新卒だろうが3ヵ月以内だろうが仕事を辞めたいなら辞めればいい

quit-job

今回は4月入社の初々しい新入社員の人達へ向けた記事です。
どうですか新入社員の皆さん、社会人生活には慣れてきましたか?
一気に生活が変わって、大変なことばかりでしょう。

社会人は甘えが通用しないから、最初は色々と苦労が絶えないことでしょう。
これまでの学生生活とは環境が打って変わり、体調や精神にも色々と負担があることでしょう。
とにかく付いていくことに必死で、なかなか余裕がないことでしょう。

「あぁ、社会人ってこんなもんなんだな」と認識できて、ある程度周りが見えるようになった時、「自分は本当にここでいいのかな」と思う人って多いと思います。
いや、働くのが嫌だとか毎朝起きるのが辛いとかそういう話じゃないですよ。

クソみたいな会社の体質、お世辞にも立派とはいえない上司、ましてや法律的にグレーなことばかりやってる会社の実態などなど・・・
そんな会社なんてこの社会には山ほどあります。

新卒は3年未満で辞めることは好ましくないとはよく言われることですが、その言葉に縛られてしまって我慢し続けるのって本当はどうなんだろう。
冷静に考えてみて、こんなクソ会社に3年も勤め続けることに意味なんてあるのか?

というように考える人は割と多いんじゃないかな。
ちなみに私もそうでした。

私はけっこう直感的に動いてしまうタイプだったので、ある程度自分が納得できる企業から内定を貰ったら、もうそこに決めてしまって就職活動を止めてしまいました。
そして結局2ヵ月で辞めるという・・・。

今はその反省を生かして、慎重に物事を進めるようになりましたけどね。
失敗は次に生かせばいいんです。
2ヵ月で辞めたという経歴は、思っていたよりも足枷になりませんでした。
だからあの時辞めてしまったことは、結果的に良かったのだと思います。

別に辞めてしまっても何とでもなる

あまり無責任なことは言えないし、辞めることで誰もが結果的に豊かになれるとは限りません。

先にもあるように、3年勤められない人間はあまり良い目で見られません。
ましてや1年も経たずに辞める人間なんて、そりゃあもう世間の目は冷ややかですよ。
根性なしだと思われるのも仕方ない。

それに会社にとって、入ってすぐに辞められてしまうのはたまらない損失ですからね。
またすぐ辞めちゃいそうな人材を好んで採用する会社なんてないでしょ・・・。

それでも私は、我慢せず辞めてしまえばいいと思う。

その職場で働き続けることで得られるものはあるのか、何か盗めるスキルはあるのか、憧れの先輩はいるのか、人間的に尊敬できる人はいるのか、そして自分は成長できるのか・・・
そういったポジティブな要素がないのなら、その職場にいる必要性はあるのだろうか?

毎日8時間以上、通勤時間や残業時間を含めればそれ以上、辞めたいと思いながら働くのか。
土日を待ち焦がれ、偶の3連休に心を躍らせ、日曜日の夜には憂鬱な気分になる。
解決策を見出せないまま、我慢しながらこの先勤め続ける意味はあるのか。

そういったことを加味して、本当に辞めたいと思うならば3ヵ月以内だろうが何だろうが辞めてしまえばいい。

辞めても致命的なダメージはない

新卒カードを捨てたら人生終了とか、3ヵ月以内で辞めるようなヤツはもう社会では認められないとか、不安を煽るような言葉が目につきます。
誇張し過ぎなんですよねー。実際はそんなことないから。

就活に一度失敗したぐらいで、そんな罪を背負うような状況にはなりませんよ。

新卒3ヵ月以内で辞めたって、その後はブラック企業かそれに近い会社にしか就職できないということはない。
普通に転職活動をすれば再就職できるし、前回の反省を生かしてより良い職場を探すことだってできる。

過剰に恐れることはせず、ポジティブな考えでいればきっと良い方向に進めると思いますよ。

もちろんリスクはある

致命的なダメージは無くても、全くダメージが無いという訳ではない。
当然多かれ少なかれリスクは生じます。

まず、応募者の多い大企業への就職はほぼ無理でしょうね。
書類選考の段階で切られるようになってしまう。
会ってみたいと思われなくなってしまうんですよね。

これに関しては仕方ない。
応募者を絞ってコストを軽減するためにフィルターを設けるのは大企業ならどこでもやっていること。
「新卒1年未満で辞めた人は切る」というフィルターは、多くの大企業が設定していると思います。
転職者の力ではどうすることもできない。
でも最初から大企業を狙っていなければあまり関係のないことです。

