【仕事を辞めたいなら】上手く辞められる理由と言い訳、その方法

reason

「もうこの仕事辞めます」

この一言を伝えて退職願を出すのがどれだけ辛いことか。
私も経験があるのでこの気持ちは本当によくわかります。
とにかく緊張して、辞意を伝える直前は動機が激しくなってました。
もっっっのすごく大きな精神的ストレスを感じましたね。

やっぱり『仕事辞めたい』って伝えるのって怖い。
もしかしたら暴言を浴びせられて人格否定されるかも・・・とか、「お前そんなことで辞めるの?」とか言われるのが心にグサッと刺さるとか・・・色々なことを考えてしまいますよね。
実際に伝えてみたら思ったよりもすんなりいくものですが、辞める前は本当に精神がすり減ります。

本当は今すぐにでもこの仕事を辞めてしまいたいのに、こういった事が気がかりでなかなか辞めれないというジレンマ。
わかります、本当によくわかります。

どうやって辞めようか悩んでこのサイトに行きついた人は、特に責任感が強い人でしょう。
そんな人は、会社を辞めてしまうことに罪悪感を抱いてしまうことも多いかと思います。

「別にもう辞めるんだから、何思われようが何言われようがいいじゃん。」

っていう考えも、確かに頭では理解できるんです。
でもなかなか割り切ることができない。
どうしても心が反応してしまう。
それくらい仕事を辞めると伝えるのって大変なことなんですよね。

ということで今回は、仕事を辞めたいけどなかなか辞めたいと言えず、何か良い方法はないかと模索している人に向けた記事を書いていこうと思います。

理想は円満退社

やっぱり、”立つ鳥跡を濁さず”です。
できるだけ波風立てず、円満退社できるよう行動をするべき。
上司が憎かろうが会社に何の恩義も感じてなかろうが、退職することで少なからず迷惑はかけるのだから、そこをきちんと理解しておく必要はありますよ。

色々ともめたりいざこざが起こったりすると、こっちも精神的に疲れちゃいます。
後味が悪い辞め方をしてしまうと、心の中のモヤモヤが長いこと残って気分が悪い。
だからこそ、なるべくスッキリと辞められるように行動すべきです。
全ては自分のため。

しかし勇気を出して上司に「辞めます!」と言っても、しつこく説得されるだけでまともに取り合ってくれないとか、退職理由を否定されて威圧されるとか、ひどい扱いを受けることもあるかと思います。
そんな時はウソを吐くのもやぶさかではありません。
嘘も方便。上手く利用すればキレイに辞めることができます。

そもそも本当の意味での円満退職なんてあり得ませんからね。
必ず何かしらのわだかまりは残ってしまうもの。
ならば会社側が引き留められないような、仕方ないと思わせられるような理由をでっち上げてしまった方が、両者とも衝突せずに済みます。

ではここからは、そんな上手く辞められる理由と方法を紹介していきます。

他にやりたいこと・挑戦したいことがあるから辞める

最も前向きな理由ですね。
『どうしてもやりたい!!』という強い意志と情熱を見せつけることがポイントです。
コイツ、嘘じゃねえ・・・と思わせることができれば、会社側は引き留めるどころか応援して見送ってくれることもあり得ます。

ただ「何をやりたいの?」と方々から聞かれまくるでしょうね。
やりたいことをやるから辞めるなんて、ツッコミどころ満載ですから。
「上手くいく見込みはあるの?」「具体的にこの先どう行動するの?」「それでやっていけるの?」などなど、根掘り葉掘り聞かれることもあるでしょう。

もちろんそんなこと詳しく話す必要などありませんが、あまりに濁し続けると不信感を抱かれてしまいます。
筋を通すためにも、ある程度のところまでは正直に話す方が良いと思います。
何らかのアドバイスも貰えるかもしれません。

特にやりたい事も決まってないけど会社を辞めたくて、ウソでこの理由を使う場合は軽く今後のストーリーを作っておきましょう。
あとはその自分で作った脚本通りに演じ切るだけ。
途中でボロが出ない様に気を付けましょう。

