仕事が辛くて生きるのがしんどいなら辞めてしまえば良い

tried-of-work

毎日毎日辛い思いをしながらする仕事。
面白みのない仕事、将来設計のできない労働環境、煩わしい人間関係、無茶なノルマ、何の支援もせず責任だけとらせる会社の体質・・・
日に日に積み重なる不満とストレス。
それらを抑え込みながら、疲れ果てながらも、なお仕事・・・。

いつしか心も身体も疲弊してしまって、どうすれば良いかもわからなくなってしまい、そしてどうでも良くなってしまう。
このまま全てを投げ出してしまったら楽になれるかな・・・?
とにかく、こんな辛い状況から解放されたいという気持ちだけが高まっていく。

「もう、この仕事辞めよう」

私も仕事を辞める前は、こんな衝動に駆られていました。
毎日が辛くてしんどくて、休みの日でさえ満足に休めない程、精神的にまいっちゃってました。

何のために仕事をするのか?お金を稼ぐためならこんなに辛い思いをする必要はあるのか。
生きていくために仕事をしているのに、その仕事が生きるのがしんどくなるくらい辛いのっておかしくないか。
そんなことばっかり考えてましたね。

今回はそんな、仕事を辞めてしまおうか悩んでいる人向けの記事です。

辞めても平気だよ

「会社を簡単に辞めてはいけない」

って無意識のうちに思ってる人って多いと思うんです。
これが原因で、仕事を辞めたいけどなかなか辞めようと決心できず苦しくなってしまう。

私もそうでしたよ。
実際に入社して働き始めて、「思っていたのと違う」って感じても、なんやかんや自分をごまかしてできるだけ長く働き続けようとしていました。

「辞めちゃダメだ・・・辞めちゃダメだ・・・」
って思考に捕らわれていたんですよね。

でも実際は、会社を辞めたところで大したことにはならない。
退職のリスクだとか転職に不利だとか、世の中は色々言ってるけれど、そんなものはこれからの自分の努力次第でどうにでもできる!
だから仕事が辛くて辛くて本当に辞めたいなら、辞めてしまえばいい。

「会社を辞めちゃいけない」という思考に縛られているから、どんどん辛くなる。
もう自分で自分を苦しめるのはやめましょう。

リスクなんて大したことない

会社を辞めることのリスクを恐れて、なかなか退職に踏み切れない人も多いと思います。
もう一度言いますが、退職することのリスクなんて本当に大したことないんですよ。

世間が退職のリスクを過大に煽っているだけだと思うんですよね。
変に高望みしなければ普通に新しい職場は見つかるし、今より環境の良いところで働く可能性を手にすることができる。
というかむしろ、転職することでしかその可能性は掴めないんですけどね。

ここからは、そのリスクが少ない根拠を挙げていきます。

転職市場なんてレベルが低いのばかり

私は採用担当のお仕事の補佐というか、お手伝いをしていたことがあります。
まあ面接官の数合わせのように人事の隣に座って一緒に面接をしたり、簡単な質問をしたりしていただけなんですけどね。
喋ることは割と好きなので、転職者の話を聞くのはなかなか面白かったなあ。

しかしそんな経験を経て思ったのが、ベンチャーや中小企業に来る人は総じてレベルが低い。
エントリーシートや職務経歴書がまともに書けていなかったり・・・
質問とそれに対する答えがちょっとズレていたり・・・
自己アピールに説得力がなかったり・・・
そもそも面接で全然しゃべれなかったり・・・

ほんと、こんなもんなんです。
面接で、”この人は是非来て欲しい”って思う人なんてほぼいません。
まあ、私が居た会社のレベルが高くないっていうのはごもっともなんですケドネ・・・。
やっぱり優秀な人はもっとレベルの高いところへ行きます。

でもそういう状況だからこそ、その中で勝ち抜いていくのはそれほど難しくないのです。
面接対策を練りに練って行けば普通に採用してもらえます。

例えば、その会社の業界や業務規模などを徹底的に調べてみて、
その会社で活かせる自分の能力をプレゼン式でアピールしてみたり
その会社の業績を伸ばすための提案をプレゼンしてみたり
そういった資料を自分で作って面接中に時間を貰って簡潔に発表すれば、たとえ的外れだとしても熱意は間違いなく伝わります。

