人間関係が不満で職場を辞めることに後ろめたさを感じる必要はない

relationship

仕事を辞める理由として最も多いのは「人間関係」と言われています。

色々な人が集まって組織を作っている以上、中には自分と相性が合わない人や苦手な人、一緒にいるだけでストレスを感じてしまうような人もいるでしょう。
会社に限らず、どんなところでも良い関係を築くことができない相手というのは少なからずいるものです。

配属されたチームと価値観が合わなかったり、排他的な雰囲気を前面に押し出してきたり・・・。
仲よくする気なんて最初から無いという人もいるでしょう。

特にイヤなのが、立場が上だからといって常に威圧的に接してきたり、気に入らないという理由だけであからさまに嫌がらせをするような人。
人間的に未成熟な人が上司になってしまうと、様々な場面で余計な苦労を強いられることになる。

しかしこういった人間関係の問題というのは、自分の力ではどうにもできないことが多いですよね。
相手の価値観なんて滅多なことが無い限り変わりやしないし、ただただ耐えるしかない。

にも関わらず、「人間関係を理由にした転職は良くない」というのが世間一般の考えです。
それはいわゆる”逃げの転職”であり、自分が変わっていくことで対処できなければ、転職先でも同じような壁にぶつかるだけだと。
良好な人間関係を築けない原因は自分にもある場合が多く、安易に転職して逃げるのではなく、根性や忍耐力、そしてコミュニケーション能力を身につけて自分を成長させなければダメだと。

厳しいようだけど、確かにある程度正しい部分はあるような気がします。
でも人間関係が理由の転職って、それほどまでに悪いことなのだろうか。

環境の変化で好転する可能性はある

職場に自分と合わない人間がいるかどうかなんてことは、実際にそこで働いてみなければわかりませんよね。
面接時に「雰囲気は良いですか」とか「和気あいあいとしていますか」なんて質問したところで、本当のところを教えてくれることなんてほとんどない。
企業側も良い会社だとアピールしたいからね。

つまり転職したって人間関係が良好な職場に就けるかどうかなんてのは運でしかないんです。
くじ引きみたいなもので、確実性なんて皆無。
だからいたずらに転職に力を注ぐのではなく、まずは今の環境を改善する努力をした方が良い・・・というね。
確かにもっともな考え方です。

しかしだからといって、転職でその問題が解決する可能性を無視すべきではないと思うんですよ。
ストレスを抱えてずっと耐え続けて・・・身体や精神を疲弊させながらも、その職場に居続ける明確な意味や価値があるのなら良いでしょう。
でもそうじゃないのなら、なるべく早い段階で見限って次を探しに行った方が良い。
うつ病のような状態になってしまうと、もはやしんどいだけです。

人と人との相性なんてものは環境を変える以外に画期的な改善方法はありません。
こちらから歩み寄っても、向こうに拒否されてしまうとどうしようもないですしね。
「もう限界だわプッツンきた!」と思うのならば、世間の考えなど気にせず他の職場に目を向けてみる価値はあるでしょう。

逃げ要素がない転職など無い

結局のところ、転職する以上何かしらから逃げていることに変わりはありません。
例えば「もっと大きな事業に参加したい」だとか「自分の能力を新天地でさらに高めたい」など、”ポジティブな転職”といわれる転職理由だとしても、本質は今いる職場の環境からの逃げに違いはない。

今いる職場の何もかもに満足しているのなら、転職なんてそもそも考えないでしょう。
何かしらの不満があり、それを改善したいと思い行動する。
その選択肢のひとつが転職なんです。

参考リンク
転職は逃げとか不利とか、そんなの気にせず転職すれば良い

だから”逃げの転職”と揶揄される人間関係が転職の理由であっても、より良い環境で働くために転職するという点は”ポジティブな転職”と全く同じであり、非難されることではない。
捉え方によっては向上心があるとも言えるでしょう。

ものは言いようなんです。
”逃げの転職”と言われているようでも、観点を変えればより良い環境の職場を探すための”前向きな転職”とも言える。
人間関係の不満が転職理由だとしても、何ら気にすることはないんですよ。

人間関係の良し悪しは重要

人間関係が悪くて雰囲気も悪い職場というのは、高い確率でそこで働く人達のパフォーマンスは低いものです。
仕事に対するモチベーションは低く、やっつけの仕事をし、給料を貰うためだけに仕事をする・・・。

そんな環境で働き続けるよりも、会社内の信頼関係がしっかりしていて、社員が仕事に対して高いモチベーションを持っているような環境で働いた方が、色々な面で良い影響を受けることができるでしょう。
特に尊敬できる人や憧れる先輩が身近にいるかどうかというのは、今後の人生に関わるぐらい大きな要素になってきます。

だから職場の人間関係の良し悪しというのはもの凄く重要なことだと思うんです。
それなのに、まだまだまともな転職理由として認められないんですよね・・・。

転職時に転職理由を正直に話す必要はない

転職先の面接では、まず間違いなく転職理由を聞かれることでしょう。
その時に「いやぁ、職場内の人間関係に問題がありまして・・・」なんて言ってしまえば確実に印象は悪くなってしまう。
中には特に問題ないと思う面接官もいるだろうけど、そうではない面接官の方が断然多い。
だから人間関係が理由と言うのは避けて、他の理由を述べるようにした方が良い。

人間関係以外にも色々と掘り下げて考えてみると、簡単に見つかるはずです。
だって人間関係の不満だけが理由で転職することなんてまずないでしょ?
「給与も待遇も仕事内容も残業の有無についても全く不満はないけど、人間関係だけは不満がある」
こんなレアケース、滅多にないでしょう。

人間関係が悪い職場ならば、他にも悪いところはたくさんあるはず。
その不満要素を整頓して、それを面接官に伝えれば良いんです。
「給与や待遇など含め、より良い環境で自分の能力を活かせる仕事がしたい」とかね。
一番の理由は人間関係であっても、不利になるようなことはわざわざ話す必要はない。

結局、人間関係が原因で転職したとしてもその後は自分次第でどうにでもできるんです。
だから”逃げの転職”なんて言葉は全く気にせず、とっとと辞めて次の職場を前向きに探せば良い。
転職は全て、より良い環境で働くための手段なのだから。

コメントを残す