その他のリスクについては、自分次第でどうにでもできること。
人それぞれ本当に様々なリスクがあるかと思うけど、例を挙げるなら・・・

  • すぐ辞めるヤツだと思われる
  • 仕事が見つからない
  • 就職したい会社が見つからない
  • 転職を繰り返すことになる
  • 自分への甘えを払拭できず、フリーターになってしまう
  • 家族に顔向けできない

などなど・・・。でも全て自分の努力次第で解決できるものばかり。
だから別に3ヵ月で辞めようがどうにでもなります。
どうにでもできます。本当に自分次第。

そもそも、前の職場を辞めた理由が転職先の人事を納得させられるものであれば、そこまで転職に苦労することはありません。
当然、自分の経歴にキズがつくことになるけれど、若ければ挽回できますよ。
無料サポートのサービスもありますからね。後ほど詳しく説明します。

会社に居続けることのリスクも考えよう

辞めたいと思っている今の会社で、嫌々やり続ける仕事は自分にとって価値はあるだろうか。
その場に居続けることで、自分は成長できるのか。
自分の理想に近づき、豊かになることができるのか。

転職のリスクを過剰に恐れて、我慢して居続けることのリスクを甘くみない方がいい。

  • 意欲的に仕事に取り掛かり能動的に自分の能力を磨いていけるか
  • 仕事を辞めたいという憂鬱な気持ちから逃れられず、休まらない生活
  • 忙しさやストレスから身体・精神に異常をきたしてしまう

良い会社もあればどうしようもなくクソみたいな会社もある。
悪い環境の職場はそこで働く人間を蝕んでいく。

石の上にも三年という言葉がありますが、泥沼の中に居続ける必要なんてないですよ。
足を取られドロにはまってしまうと抜け出せなくなる。
やっとの思いで抜け出しても下半身にドロが染み込んでもうとれなくなっちゃう。

大したスキルも身につけられないまま、ただ年齢だけを重ねてしまって突然会社が倒産したりリストラされたりする可能性だってある。
終身雇用なんてとうの昔に崩壊しているんですから、もう会社は個人を守ってくれません。

長く勤めることが必ずしも善ということでもなく、早期退職が悪ということでもない。
自分が成長できて、長期間勤めることができる環境かどうかを考えて、転職するのかしないのかを決める必要があるでしょうね。

正解は無い、決めるのは自分

私はそんなにうだうだ悩むくらいならとっとと辞めてしまって次に進めばいいと思いますよ。
リスクなんて考えてても何の解決にもならないし、結局は自分の力で進むしかないのだから。

誰に相談したって、たいていは当たり障りのない回答しか得られません。
「もうちょっと続けてみたら?」とか「まだその仕事のやりがいを感じてないからじゃない?」とか、誰でも言えるようなことしか言いませんよ。
他人の人生に責任なんて取れませんからね。

正解なんて無いのだから、自分の気持ちに正直になって思い切って行動してみましょう。
そしてその行動に対してきちんと責任を取る。

それが失敗だったとしても良いじゃないですか。
またその失敗を生かして次の道を決めればいい。
むしろ若いうちにそういった挫折を味わった方が、後々の人生に好影響を及ぼすかもしれませんよ。

余談ですが、アメリカでは若いうちに敗北や失敗などの経験をしたことがある人材を積極的に採用する企業があるみたい。
そういった挫折経験も貴重な経験として評価されているのでしょう。
日本でも失敗を讃える会社もあるぐらいだし、将来的に日本もそういう企業が増えるかも。

自分の人生を生きよう

会社に残るのか、辞めて次の道に進むのか。
自分の人生を決められるのは自分だけ。
自分の価値観に従って、自分の考えのもとに、自分の人生の責任をとりましょう。

人生は有限ですからね。
悔いの無いように生きられるのは若いうちだけです。
もとより私たちは自由なんです。
自分の進みたい方へ全力で進もう。

理屈とか常識とかそういうのは置いといて、自分の気持ちだけで行動しても良いと思います。
その行動に対してきちんと責任をとり、この道で行くという覚悟を持つ。
それができれば自ずと道が開けると思いますよ。

辞めたら何をする?

