空白期間が転職に響く理由と、空白期間をカバーする方法

blank

転職をする際、やっぱり気になってしまうのが空白期間。
なるべく空白期間を作らないようにして転職するのがベストだけど、人生そう上手くいかないことだって多々あるもの。

基本的には会社に勤めながら転職活動をするようにして、転職先が決まってから退職するという方法をとれば、空白期間を一切作らずキレイな職歴を保てる・・・。
そんなのわかっているけど、やむを得ない事情で退職して無職になってから転職活動を始める人だっているでしょう。

もちろんそれですぐに次の職場を決めることができれば問題ないけれど、タイミングとか運が悪ければ、思うように決まらないことだって当然ある。
そうしているうちに空白期間がどんどん長くなってしまい、気付けば1ヵ月なんてことも。
目安としては3ヵ月以上の空白期間は、かなりの企業から煙たがられます。

私としてはその経験も人生のうちの貴重な体験のひとつだと思うから、多少の空白期間はあってもいいと思いますが・・・。
失業保険を受け取るのにも自己都合退職ならば退職後3ヵ月は待機期間だから最短でも3ヵ月は必要ですし、空白期間があれば何もかもダメ!ってことは無いと思います。
まあ堕落してしまう可能性をはらんではいますけどね。
結局は本人次第でどうにでもできる問題でしょ。

ただ、世の中はまだまだ空白期間に対しての印象は悪いです。
空白期間があるだけで、多かれ少なかれ確実に転職活動は不利になってしまいます。
書類審査で落とされてしまうことも少なくないでしょう・・・。
また面接でも確実に空白期間について突っ込まれることでしょう。

しかし!ピンチはチャンス!
空白期間をむしろアピールポイントにできるような説得力のある説明ができれば、必ずしも空白期間が理由で落とされるということはなくなります。
大切なのはしっかりと準備をすること。
今回はそんな、空白期間を上手に説明する方法を紹介してみようと思います。

企業が空白期間を嫌う理由

対策を練る前に、まずはそもそもの理由を知りましょう。
なぜ企業はそれほどまでに空白期間を嫌うのか、それは主に3つの理由があります。

1.専門的なスキルや知識の質が落ちている可能性

例え長くやっていた仕事でも、一旦離れてしまうと当時のクオリティのまま復帰するのは難しいものです。
その空白期間が3カ月とそこまで長くはなかったとしても、やはり多少は腕が鈍っている部分はあるでしょう。
しかもたいてい本人はできるものと思っていて、その自覚はありません。

結局やらせてみなきゃ実際のところはわからないんですよね。
そういう不透明なリスクを企業は嫌う訳です。
特に中途採用なら即戦力を期待されるものですから、そういうリスクはなるべく避けたいところ。
実際にやらせてみて、やっぱりできませんじゃ話になりません。

しかし他業種からの転職ならばまた話が違ってきます。
この場合は専門的な知識やスキルではなく、基礎的なビジネスマナーやスキルを見られるでしょう。
その辺は面接のアピール次第で如何様にもカバーできるから、大きな問題ではありません。

2.ただ遊んでたんじゃないの?

退職してから転職活動なんてせず、ただただ自由を謳歌していたんじゃないのかという懸念は、やはり空白期間があればまず疑われることでしょう。

企業側からすれば当然、熱意があって意欲十分で、仕事に対する意識が高い人材を雇いたいもの。
しかし空白期間が長いと、誰しも仕事に対する姿勢に疑問を抱いてしまう。
「コイツ、うちに入ってもまたすぐ辞めたりしないかな・・・」ってな感じに。

転職回数が多いと不利になるのも同じことです。
前提としてなるべく長く真面目にしっかりと働いてくれる人が欲しいんですよね。
能力うんぬんはその次です。

その前提を満たすことができなさそうな人材は、やっぱり採用を躊躇しちゃいますよ。
あんまり応募がない企業なら、「まあとりあえず会ってみるか」という選択肢もあるだろうけれど、応募が多い企業だとまず書類審査で落とされてしまいがち。
もはや会ってすらもらえません。

履歴書の自己アピール欄に、採用担当者を”おっ!”と思わせるような何かを書かなければ難しいでしょうね。
特に空白期間中に何をやっていたかについて、何かしらの価値を見出させなければいけません。
また面接まで進めたら、説得力のある志望理由や熱意をアピールすることが鍵になるでしょう。

3.どこも雇ってくれなかったのでは?