この理由はウソだと思われても確かめる方法がなく、会社側も個人の意志を否定してまで引き留めることはできないのでかなり有効ですよ。
退職理由もポジティブなので周りの目も冷ややかでなく、気持ちよく送り出してくれる可能性も高いです。

転職するから辞める

こちらは最もポピュラーな理由です。
ウソだとしてもストーリーを考える必要がなく、墓穴を掘る危険性が低いので利用しやすい。

転職理由として最も無難なのは、経済的な理由です。
「もっと自分の理想に近い生活をしたい。」
「家族にお金の心配をさせたくない。」
「子どもの教育費のためにお金が必要。」
などなど、もっと給料が良いところで働くための転職ですね。

会社側もどうしてもあなたに辞めて欲しくなければ給料を上げると言って交渉してくるでしょう。
納得できる金額を提示するならちょっと考えれば良いし、もうさっさと辞めてしまいたいなら「もう来月から転職先で働き始めるので・・・」と言ってしまえばもはや引き留めることはできません。

まあ滅多なことでもない限り、給与交渉をしてまで残留を要求することなんてありませんけどね。
ひとりのために給料を上げることなんて簡単にできませんから。
たいていは難なく承認してくれます。

もし今いる職場がよっぽど良いお給料を支払っているならば、この理由の効き目は薄いかもしれません。
他の転職理由として当たり障りないのは、キャリアアップのための転職です。

「今いる職場にはもうポストが空いていないが、転職先ではそのポストで働ける。」
という理由で辞める人も多いし、これまた簡単には引き留められない理由になります。

他にも、「家族・友人の仕事を手伝うことになった。」という理由もあります。
辞める理由としては有効ですが、ウソで使う場合はあまりオススメできません。
「それはどんな仕事なの?」とか「どこにあるの?」とか「いつからやってるの?」などなど、色々聞かれる可能性が高いんですよね。
これらの質問に答えられるようなストーリーを十分に練っておかなきゃ、「お前何もわかってないじゃないか!」と疑われてしまいます。

退職理由をでっちあげるなら、なるべくシンプルにしておいた方が良いですよ。

病気になってしまったから辞める

出社できないことを理由にして辞めるパターンです。
本当に体調が悪くなってしまった人はこの方法を使って辞めると良いでしょう。
まず円満退社は不可能ですが、有効な手段です。

「病院の診断書を出せ!!」
って言われることが大半だと思うので、実際に病院に行って診断書を手元に辞めると伝えましょう。
強いストレスによって盲腸や胃潰瘍など身体的な疾患で働けなくなったのなら、何の問題もなく辞めることができます。
まあ最初は休職を勧められるかもしれませんが・・・、胃に穴が開く程ストレスを感じる職場なんてさっさと離れてしまった方が良いですよ。

難しいのは精神的に参ってしまった場合。
この間まで元気だったのにいきなり「鬱になっちゃいました・・・仕事辞めます。」なんて言ったところで、まず信じてもらえません。
ウソでこの理由を利用するなら、前々から前兆を見せておき、信憑性を持たせておかなきゃ疑われてしまいます。

また辞めると伝える時は”鬱”という言葉を使わず、遠回しに気付かせることが大切です。
「この仕事が本当に辛くて・・・もう辞めたいです・・・」と心から絞り出すような感じで相手に伝えると効果的。
ちょっと大げさなぐらいが調度良いかもしれません。

ウソでも何でもなく、本当に今すぐにでも辞めたいぐらい精神的に追い詰められている人は、勇気を振り絞って辞めたいと伝えた方が良いと思います。
変にウソの理由なんて用意せず、ただ辛いから辞めたいと正直に言った方がスッキリできると思いますよ。

しかし、「何が辛いのか」とか「解決できないのか」など、色々話を聞かれるでしょう。
それによって「そんなことで辞めるようでは、どこに行っても同じだぞ」と言われてしまうかもしれません。

