【スパイク】の特徴・評価・使いどころ考察│セブンナイツ攻略

スパイク

追記:(12月6日)
バランス調整により上方修正されました。
↓の記事が最新の情報です。
【11/30バランス調整後】スパイク新性能の考察

かつてはセブンナイツ中最弱だったスパイク。
使い道がほとんどないハズレキャラと評され、弱キャラとして扱われていました。
セブンナイツの一員なのにも関わらず・・・。

そんな悲惨な状況を改善すべく、運営はバランス調整としてスパイクを強化しました。
結果どうなったかというと・・・、劇的な強化ではなかった。
耐久力が低く、凍結スキルは気絶や感電よりも使いにくいまま。
限界突破なしではほぼ使い物にならないことに変わりはなかったのです。

しかし当時よりもアリーナ環境は大きく変化しました。
しっかり育成されたスパイクはセブンナイツの中で一番の花形キャラになれると思います!

スパイクは運営に愛されているのか、まさかの2度目のバランス調整が施されました。
それまでも十分強かったと思うんですが、さらにさらに強くなりました。
個人的にはスパイクがセブンナイツの中で一番強いと思いますよ。

そして凍結・石化の仕様変更により、また一段とスパイクは強くなりました。
なんと、凍結状態になったキャラの持続スキルが敵・味方に影響を与えるものだった場合、その持続スキルの効果が適用されないようになったのです!
ここまでくるとスパイクがセブンナイツの中で最強のような気が・・・。

高火力&クールタイム伸長の便利スキル

スパイクが敵を凍結させていくごとに有利になっていきます。
いかにして凍結させていくかがポイント。

ひとつめは「極寒の大牙断」。
敵単体に250%の物理ダメージを与え、追加で2ターンの間凍結状態にする。
凍結効果が消えた時、160%の追加物理ダメージを与える。

2度目のバランス調整により、確定で凍結状態にするようになりました。
・・・と表記では読み取れますが、実際は確定凍結ではありません。
恐らく表記ミスでしょう。いつかサイレント修正されそうです。

凍結の追加ダメージは貫通&ブロック不可&反射無効。
合計で390%もの致命的な大ダメージを与えることができます。
免疫持ちのキャラに対してもダメージが通るし、凍結解除後は免疫も自然消滅していることが多い。

ただし、厄介な持続スキルを持ったキャラを凍結させてしまうとマズい・・・。
アイリーン・アラゴン・デロンズ・エースなどの火力を底上げしているキャラを凍結させちゃうと、凍結が解除されるまでの2ターンの間実質無敵になってしまう。

高火力パーティが相手の場合、早い段階で相手の火力を削がなければならないので、アラゴンやアイリーンは速攻で倒しておきたい。
でもスパイクが凍結させてしまうと、全くダメージを与えられなくなる・・・。

クリスを凍結させてしまった場合も同様で、絶対安全回復装置を完成させてしまう。
この辺が凍結状態の使いにくさなんですよね。
気絶・感電の方がよっぽど性能が良い。

ただし、敵パーティ後列にいるルリやブラックローズなどの主力キャラを上手く凍結させられれば、戦況は一気にこちらが有利になります。
その間に周りの火力底上げキャラを始末してしまえば、ルリやローズなんて大した脅威じゃありませんからね。

凍結状態の仕様変更により、上記の懸念は一切無くなりました。
ちょっと強すぎるんじゃないのかって思うくらい強くなりました。
結局凍結の仕様を見直すのなら、何度もバランス調整をしてスパイクを強化する必要なかったんじゃ・・・笑

ふたつめのスキルは「蒼氷爆打」。
敵全体に100%の物理ダメージを与え、確率で2ターンの間凍結状態にする。
凍結効果が消えた時、100%の追加ダメージを与える。
また、敵のスキルクールタイムを20秒伸長させる。

スパイクが進化するたびに凍結効果の適用率が上がるとのことです。
ということはおそらく、従来よりも凍結確率が上がっているんでしょうね。
これまではアイリーンの感電やクリスの即死と同じぐらいの確率だと感じていましたが・・・体感で一度に1~2体ですね。
これ以上凍結状態にできるのなら、なかなか使い勝手が良くなったと思います。

そしてこのスキルの強みは、何と言ってもクールタイム伸長効果。
確定で適用されるので、このスキルを使った後に続けてスキルを発動することができます。
スキル演出が短いもので、かつ攻撃のタイミングなどが合えば、蒼氷爆打の後に2回連続でスキルを発動することも可能。滅多にないけど。