一見普通に見えるけど本当はどこにも雇ってもらえなかったからこんなにも空白期間が長くなったんじゃないのかという、ある種の先入観のようなものを抱かれてしまうのは避けられません。

能力的に、あるいは人間性的に、何かしら重要な部分が欠如しているかもしれない。
だからこんなに空白期間が長いのではないか?
つまり、いわゆる”ハズレ人材”なのではないか?
という憶測をされてしまうのです。
世知辛いですね。

しかし面接できちんと応対できれば、こういった懸念は払拭できるところでもあります。
書類審査で落とされたら、「しゃーねえ!次だ次!」ってくらいに思っていた方が良いでしょう。
応募した全ての企業で書類審査落ちすることは、よっぽどのことがない限りありませんよ。
人柄重視のところもあるものですし、必ずチャンスはあります。

空白期間があることで、上記のような点で不利になってしまうのは仕方ありません。
でも逆に言えば、上記の点全てを相手が納得できるように説明できれば、採用される可能性がグンと上がります。
何度も言いますが、大切なのは準備です。

それでは空白期間が生じでしまったそれぞれの理由毎に、実際にどうやって説明すれば良いのか。
その一例を紹介します。

ありのまま説明すれば良い場合

まずはやむを得ない事情で空白期間が生じてしまった場合と、空白期間中に何かしら有意義なことをしていた場合です。
これらの場合は特に脚色せず、面接でありのまま説明すれば良いでしょう。
変に話を盛るよりボロも出にくく、説得力も増します。

逆に、嘘でこれらの理由を使うのはオススメしません。
転職活動でも相手に自分をより良く見せることは大切ですが、嘘で塗り固めるのはリスクが高いですからね。

介護・看病で仕事を辞めざるを得なかった

親の介護と仕事の両立は大変困難であることは、もはや周知の事実です。
親のために仕事を辞めることになり、結果として長い空白期間ができてしまったとしても、そこに本人の責任は無いと判断されるでしょう。
特にこの辺のセンシティブな問題については、あまり突っ込んで聞かれないことも多いです。

ここで大切なのは

  • 現在は状況を大きく改善でき、もう仕事を始めても差し支えない
  • 空白期間は生じてしまったが、現場に復帰しても業務に支障はない

ということをしっかりと説明し、納得してもらうことが第一です。

企業側からすれば、事態が急変したと言って突然休職されてしまうのは困りもの。
もう仕事に影響をきたすことはほぼ無いということをきちんと説明しましょう。

空白期間があまりにも長くなってしまった場合は、
「常に業界の動向やトレンドにアンテナを張っていて、情報収集を怠らなかった」
「勉強を続けていたので、新しいことにも対応できる」
・・・などなど、業界ごとに異なるでしょうが、現場復帰に向け前向きに取り組んでいた姿勢をアピールすることが大切です。

フリーランスをやっていた

大なり小なり何かしらの事業を立ち上げ、自分の力で収入を得ていた場合。
これを空白期間と呼ぶのかどうかは人それぞれでしょうが、起業でもしない限りは職歴上無職と変わりありません。
なので、一応空白期間の一例として挙げておきます。

フリーランスと一言で表現しても、実際に何をやっているのかは不透明で、採用者からしてみれば気になるところでしょう。
つまりここがアピールチャンスになる訳です。

  • どんな仕事をしていたのか
  • どこから仕事を仕入れ、実際どんなことをしていたのか
  • そこで身につけた技術や経験は何か
  • それらの技術と経験をどんなところで活かせるのか
  • そして辞めた理由は何なのか

これらを理路整然と説明し、納得してもらわねばなりません。

一番のポイントは、辞めた理由を前向きなものにすることです。
「立ち上げた事業が思うようにいかなかったから」とか「安定が一番だと思うから」など、後ろ向きだったり逃げの理由はNGです。

「個人でやることの限界に気付き、組織の中で自分の力を活かしたいから」とか「フリーランスをして得たスキルを、もっとスケールの大きな事業で活かしたいから」など、嘘でも前向きな姿勢を見せつけましょう。

多少の脚色が必要な場合

先にも言いましたが、やはり自分をより良くみせるのは内定を得るために重要なこと。
そのために空白期間中のストーリーを脚色するのは、いわばひとつの戦略です。
ただあまりにも嘘を塗り固めてしまうと墓穴を掘る可能性も高まるので、ほどほどにするのがベストです。

遊んでいた・休暇を取っていた

失業保険を受け取るための戦略的休暇など、それぞれ様々な理由があることと思いますが・・・。
それをそのまま正直に言ったところで、納得してもらえるハズもありません。
だからここはちょっと言い方を工夫する必要があるでしょう。
例えば・・・