心が疲弊してしまっている状態でそんなこと言われてしまうと、大ダメージですよね。
しかもその職場に居辛くなってしまう。
それを回避したいのならば、先に挙げたような前向きな退職理由を用意しておいた方が良いですよ。

親の介護が必要になったから辞める

これはオススメしません。
やっぱり親の不幸を口実にするなんて道義に反してますからね。
しかし、引き留められない理由のひとつなので一応有効的な手段ではあります。

介護と仕事の両立なんて本当に大変なことですからね。
社会もそれは重々認識しています。なかなか改善はされませんが・・・。
だから会社側も無理を言うことはできません。

ただこれ、けっこうバレやすいんです。
「大変だな。今度お前の実家に電話するよ。」ってカマをかけられるかもしれないし、本当に電話する会社もあるでしょう。
もしそれで嘘がバレたら、もはや立つ瀬がありません。
会社にいる間ずーっと軽蔑の眼差しを向けられ続けます。

さすがにこれはリスクが高いですよね。

バックレて辞める

最終手段です。
音信不通になっていきなり居なくなるのは社会人として最低の行為です。
可能ならば絶対に控えた方が良い。

でもどうしようもないくらいに精神がすり減ってしまって、もうどうなってしまっても良いからとにかく仕事を辞めたいって場合に限り、この手段を行使するのは悪くないと思います。

やり方は簡単、あらゆる連絡手段を絶つだけ。
携帯電話の電源を切るのはもちろん、家まで来るかもしれないという恐怖感を拭い切れないなら家から出てどこか好きな所に行きましょう。
退職届と健康保険証と会社の備品などを内容証明郵便で会社に送りつけるのを忘れずに。
離職票や健康保険被保険者資格証明書などの退職に関わる諸々の書類は全て郵便で送ってもらうことができます。

辞めたいと伝えるステップ丸々全てを放り投げて、あとは知らんぷりできるんだからそりゃ楽です。
でもこの方法で辞めると、確実に自分の心に深い傷が残ります。
会社に行くこと、そして辞めると伝えることすらできないぐらい追い詰められる人は、こんなやり方をしてしまった自分を自己嫌悪してしまったり、罪悪感に苛まれたりしてしまいがち。

電話が鳴った時にいちいちビクビクしたり、家に誰か来た時に恐る恐る誰か確認したり、自分に後ろめたい部分があるからこそ、退職届を出してからもかなりのストレスを感じてしまいます。
ましてやバックレてしまうと親にまで連絡が行きかねません。

確かに退職の手続きって煩わしく勇気がいりますが、この一歩を踏み出せるか踏み出せないかで周りにかける迷惑の量は段違い。
やはり辞めるにしても最低限の筋は通すべき。
面と向かって辞めると伝えること。これは自分の心を守るためです。

もうバックレちゃおうかな・・・って思ってる人は、ここで一度踏ん張ってみて下さい。
先に挙げたようなウソを吐いたって良いので、直接辞めると伝えて下さい。
きっと上手くいきますから。

まとめ

ということで、なるべくすんなり仕事を辞められる理由でした。
参考になるところがあれば幸いです。

仕事を辞めるって伝えることは相当なエネルギーを使います。
でも一番大変なのは、「辞めます」と口に出すその瞬間。
そこさえ乗り越えてしまえば、あとは辞める方向へどんどん流れていけます。

本当に辛くても、なんとか頑張って直接伝えるようにしてください。
私もバックレてしまおうか本当に悩むぐらい苦しい時期がありましたが、今思えば勇気を出して面と向かって言えて本当に良かった。
あそこで逃げていたらずっと後悔していたかもしれないし、円満ではなかったけど無事に退社することができた。

バックレは本当に最後の手段です。
もじバックレちゃったとしても、あまり自分を責めないでください。
精神が疲弊していると正常な判断ができないものです。
だからこそ、そうなってしまう前に辞めると伝えましょう。

コメントを残す