辞めるべき会社を見極めよう。会社を辞めたい時に考える3つの観点。

three-points

何か明確な目標や理想を持って毎日働いている人って、絶対に少数派。
朝、通勤しているスーツ姿の人の目を見ればわかります。
みんな、生きていくために仕事をしている。

「このままこの会社で働き続けるのかなー。それで幸せになれるのかなー。」
というような漠然とした疑念を持ったまま通勤している人って、いったいどれくらい多いのだろう。

新卒で入社したばかりの人は、最初の数か月はまさにこういった悩みを持つことでしょう。
やけにピリピリしている職場の雰囲気、イメージと全く異なる業務内容、想定外の拘束時間などなど、色んなところに違和感を抱いている人は少なくないはず。

実際私はその違和感を払拭し切れず、たった2ヶ月で辞めてしまいました。
辞めたい・・・!辞めたい・・・!という気持ちが日に日に大きくなり、どうしようもならなくなってしまったんですよね。

そんな私が、”会社を辞める時に考える3つの観点”なんて紹介してみたところで説得力はないかもしれないけど・・・。笑
でも、入社してすぐ辞めた落ちこぼれの話なんてそうそうあるものじゃないし、これはこれで参考になる部分はあるのかもしないと思い、つらつらと書いていきます。

3年勤めれば良いってもんじゃない

「とりあえず3年は続けてみろ。」とはよく言ったものですよね。
もはや常套句のように使われています。
でも「思考停止で3年間続けることにもリスクがある」ということをまず言っておきたい。

確かに長く続けることでしか得られないものや経験できないものって色々あると思います。
その仕事のやりがいや面白み、難しい仕事をやり遂げた達成感や充実感など。
最初の下積み期間では当然味わえるものではありません。

1年で仕事がわかってきて、3年で自分のやり方ができてきて、面白みがわかってくる。

どんな仕事でも、大体はこれに尽きるんじゃないかな。
最初の1年はスキルや能力を磨く期間。
3年までには一通り仕事ができるようになって、自分なりの仕事ができるようになってくる。

というよりは、自分を仕事に合わせていく能力が身に付いてくるって言った方がしっくりくるのかも。
社会人としての最低限の気概、責任感とか使命感とか、あるいはどれだけやりたくない仕事でも何とかして自分のモチベーションを高めるような意識の持ち方とか・・・
会社という営利組織の一員として仕事をする上での必要な能力を身に付けるために、大体3年ぐらいかかるのでしょう。

また、3年の間に自分の立ち位置や居場所が出来上がってきて、自分の役割を自覚できるようになったり、
部下を育て、仕事を任され、多少なりとも会社に貢献しているという実感が掴めてくると、なおの事その仕事のやりがいを感じてくるということもあるのかな。

石の上にも3年という言葉があるように、「まずは3年勤めるべし!」という考えは、上記のことを踏まえるとやっぱり一理あるのかなーっと思います。

だがしかし!
3年もの時間を耐え続けてまで、それらは手に入れるべきものなのか。その会社でしか手に入れられないものはあるのか。
3年という貴重な時間を賭してまで、その会社に居続けるだけの価値はあるのかどうかをしっかりと考えるべきだと思います。

3年間耐えることで、自分がやりたい事や自分がなりたい理想の姿に近づいていけるなら、辛くても耐える意味はあるでしょう。
でもそういう感覚をほんの少しも持てなかったら?
3~5年耐えた先にいる自分が、自分の望むような姿ではなかったら?
「本当にここでいいのか」という不安はどこまでも引っ付いてきます。

「とりあえず3年はやろう!」
っていう思考停止の楽観的パターンで不安を紛わすのもアリでしょう。全然アリ。
その3年の経験は、上記の通り全く無駄にはならない。

しかし3年経った後に「やっぱ違う」と言って再スタートを切るとなった時、果たしてどちらの方が有利に事を進められるだろうか。
全く別の畑に行くのなら、若ければ若い程上手くいくことが多い。

だからこそ、「3年は最低限続ける」という言葉に惑わされずに、きちんと自分の将来を考えるべきだと思うのです。
今の会社で仕事を続けた場合の3年後、5年後、10年後の自分はどうなっているのか。
自分の将来設計やライフプランを考え、それが実現可能かどうか。
譲れないところ、妥協できるところを考えて、今の会社に居続けることが妥当かどうか。

続けるにせよ辞めるにせよ、何の考えもなしにいるのだけは絶対にやめた方が良い。

明らかに辞めた方がいい所もある

ただし、世の中には想像を絶するような職場もあるのもまた事実。
運悪くそういう所に勤めている場合は、何も考えずにとっとと逃げた方が絶対に良い!

