【上位を目指す深淵の塔解説】9~11階攻略│第11シーズン

深淵11シーズン9-11

9~11階もなかなかいじわるな条件でした。
8階と9階両方とも魔法パーティで行かなきゃいけなかったり、11階まで誠龍をとっておかなきゃいけなかったりで、おそらく3階まとめてやる方法を使っていないと禁止キャラに縛られて高速クリアは厳しかったんじゃないかなあ。

9階以降の中盤から終盤にかけては、しっかり育成されたSPキャラがいないと上位の維持は厳しくなってきます。
頻繁に使うSPキャラはジェイブ・テオ・リンですね、あとはエースや悟空もたまに使ったり。
深淵の塔が始まったばかりの頃は、SPキャラなんていなくてもランキング入賞が可能だったんですけどね・・・。

9階

深淵11-9

魔法型キャラを2体以上編成しなければいけないので、必然的に魔法パーティになります。
やろうと思えば物理パーティにすることもできるけど、そうしたところであまりメリットもないので魔法パで突っ込みました。

8階の時とは違って今回はダメージ量を増加してくれるカロンさんを連れて行けるので、難易度は8階よりもやさしい。
Wバックでも問題なく突破できました。

ただ、やっぱりアタッカーのルーン強化は必須だと思います。
リンとアリエルの魔法力ルーンはMAXにしてあるから一発でしっかり仕留められたけど、ルーンを振っていなかったらちょっと厳しかったかも。
また、武器拡張による強化とそれなりに強い武器も必要になってくるかと思います。

まあ中盤以降で使うアタッカーなんてほぼルーティーンなので、1回育成してしまえばこの先ずっと使えます。
リンはアリーナで使っている人が多いから育ててある人も多いでしょうが、可能ならばアリエルも強化しておくことをオススメします。

10階

深淵11-10

万能型キャラ2体編成ですが、ここで誠龍を使ってしまうと11階が厳しい。
情報を制する者が深淵を制す!
とはいえ、ラグナを持っている人にとっては楽勝だったでしょうね・・・w

動画内でも言った通り、ここで万能型で全体貫通攻撃スキルを持つキャラを使うのがベストでしょう。
次の11階の条件は攻撃型キャラを2体編成しなければならないので、テオをここで切る訳にはいかない。
必然的にエースとジェイブになるのだろうと思います。
もしくはカルマという選択肢もあるかもしれません。

ジェイブとエースも攻撃力ルーンはMAXにしてあります。
Wバックで一撃で落とせるまでの火力を出すには、やっぱりルーンが肝要なのでしょう。

ちなみにここは、エースを5番・ジェイブを4番に配置しておくべきでした。
理由は、3Roundのアリエルの攻撃に対してジェイブの反射ダメージを確実に入れるため。
まあ結果的には全く影響しなかったんですけどねw

11階

深淵11-11

鬼門。
関羽が大人しくしているかどうかで大幅にクリアタイムが変わります。
今回は運が良かった。

魔法パーティでいけるなら、2Roundでアリエルの4体攻撃を使ってわざと敵を残す等できるから、3Roundで先手を取りやすいのだけれど、今回は無理w
とはいえ、メイがバランス調整により自身のブロック率を40%上昇するようになったので、この方法をとってもブロック事故が起こる可能性は十分にあり得ます・・・。
まあもし関羽が陣頭指揮を使っても10数秒程度しか変わらないので、一応致命傷にはなりません。

バリスタの登場でアリーナでのテオの立場が危うくなってきたし、これを機会に深淵型テオに切り替えてみてはどうでしょう?
クリティカルをガン積みしたテオは本当に頼りになりますよ。

今シーズンは10以内で終わりたい!

今シーズンはこれでも調子が良い方です。
いつも何やかんやで大幅なロスをしていましたから・・・w
実況してるからいつもより集中できているのかも。

それではまた次回。

コメントを残す