会社を辞めたとして、次に何をしますか?

早速転職活動をしますか?
フリーターをしながらやりたい事を探しますか?
どこか学校へ通いますか?
海外に出て旅や留学をしますか?
起業しますか?
ニートになりますか?

1年間勤務して雇用保険を納めていれば失業保険が受け取れますが、3ヵ月だと受け取れませんからね。
収入がなくなるのは精神的に辛いものがあるから、何かしらで収入を得た方が良いでしょう。

どうせまた何かしら定職に就く予定ならば、空白期間を作らず早めに次の職場を探した方がスムーズにいきますよ。

転職活動を有利に進めるために

「新卒の就職活動の失敗を生かして、前の会社よりも良いところに就職しよう!」と考えることでしょう。
職場の雰囲気が良いとか、離職率が低いとか、残業が多くないとか・・・色々とポイントがあるかと思います。

でも新卒の時と同じように就職ポータルサイトを眺めているだけでは実際の職場の環境なんてわからない・・・。
そんな場合に利用すると良いのが「転職エージェント」です。

転職エージェントは普通の転職サイトと違い、自分に担当が付いて一対一の面談形式で転職のサポートをしてくれます。
また、エージェントの人達は実際にその職場まで行って社長や社員の人達とお話をしているので、企業の詳しい情報や職場の体質なども色々と教えてくれます。
しかも志望理由や前職の退職理由の添削などもやってくれるからかなり心強い。

転職エージェントは転職のプロですから、転職に関する具体的な悩みや相談に対して的確に答えてくれます。
転職市場の状況やその傾向などを加味し、自分の要望に最も近い会社を紹介してくれるのは彼らだけ。
親や上司に言い辛いことでも気にせず話せるから、本当に頼りになりますよ。

だから今の職場を辞めて転職するかどうか迷っていて、完全な第三者からの客観的な意見が欲しいという場合にも利用すると良いでしょう。
エージェントの人は快く了承してくれますよ。
特に新卒で会社を辞めたばかりの第二新卒を受け入れいてる企業は多く存在するので、エージェントの人はかなり具体的に話をしてくれると思います。

それら全てのサポートを、転職エージェントは無料でしてくれます。

ちょっと裏側をお話しすると、転職エージェントは人材を企業に紹介し採用されると、採用側の企業は紹介料としてお金をエージェントに支払うことになっているんです。
金額は各々異なりますが、大体50万~100万ぐらいでしょう。
だから転職者には一切お金がかからないんですね。

さらに、転職者が短い期間で辞めてしまうと紹介料は減額もしくは返還になってしまいます。
だから転職エージェントは懇切丁寧に転職者をサポートしてくれるんですよ。
その人に合う仕事探しから該当しそうな企業のピックアップ、ミスマッチが起こらないように情報はどんどん開示してくれて、さらには転職理由や志望理由をポジティブで説得力があるよう添削してくれます。
3ヵ月で前職を辞めた理由さえも、エージェントの手にかかればアピールポイントに作り変えてしまいます。

もちろん、働きながらでも転職エージェントは利用できます。
エントリーした企業との諸連絡を全て取り次いでくれるので、働きながら転職活動をする人のサポート体制も万全。
面接日程の調整などもやってくれてとても助かりますよ。

転職者に内定をとってもらうために全力を尽くしてくれる。
利用しなければ確実に損です。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

新卒情報ポータルサイトでお馴染みのマイナビさん。
転職エージェントのサービスも行っています。

しかし転職エージェントを発足させたのは割と最近のことで、今バリバリ頑張っているみたい。
そういった始まったばかりのところは、利用者数も比較的少なく、確実に実績を積み上げるべく転職者一人ひとりに対するサービスを手厚くするもの。

大手ならではの信頼性と求人の豊富さを考えて、今一番オススメのエージェントです。

マイナビエージェントのサービスを見に行く

自分を生かして自分らしく生きよう

自分がより豊かに生きていくためにはどうすれば良いか、そのためには何をすれば良いか。
ひとつひとつ決断し、そこに責任と覚悟を持って進んでいく。

難しく考え過ぎず、常に自分が成長できるかどうかを考えていけば、必ず良い方向に進めると思います。

↓の記事も役に立つかもしれないので、良かったら読んでみてください。
天職は見つかるのか?自分に合う仕事の見つけ方と診断方法!

コメントを残す