たちが悪いのが、そういった問題がある企業の中には社員を洗脳して思考停止状態に追い込むようなところもあるんですよね。
毎日怒鳴りつけられ人格を否定され、これまでの生き方や価値観さえも否定されてしまう・・・
そんな環境に居続けると、精神が疲弊してしまって正常な判断ができなくなります。

まあそんな絵に描いたようなブラック企業はそうそうあるもんじゃないけど・・・
残念ながらほとんどの会社は、程度の差こそあれ何かしらのブラック体質をはらんでいるもの。
明らかに何らかの実害を被っているのなら、そこは辞めるべき職場に該当するのだと思います。

モラハラ・パワハラが横行している

気に入らない人に精神的な嫌がらせをしたり
威圧的な態度や言動で萎縮させ、言う事を聞かせたり
先輩の言う事は絶対服従という古典的な体育会系のブラック会社。

現代の社会問題として度々取り上げられていますよね。
「新人をしごきまくることで根性をつけさせてやる」という大義名分を掲げていたり・・・。
かつてはある程度受け入れられていたのかもしれないけど、今ではもう認められない。

そんな古い体質を改善できず、やってはいけないことを当たり前のようにやってしまう職場は、居心地が悪いのはもちろん、将来性も薄い。

また、自分が標的にならなければ良いという訳でもありません。
ネガティブな文化が根付いてしまっている会社は、そこで働く社員にも悪影響を及ぼすものです。
無意識のうちに自分にもそういった悪しき文化が染み込んでしまうかもしれません。
自分を貶める結果になってしまうような会社など、避けた方が良いに決まっている。

無茶な仕事を割り振られる

十分な指導や助言・サポートもなしに、あまり経験のない仕事をいきなり振られる。
できなかったら滅茶苦茶に怒られるだけで、建設的な教育体制が整っていない会社。

営業では今でもよくあるみたいですね。
いきなりほぼ不可能なノルマを課されて、できるまで残業&残業・・・。
進捗状況を報告する度に上司に詰められて・・・みたいな。

営業に限ったことではありませんが、ろくに研修もせずに現場に放り出すだけで、教育をないがしろにしている会社は、決して良い会社とは言えません。
社員を使い捨てのように扱っている部分もあるでしょう。
そんなところは早々に見切って、次を探しに行った方が良いと思います。

適正な評価を受けられない

努力してやっとのことで出した結果を全く評価してもらえないとか、同じことをしているのに特定の人だけがあからさまに優遇されているような会社。
一番最悪なのが、自分の手柄を上司が横取りしてくることですね。

世の中なんて理不尽なものですが、「いやこれは絶対におかしい!」って強く思うぐらい不条理な会社は、無理してまで居続ける必要はないように思います。

特に昇進や昇給・ボーナスの査定が明らかに不公平で、本来受け取れるべきものが受け取れないような環境ならば、そこにいるだけ損をし続けることになってしまう。
金銭面の問題は最も転職で解決しやすいので、とっとと次の職場を探した方が良いでしょう。

普段の生活が送れない程の激務

拘束時間がものすごく長く、寝る間も無いほどに仕事の量が多く、休日に急に呼び出され、とにかく忙し過ぎて家に帰れなくて、職場に泊まり込む事が頻繁にあるような会社。

労働基準法的に確実にアウトでも平気でその枠を超えて仕事を強要してくるようなところは、体力のある若いうちは何とかなることもあるでしょうが、長く続けられる仕事じゃありません。
一般的な生活とはかけ離れているから友達や恋人との時間を作ることも難しいし、将来設計も立てにくい。

長く勤めて管理職になったって、激務のまま責任だけが増し、給料は下がるパターンが多いと聞きます。
そんなところはなるべく早いうちに辞めてしまいましょう。
むしろこんな過酷な会社からの転職なら、「前の職場に比べればこの会社の仕事なんて楽」って感じるかもしれません。

それほど酷い職場じゃないけど辞めたい時は

コンプライアンスは割としっかりしていて、パワハラやモラハラはない。
研修も十分な期間あったし、先輩や上司もきちんと仕事を教えてサポートしてくれる。
あからさまな贔屓は無いし、概ね適正に評価されてる。
休みの日は休めてるし、激務という程の仕事量ではない。

現段階でもはや耐えられない程の問題はない。
最低限の労働環境は保障されていて、このままこの仕事を続けることもできる。
しかしそれでも辞めたいと思うのは、一体何が不満なのだろうか。

前置きがものすごーく長くなりましたが、こういう時に考えるべき3つのポイントが今回の主旨です。

金・やりがい・人間関係の3つを考える

今の仕事に違和感や疑念を抱いた時、この「金・やりがい・人間関係」の3つの要素が満たされているか検討してみましょう。
これらのうち最も重視する要素が満たされていないと、「仕事辞めたい病」を患ってしまいます。

当然3つ全ての要素を満たすことができれば最高だけど・・・
実際のところそんな職場を見つけることなんてほぼ不可能。
仮にそんな職場で働くことができたらどれだけ幸せなことか・・・。

だからある程度は妥協しなければいけません。
どれかは諦める。
でも、譲れないところはとことん重視する。

「家族を養わなければいけないから、とにかくお金が最優先」
「簿給でもいいから、自分のやりたい仕事」
「やりたい仕事もないし給料も多くなくていいけど、社員皆が仲良しで雰囲気の良いところ」
などなど、十人十色。

果たして自分が求めている要素はどれなのか。
それは今の職場にあるのか。もしくは将来的に手に入るものなのか。

今は辛くても、自分の望む要素がその職場で満たされそうならば、そこに留まる意味は大いにあるでしょう。
しかしその可能性があまりにも低いと感じたのなら、その職場を辞める理由になり得るでしょう。

辞めようかどうか悩んでいるのなら、自分が最も重視する要素を基準にして一度転職活動をしてみることをお勧めします。
視野を広げて他の職場にも目を向けることで、何かしら新しい発見があるかもしれないし、より良い職場を見つけるチャンスも生まれてくる。
人生は一度しかないのだから、”選択肢を増やす”という意識は常に持っておくべきだと思いますね。

コメントを残す