サウナと水風呂の交代浴で得られるデトックス効果とは?健康に効果的なのか

sauna

熱気を身体中に浴びて発汗を促すサウナ。
座ってるだけで大量の汗をかけるし、サウナから出た後はすごくスッキリした気分になりますよね。

そしてサウナ室の隣にある水風呂!
熱く火照った身体を水風呂で十分冷ましたら、またサウナに行って汗をかく。
この往復を交代浴と呼びます。

このようにして何度か交代浴をしてから浴場を出ると、なんだか身体が引き締まって軽くなったような気がしますよね。
まるで身体の中から悪いものが一気に出ていったみたい。
身体中の毒素を取り除くことをデトックスと言うみたいだけど・・・
実際に身体の中では何が起こっているんだろう。

まずサウナで体温を上げる

身体洗って湯船に浸かって、ある程度身体が温まったらサウナへGO。
みるみるうちに体温が上がっていきます。

体温が上がると、身体から熱を放出するために毛細血管が拡張します。
すると血管を通る血液の量が増加するので、血液の流れが速くなるんです。
小さい川よりも大きな川の方が流れが速いことを考えれば当然ですね。

そういった理屈で、サウナに入ると血流がどんどん増加します。
だいたい通常時の2倍程度になるみたい。
その状態を長い間維持することで、様々な健康効果を得ることができます。

肩こり・腰痛・筋肉痛などを解消・緩和する

筋肉の凝りや痛みの原因は、老廃物が細胞に溜まり過ぎていることが原因。
血液に運ばれずに蓄積された老廃物はついには筋肉外へ染み出していき、神経を刺激することで疲労感や痛みを感じるようになるんです。

サウナは長時間血行が良い状態を維持できるから、身体の隅々にある毛細血管に多量の血液が流れていきます。
すると各々の細胞にまで十分に血液が行き渡り、溜まっている様々な老廃物を血液に乗せて排出することができるんです。

筋肉の凝りや疲労感の原因は乳酸ではない

糖(グリコーゲン)を燃焼してエネルギーを生産する時に生成される乳酸。
いわば燃えカスです。

そのためか、乳酸は疲労物質だと昔からよく言われていました。
が、最近の研究でそれは否定。
実は、乳酸は肝臓に運ばれて分解されることでエネルギーを再生産できるということがわかったのです。

肝臓に運ばれた乳酸は、色々な過程を経て水と二酸化炭素とグルコースに分解されます。
この働きを新糖生と呼ぶみたい。
身体のメカニズムって本当にすごい。

エネルギーが細胞に行き渡り、治癒効果がある

栄養素や酸素など、細胞に必要なものは常に血液を通じて全身に供給されています。
血行が良くなることでその量が増し、細胞が回復できる。
さらに白血球の働きも促進されるので免疫力も向上します。

またヒートショックプロテインというタンパク質が、高温の環境の下で生成されやすくなります。
これは疲労や紫外線などで損傷した細胞を修復する作用があるため、身体の悪いところをどんどん浄化してくれる。

全身にエネルギーが漲るような感覚を覚えるのはこれの影響かもしれませんね。

汗腺や皮膚腺などの皮膚組織が清潔に

大量に発汗することにより、皮膚組織にある老廃物や脂などを排出します。
特に全身の毛穴にある皮膚腺が活発になることで、毛穴の奥深くにある皮脂と汚れを落とすことができる。

女性の大敵であるニキビや吹き出物の改善や、美肌効果などが期待できますね。
さらには男性の大敵であるハゲ防止にも効果があります。
髪の毛の毛穴を清潔に保つことがハゲ防止の基本ですからね。

水風呂で体温を下げる

十分にサウナで汗をかいたら水風呂に入って体温を下げます。
水風呂は身体に悪いと言われているけど、循環系器官に疾患がなく正しい入浴法を守れば大丈夫。
サウナと水風呂の往復は体に悪いのか?正しい水風呂の入り方は

でもいきなりドボンは絶対にダメですよ!

中枢神経を刺激してストレス解消

急激な体温変化を感じることで中枢神経が興奮して様々な脳内物質を生成します。
それらの効果は、集中力や注意力の向上・気分の高揚・抑うつ作用などなど・・・
頭がスッキリするので良いストレス解消になります。

自律神経の働きを強化

血管の拡張や収縮は自律神経の働きによるもの。
発汗や心拍数の増加も同様です。
その他、内臓系・内分泌系・生殖系なども、全て自律神経の働きによって活動しています。

体温を人為的に大きく変動させることによって、こういった自律神経の働きを強化させることができる。
自律神経が強化されると、身体全体の調子がとても良くなります。
ほぼ全ての器官機能を調整してくれるので当然ですね。

具体的には、胃もたれ・胃酸の過剰分泌・腹痛・慢性的な下痢・便秘・耳鳴り・不眠症など、あらゆる症状に効果があります。
更年期障害の症状の軽減にも効果があるとされているんですよ。

サウナと水風呂を約3往復!

あとは無理をしない範囲でサウナと水風呂を行ったり来たりするだけです。
時間を気にせずのーんびりするのがオススメですよ。

1回のサウナにいる時間はだいたい5~10分程度で良いでしょう。
個人差がかなりあるので絶対に無理はしないように!
ちなみに水風呂に浸かる時間は1分が目安です。

これをだいたい3往復ぐらいすれば、十分効果は得られると思います。
だいたい1週間に1回のペースが良いみたいですよ。

サウナに入る前に必ず水分補給

水分補給を十分にせずにサウナに入ってしまうと、脱水症状になってしまう恐れがあります。
必ず水分を体内に溜めこんだ状態でサウナに突入しましょう。

サウナに入る10分前くらいに1ℓ程の水を飲んでおくのが良いそうです。
飲める水の量にも個人差がありますので、決して無理はしないように。

サウナに入りながら水分補給をするのはあまり良くないそうです。
汗と一緒に老廃物を排出する機能が弱まってしまうみたい。

あと、サウナから出た後すぐにアルコールを摂取するのも厳禁です。

サウナで健康になろう

以上、サウナと水風呂で得られる健康効果についてでした。
やっぱり体温を上げて汗をかくのって大切ですね。
冷えは万病の元。
人間の老廃物排出機構と浄化作用ってはんぱねえ。

私は名古屋住みなので、よく花しょうぶにいってます。
あそこは本当にリラックスできてオススメですよー。
休日はちょっと人が多過ぎるけど、それくらい人気のスーパー銭湯です。

そして今日もこれから行ってきます(笑)
昼ごはん食べてから13時からのファイヤーロウリュウに参加するぜー!

コメントを残す