それぐらいの意気込みで面接に来る人なんてほぼいませんからね。
ちょっと工夫して他と違うことをして、「お、コイツ面白いな。他とは違うな。」と思ってもらえれば、それだけで採用を勝ち取れます。

履歴書が汚かろうが問題ない

そういった背景もあり、べンチャーや中小企業への転職なら転職歴が多くても書類審査は割と通ります。
極端に勤続期間が短かかったり、ものすごい勢いで転職を繰り返してる人とかは書類審査で落としたりしますけどね。

でもやっぱり基本は面接。
先述のように面接でしっかりアピールできるかできないか。これに尽きます。

逆に言えば、面接さえ上手くできれば転職が多かろうがブランク期間が多少あろうが大丈夫。
面接対策なんて練習すればいくらでも良くなります。
怖がることなんかない!

ただもちろん、書類審査で落とされることも少なからずありますよ。
「コイツ、どうせすぐに辞めるんだろうなぁ」って思われたら会ってすらもらえません。
特に大企業や優良企業は難しいでしょうね。
応募も多いだろうし、そもそも求人を出していることすら滅多にない。

だからそういった優良企業で働いていて好待遇の場合は、退職することにリスクはあるかもしれません。
まあ結局は自分の気持ち次第だと思いますが。

ブラック気質はどこにでもある

当然ですが、求人を出してるベンチャー・中小企業はブラックっぽいところが多いですよ。
人がいつも足りてるなら求人なんて出しません。
出て行く人が多いから求人を出してるんです。

”事業拡大につき人材募集!”なんてところもたまーにありますが、そういうところでもいつも求人を出していたりします。
何やかんやいつまでも人材が定着しないんでしょう。

どんな会社であれ、ブラック気質は持っているものです。
例えば、給料は高いけどサービス残業が多かったり。
居心地は良いけど超簿給だったり。
条件は良いけど上司に問題があったり。

中小なんてそんなもんです。だから辞める人が出てくる訳で。
でも自分に合うブラック気質とそうでないものがあると思うんですよね。

給料が高いなら多少過酷でも頑張れるって人もいれば、拘束時間が長い割に簿給でも社員が仲良しで居心地が良ければいいって人もいる。
人それぞれ許容できるブラック気質があると思うんです。

そういう自分に合ったブラック気質を持っている会社へ転職すれば良いんです。
離職率とかそんなの関係なしに、自分のアンテナにビビっと反応するところへ行ってみて、また判断すれば良い。

完全にコンプライアンスがきっちりしているところなんて、一部の超優良企業だけです。
大企業でさえブラック気質全開のとこもありますしね。

だから「ブラックじゃない会社にいきたい」と考えるのはほぼ無駄です。
「自分に合うブラック気質の会社を探す」っていう意識が大切だと思いますよ。

いきなり生活に困窮するこはない

自主退職でも、一年間雇用保険を払い続けるなどの条件を満たしていれば失業保険を最大3ヵ月間受け取れます。
その期間中に転職活動をする人が多いでしょう。

失業保険が受け取れず無収入状態になってしまったとしても、一応アルバイトで生計は立てられます。
もちろん贅沢はできない節制生活を強いられますけどね。

精神をすり減らしながら仕事を続けるのか、一時的に生活レベルは落ちるけどより自分らしく生きる道を模索するのか。
仕事を辞めるか辞めないかって、結局この選択肢なんだと思います。
安定か、挑戦か。

でも安定を得る道は、その職場に居続けることだけではありません。
転職先が自分に合っている会社なら、今よりもっと豊かに人生を歩んでいけるでしょう。
それに今いる会社だっていつまで居れるかわかりませんよ。

辞めるリスクばかり考えがちですが、辞めないでいるリスクも考えるべきです。
変化を恐れるのはわかりますが、何も変えないことのリスクも考えるべきです。
今のいる環境って、そこまで必死になって守る程のものでしょうか。

自分を見つめ直してみよう

どういう風に生きていきたいのか。
やりたいことは何なのか。
自分らしい働き方はどんなかたちか。
そのために何をすれば良いか。

客観的に考えてみましょう。
そしてそれに向かって一歩を踏み出してみましょう。
挑戦したいことがあるのなら、やってみるべきだと思います。

将来を考えると不安で震えてしまうかもしれない。
でも、それが茨の道かバラの道かはその後の努力次第です!