「前職が激務で心身ともに疲れ果ててしまっていたので、少々休暇をとっておりました。」
「自分に合う仕事をじっくりと考え、時間をかけて転職先を探していました。」
などなど、ちょっとオブラートに包んで誤魔化すのが良いでしょう。

ただし、長い期間転職活動を続けていると受け取られないように注意する必要があります。
先述のように、ハズレ人材だと思われてしまう危険性がありますからね。

また、うつ病を患ってしまって働けなかった場合も同様です。
決して”うつ病だった”と言わないようにしましょう。
「また再発するんじゃないか・・・?」と、要らぬ懸念をされる可能性があります。

事故や怪我など、身体的な理由で働けなかった場合も同様で、”今は完治しており業務に差し支えない”という事をしっかりと伝えましょう。

これらの理由は、どんなに取り繕ったところで面接官を納得させるのはなかなか難しいです。
空白期間が長ければ長い程、好印象は持たれません。
できれば空白期間中に、何かしら武器になるものを身につけておきたいところですね。

日本一周・海外旅行をしていた

「バイクに乗って日本一周をしていた」
「バックパックで東南アジアや南アメリカなどを放浪していた」

などなど、これらは時間がたっぷりないと出来ないことだから、空白期間中にこれらを実行するというのは個人的には理解できるのですが・・・
面接官に好印象を持たれるかどうかは、面接官との相性や会社の価値観によるでしょうね。

しかし「ただ単に旅行してましたー」ってだけじゃ話にならないのは当然で、

  • 空白期間を作ってまで、それらをやる価値はあったのか
  • それらの経験が会社で働く上で何の役に立つのか
  • また、どのように役立てられるのか

上記のことをしっかり説明し、納得させることが重要です。

特にバックパッカーなどは、誰でもできることではないし得られる経験も平凡なものではないでしょう。
そうした特異な経験やバイタリティをアピールするのがポイントになるかと思います。

資格取得のための勉強・語学留学

これらが理由の場合でも、これまでと同様に面接官を納得させなければいけません。

  • その資格を取得しようと思った動機
  • その資格は業務にどのように活かせるのか、何の役に立つのか

そして最も大切なのが、他の求職者と差別化できる何かを持っているかどうかです。
資格だけとってしまえば、あとは就職なんて簡単ということは全くなく、むしろ資格をとってからようやくスタートラインに立てるんです。
だからその分野において何かしらの実績がなければ、空白期間のリスクを覆すことはなかなか難しい。

語学留学も同様で、例え英語をペラペラに喋れるようになって帰ってきたとしても、余裕で希望の会社に入ることができるかと言えば、決してそうではない。
英語を喋れる人材なんてゴマンといる訳ですから、そのライバル達よりも何かしら抜きん出るものが無ければ、内定を勝ち取れないのです。

例えば留学先のスピーチコンテストで入賞したとか、エッセイが表彰されたとか、何かしらの+αを用意しておかなければ、ただ語学留学したというだけでは採用される可能性は低い。
何かしらの成果や実績、あるいはそれに向けて努力を怠らなかった姿勢などをアピールすることが大切でしょう。

もちろん評価基準はそれだけでなく、熱意や情熱、仕事に対する姿勢などなど・・・面接官が見るところは色々あります。
一番最初にも言いましたが、最も重視するポイントは誠実さや真面目さであり、特にコミュニケーション能力なども重要な評価のポイントになるでしょう。

「自分は良い人材だぞ!取らなきゃ損するぞー!」と虚勢でも自身満々にアピールして、何としてでも面接官の印象に入り込むことが、面接の成功の秘訣です。
そして空白期間というハンデを抱えているのなら、それ覆せるような何かを用意しておかなければいけません。

個人的な考えとしては面接で5分程度の時間を頂戴して、独自の資料を使ったプレゼンをしたりすれば、必ず面接官の印象に残ることができると思います。
題目は、「御社に私が必要な理由」とか「御社の業務で活かせる私の能力」など、理路整然とした内容で説得力を持ち、インパクトを与えて好印象を獲得できれば、自ずと良い結果が出てくると思いますよ。

だってここまで用意周到に準備して面接に臨む求職者なんて、そうそういるものじゃないですし。
それだけでライバルと差を付けることができるでしょ。
希望の会社の面接までこぎ着けることができたならば、これぐらいの意気込みで行ってみましょう!

コメントを残す