細かいことを言うと・・・
通常、スキルを発動してから次のスキル発動までに10秒のクールタイムが必要なのですが、復活したキャラはクールタイム回復に10秒かからない仕様になっているので・・・
蒼氷爆打→蘇生スキル→蘇生キャラのスキル発動
っていう流れで2回連続スキル発動ができることが多いですね。
でもアリスの蘇生スキルは演出が長いから、アリスだと難しいかも。

このスキル一発で、戦況が好転することは本当に良くあります。
上手く敵の主力キャラや支援型キャラを凍結させられたり・・・
あるいは周りのキャラを凍結させることでターゲットを絞れるので、次のスキル発動で一気にたたみかけることも出来る。
または回復をして立て直すこともできる。
使い道は無限大です。

自前で火力を上げる持続スキル

スキルの名称は「極寒の心臓」。

自分に状態異常免疫を6ターン付与。
自分の攻撃力を50%、クリティカル率を30%上昇させる。
一度だけHP以上のダメージを受けてもHP1で耐える。

バランス調整により、攻撃力とクリティカル率UPの力を授かりました。
これがかなり強い。
アイリーンを編成する必要なく、火力を出すことができるのは大きなアドバンテージです。

そして2度目のバランス調整により、ふんばる力を授かりました。
耐久力の脆さだけが弱点でしたからね。
これで少しは克服できたんじゃないかな。

しかし高火力パーティに組み込むには、先述の通り凍結状態が扱いにくいので難しい。
それに貫通スキル持ちのブラックローズの方が何かと使い勝手が良い。
だからスパイクを入れるなら他のキャラを入れることでしょう。

でも耐久型パーティならば大いに活躍できる。
敵の攻撃を受け切ってチクチク攻撃をしていく戦法だから、凍結と相性が良い。
なるべく多くの敵が凍結状態になった方が、攻撃を受ける機会が減るし、的を絞れるから着実に敵を倒せる。

また即死パーティでも間違いなく活躍するでしょう。
クールタイム伸長と凍結が即死効果とものすごく相性が良い。
即死パーティは強いのか?アリーナトップに君臨する日は来るのか│セブンナイツ攻略

今後追加される新キャラでクールタイム伸長のスキルを持つキャラはでてくるとしても、凍結スキルも持つキャラは出ないでしょう。
ここだけはスパイクの聖域。

あと状態異常免疫6ターンも地味に優秀です。
身動きを封じられないから役割を果たしやすいし、ルディの光神剣を引き寄せてくれるのもありがたい。
アクサセリーに関しても、耐性のものを付ける必要がないからもっと強力なものをつけられる。
復活のアクセサリーとかつけたらきっと化けますよ・・・!

ただしふんばれるようになったと言っても、耐久力の脆さはまだまだスパイクの弱点です。
かなり限界突破をしてやらないと全く仕事ができずに倒れてしまいます。
アリーナ上位で使うには、少なくとも38レベルぐらいにはしないとダメでしょうね・・・。

アリーナ以外の活躍の場

ある程度限界突破をすれば、陣形の後列に置いて火力を高めてやることで良い働きをしてくれます。

冒険の星評価はクリアタイムに依存しているので、とにかく早くクリアしてしまえば星3評価は獲得できる訳です。
蒼氷爆打→高火力スキルという流れで一気にたたみかけてやれば、敵のスキルを発動させない分早くクリアすることができる。

古の塔71階以降は凍結状態無効ですが、クールタイム伸長は適用されます。
だから蒼氷爆打で連続スキル発動をしてダメージを稼ぐことができる。
降臨ダンジョンでもこの先役立つ時があるでしょうね。
かなり汎用性は高いと思います。

攻城戦とレイドではスパイクは必要ありません。残念。

即戦力ではないが育てたら化ける

ただでさえ手に入りにくいセブンナイツだから、育てなきゃ弱いスパイクなんかいらないって思うかもしれない・・・。
でも最後まで育て切った時、スパイクはどのセブンナイツよりも強くなるんじゃないかと思っています。

だからスパイクが出たからガッカリするのでなく、むしろ喜んだ方が良いですよ!
育てるのは4体ぐらい揃ってからで良いでしょうけどね・・・w

コメントを残す