転職は逃げとか不利とか、そんなの気にせず転職すれば良い

career-change

3年以内に会社を辞める新卒は3割以上もいるというのは既にかなり有名ですよね。
「今や転職なんて当たり前の時代」とか言われることすらあります。
しかし転職にはまだまだ悪いイメージが付きまとっているのが実際のところ。

「転職は逃げだ。転職先でもまた同じような問題にぶつかるだけ。何も変わりはしない。」
「今いる環境の不満を自分の力で解決できないヤツは、転職して逃げても成長しない。」

こういう厳しい言葉を見たり聞いたり言われたりしたことはあるんじゃないかな。
これから転職しようとする人にとって、この言葉はグサッと刺さりますよね。

でも確かにその通り。
『転職=逃げ』っていうのは揺るぎない事実。

でもさ、逃げたら何かいけないの?
今の職場に何かしらの不満があって、その不満を自分の手で改善できそうにないから逃げる訳だけど、そっちの方が簡単で手っ取り早く改善されるならそうした方が良いのなんて決まってる。
逃げたことで結果的に豊かになったのなら、それって逃げて正解でしょ。

だから別に転職することに後ろめたさを感じることなんて無いと思います。
転職は逃げであることを認めて、前向きに転職活動をすれば良い。
今よりも環境の良い職場で働けるなら、当然そこへ行った方が良いのだから。

逃げではない転職など一切ない

転職の理由なんて十人十色。
人それぞれ様々な事情があるでしょう。

それら全ての理由の中に逃げの要素が無いものなんて存在しません。
必ず何かから逃げるために転職をするんです。
そうでなければ転職する必要なんて無い訳で。

転職をする理由として最も多いものは、やっぱり人間関係みたい。
どの職場にも合わない人って大抵はいるものですよね。
特に上司とウマが合わないってことが多いようです。

あとは会社の体質が腐敗しているとか、職場の雰囲気が悪いとか、仕事の内容が自分に合わないとか・・・。
こういったものは自分の力だけで改善することはなかなかできませんよね。
だったらさっさと転職して逃げてしまった方が早いし楽。

上記のようなネガティブな転職理由とは逆に、ポジティブな転職理由と呼ばれているものもあります。

  • 自分のスキル・能力を磨いてキャリアップしたい
  • 給料を増やしたい
  • 大規模なビジネス・事業に参加したい
  • チャレンジできる仕事がしたい

といった感じですかね。
一見意欲的で向上心があるように見えますが、見方を変えてみると・・・

  • 今のスキル・能力・キャリアからの逃げ
  • 低い給料からの逃げ
  • 今の会社の事業規模からの逃げ
  • 仕事内容からの逃げ

裏を返してみれば、結局は何かから逃げるための転職なんですよ。
転職理由が何であれ逃げていることに変わりはない。
ポジティブな転職をしているつもりでも、捉え方次第でそれは逃げてることと同一。

だから自分の転職理由がネガティブだろうが何だろうが気にすることは全く無い!

満たされない欲求や理想を叶えるためにできることは色々あるでしょう。
でも自分の努力だけではどうしようもない部分は多々あるもの。
特に会社の体質なんてのは本当にどうにもできません。

そんな場合、転職は最も合理的で手っ取り早い選択肢。
自分を変えるよりも環境を変えた方が良いことも多々あると思います。

時間は有限!限りあるチャンスを掴め

ひとつの職場で長い間勤め続けることが善という考え方は、「和を以て貴しとなす」という、調和を重んじて変化を嫌う日本の美的価値観からくるものなのかもしれません。
私も日本人、やっぱりその感覚はわかります。
地に足着けて大きな変化を控えて、安定している生活をした方が生きていきやすいかもしれない。

しかし現状に甘んじず、より良い環境でより豊かな人生を送るために行動することも大切。
むしろ今の職場に不満を持ちながらも、何の行動もせずにいることもある種「逃げ」です。

転職先ではもっと自分の能力を活かせるかもしれない。
もっと理想に近い働き方ができるかもしれない。
転職しないということは、チャンスを掴むことから逃げているんです。

だから転職したいと思うのなら、早めに決断して行動を始めましょう。
善は急げ!チャンスを掴め!

精神が疲弊し切ってからでは遅い

私も転職経験はありますが、職場を辞めると伝える前は本当に辛かった。
精神的に追い詰められてる状態だったんですよね。

ただ辞めるという旨を上司に伝えて退職の手続きなどするだけなのに・・・
それをするまでにものすごく時間がかかりました。
精神が疲弊していると正常な判断ができず、余計なことが思考に割り込んでくるんです。

「上司に詰められるかもしれない。」
「周りの社員の目が気になる。」
「辞めさせてもらえず、嫌がらせをされるかもしれない。」

実際はそんなことありませんでした。
退職の手続きはスムーズに進み、無事退職。
長いこと悩む必要なんてなかった。

でも本当に精神が疲弊し切って鬱状態になってしまうと、論理的な思考ができなくなってしまう。
そんな状態が続くと、過労で倒れたり自分で命を絶ってしまったりするのでしょう。

そうなってしまう前に逃げてしまえば良いんです。
世間の転職に対するイメージはまだまだネガティブ寄りだけど、先述の通り捉え方次第でポジティブにできるんです。
前向きな気持ちで転職活動をすれば、良い結果は付いてきますよ。

逃げた後は頑張ろう

しかしいつまでも逃げ続けていては生きていくことはできない。
逃げた後は何かしらの困難が待ち受けているもの。

転職活動はものすごいエネルギーがかかります。
でもここを逃げることはできない。
逃げたら次は頑張りましょう。

そこでしっかり頑張ることができれば、必ず良い方向へ進めると思います。
頑張って、ダメなら逃げて、また頑張って・・・
それができれば逃げることは全く悪いことではありません。

転職はより豊かに生きていくための選択肢のひとつだと思っています。
前向きな気持ちで転職活動を頑張りましょう!

コメントを残す