リスクが伴ってもいいじゃない!

そんな苦しみ抜いて働き続けてまで、安定を追い続けなくてもいいじゃない。
もし失敗に終わってもその経験は無駄にならないし、本当に頑張っていれば誰かが必要としてくれますよ。

自分の力でいかようにも未来を切り開いていけるんです。
リスクがあったって、本当にやってみたいことがあるのなら飛び込んでみるべきだと私は思います。

やってする後悔よりやらないでする後悔の方が大きい。
もしやってみて”これまた違う”と思うのならまた新天地へ行けば良いじゃない。

難しく考えずシンプルに、自分の気持ちに正直に、あとはひたすら頑張り続けるだけです。

転職活動を有利に進めるために

「前回の失敗を生かして、前の会社よりも良いところに就職しよう!」
これは絶対条件ですよね。
職場の雰囲気が良いとか、離職率が低いとか、残業が多くないとか・・・色々とポイントがあるかと思います。

でも就職ポータルサイトを眺めているだけでは実際の職場の環境なんてわからない・・・。
そんな場合に利用すると良いのが「転職エージェント」です。

転職エージェントは普通の転職サイトと違い、自分に担当が付いて一対一の面談形式で転職のサポートをしてくれます。
また、エージェントの人達は実際にその職場まで行って社長や社員の人達とお話をしているので、企業の詳しい情報や職場の体質なども色々と教えてくれます。
しかも志望理由や前職の退職理由の添削などもやってくれるからかなり心強い。

転職エージェントは転職のプロですから、転職に関する具体的な悩みや相談に対して的確に答えてくれます。
さらに転職市場の状況やその傾向などを加味し、自分の要望に最も近い会社を紹介してくれる。
親や上司に言い辛いことでも気にせず話せるから、本当に頼りになりますよ。

だから今の職場を辞めて転職するかどうか迷っていて、完全な第三者からの客観的な意見が欲しいという場合にも利用すると良いでしょう。
エージェントの人は快く了承してくれますよ。

しかも、それら全てのサポートを転職エージェントは無料でしてくれます。

ちょっと裏側をお話しすると、転職エージェントは人材を企業に紹介し採用されると、採用側の企業は紹介料としてお金をエージェントに支払うことになっているんです。
金額は各々異なりますが、大体50万~100万ぐらいでしょう。
だから転職者には一切お金がかからないんですね。

さらに、転職者が短い期間で辞めてしまうと紹介料は減額もしくは返還になってしまいます。
だから転職エージェントは懇切丁寧に転職者をサポートしてくれるんですよ。
その人に合う仕事探しから該当しそうな企業のピックアップ、ミスマッチが起こらないように情報はどんどん開示してくれて、さらには転職理由や志望理由をポジティブで説得力があるよう添削してくれます。
例えば3ヵ月で前職を辞めた理由でさえも、エージェントの手にかかればアピールポイントに作り変えてしまいます。

もちろん、働きながらでも転職エージェントは利用できますよ。
エントリーした企業との諸連絡を全て取り次いでくれるので、働きながら転職活動をする人のサポート体制も万全。
面接日程の調整などもやってくれてとても助かりますよ。

転職者に内定をとってもらうために全力を尽くしてくれる。
利用しなければ確実に損です。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

新卒情報ポータルサイトでお馴染みのマイナビさん。
転職エージェントのサービスも行っています。

しかし転職エージェントを発足させたのは割と最近のことで、今バリバリ頑張っているみたい。
そういった始まったばかりのところは、利用者数も比較的少なく、確実に実績を積み上げるべく転職者一人ひとりに対するサービスを手厚くするもの。

大手ならではの信頼性と求人の豊富さを考えて、今一番オススメのエージェントです。

マイナビエージェントのサービスを見に行く

仕事は苦しんでやるものじゃない

「楽しんでやるべき!」とは言いませんが、少なくとも精神をすり減らしてまでやるものではないと思っています。
そしてそんな環境を守り続けても、幸せにはなれない。

環境を変えることで解決することって本当にたくさんあると思います。
幸せを掴み取るために、勇気を持って新たな一歩を踏み出してみましょう!

コメントを残す