さぁ筋トレを始めよう!

コメントを残す