四皇【リン】のスキル・使いどころを考察│セブンナイツ攻略

リン

ついに最後の四皇リンが実装されましたねー!
やー、待ちに待っていました!

思えば最初の四皇エースが登場したのは3月だったんですよねえ。
それから実に7ヵ月、もうそんなに経つのか・・・。

あの頃のセブンナイツはパーティに多様性があって楽しかった。
今はインフレが続いてしまって、どのパーティもテオテオテオ・・・。

どーせリンが実装されてもインフレの加速にしかならないんだろうと、あまり期待はしていません。
でもせめて、何かしら新しい要素があれば良いなあ。

使用スキル

rin

ひとつめは「龍光星河」。
敵4体に確定クリティカルの55%の魔法ダメージを2回与える。
追加でボジティブバフを削除する。

2回攻撃の部分は韓国版と同じでしたね。
呂布・アリエル・白晶・ノホなどのダメージ無効を削ることができる。

しかも確定クリティカルだから威力もかなり高い。
攻撃範囲が4体だから勇翔でも防げないし、かなり使い勝手の良いスキル。

さらにポジティブバフ削除があるから暴走状態を解除することができる。
まさに万能スキルって感じですねー。

一応解説を入れておくと、ポジティブバフというのは戦闘中に使用される能力アップ系バフ全般のことを指します。
例えばリナのダメージ量アップとか、ビクトリアの攻撃力・魔法力アップとかのことです。
まあ今は暴走状態ぐらいしか脅威的なものはありませんけどね。

一方で戦闘開始時に付与されるバフに関しては、ポジティブバフ削除では消し去ることができません。
アイリーンの攻撃力アップとか、呂布のダメージ無効とか、物理免疫とか全体攻撃免疫などのことですね。
免疫を剥がすにはターン制バフ減少スキルじゃないと効果はありません。

あと孫悟空の分身もポジティブバフ削除では消し去れません。
分身登場時に付与されるバフだから、免疫などと同じ扱いなんですかねぇ・・・。
この辺がポジティブバフ削除とターン制バフ減少の違いです。

ふたつめは「龍帝の審判」。
敵全体に貫通効果のある100%の魔法ダメージを与え、低い確率で2ターンの暗闇状態にする。
追加で敵の陣形をランダムで変更させる。

魔法攻撃の貫通スキルは孫悟空に続いてリンが2体目です。
物理の貫通スキルはたくさんあるけど、魔法の貫通スキルは全然ないんですよね。

貫通効果に関しても解説しておくと、攻撃対象のバフを全て無視してダメージを与えるということです。
免疫はもちろん、防御力アップとか受けるダメージ減少とか、そういったものまで無視してダメージを与えられるから大ダメージを期待できます。

つまりルディが守護領域を発動していたって普通にダメージを与えられるし、エスパーダやベリカや李靖で魔法ダメージを軽減していてもお構いなしにダメージを与えられる。
だから貫通スキルを持っているキャラが攻撃の要になっていく訳ですね。

暗闇効果については、確率は風燕の「散華剣」と同じだから結構期待できるでしょう。
暗闇にしてしまえば通常攻撃と反撃が出来なくなる上に、敵のスキルを無駄打ちさせることができるから、続けてこちらがスキルを発動できる機会が増える。
その点を考慮すると、暗闇の方が感電や気絶などで身動きを封じるよりも有利に戦闘を進めることができる場合もあります。

まあ恐らく、これからは暗闇をアクセで対策する流れになっていくでしょうけどね。
アリエルもこれから増えてくるだろうし。

そして最も注目すべきが陣形を強制的に変更させる効果!
全く新しい要素ですね。面白いと思います。

これはどうにも防ぎようがないので、対応していくしかないですね。
どのキャラが後列にいっても良いような感じでパーティを構築しておく必要があるでしょう。

具体的には、威力がそこそこで広範囲に攻撃ができるスキルを持つキャラを中心に編成していく。
欲を言えば貫通スキルを持っているキャラが良い。
まさしくリンとか呂布が候補に挙がるでしょうね。

逆にルディとか関羽などの防御型キャラが後ろに行ってしまうと悲惨・・・。
うーん、なんだか組み込めるキャラがより一層狭まったような気がしないでもない。
最初は面白いと思ったけど、一体どうなることやら・・・。

追記:(10月22日)
なんということか!陣形を変更させても陣形効果は変わらない仕様になるそうです。
つまり、戦闘開始時に後列にいたキャラは、陣形変更で前に引っ張り出しても攻撃力は上がったまま(当初の陣形の恩恵を受けたまま)。
これでは陣形変更のメリットが、後列にいるキャラを攻撃しやすくなるぐらいしかないんだよなぁ・・・。
今後再修正される気がします。

追記:(10月24日)
やっぱり再修正されましたね。変更後の陣形効果が適用される仕様になるようです。
そもそも不具合の内容というのが、「戦闘開始時の陣形効果と、陣形強制変更後の陣形効果が重複して適用されている」ということだったらしく・・・
日本語が不自由な運営がその旨を上手く説明できなくて、こんなことになったみたいです。
何にせよ、ルビー200個ウマー!!!

持続スキル

名称は「紅蓮の龍衣」。

攻撃を10回分無効にする。
敵が受けるダメージ量を30%増加させる。

10回も!?
って見た瞬間は思いましたが、これはどうやらダメージ判定をカウントするみたいですね。

例えばルリのクリティカル攻撃の時、「ドーン!ドーン!」って2回攻撃しますよね。
この場合は2回カウントするから、リンはあと8回攻撃を無効にできる・・・ってな感じです。

スキル攻撃に関しても同様で、例えばルリの「近距離射撃」の場合、ダメージ判定は5回なので5回分削れます。
でも「爆撃支援」の場合は1回分だけ。

一般的に、クリティカルで与えられるダメージ判定は最高で2回分、スキルでは最高5回分です。
今のところ6回分以上のダメージ判定を持つスキルは存在しません。

ただリンだけは例外で、4回のダメージ判定スキルを2回与えるので、合計で8回分のダメージ判定になります。
リンえげつねえ・・・笑

さらに例外を挙げれば、セインやスニッパーの追加攻撃が発動すれば、一発で10回分のダメージ判定を与えられます。
まあかなりの低確率だから実用性はないですが・・・。

しかしそう考えると、10回分のダメージ無効はそれほど脅威的ではないのかもしれません。
もちろん強いことに変わりはないけれど、攻撃回数が多いスキルを持つキャラを意識して編成しておけば、呂布よりも早く倒せることもあるでしょう。
まあ簡単なことではありませんが・・・。

あとおまけのようにダメージ30%増加の持続スキルを持っています。
これでもう風燕の時代は終わりでしょうね。
結局使う機会がないままに終わったな・・・。笑

最初の1体は絶対に確保!

最初の1体の出現率大幅アップはもはや恒例となりましたね。
本当にめちゃくちゃ出やすくなっているので、絶対に手に入れておくべきです!

目安は55連ぐらいですかね。
1000ルビーで出なければ運が悪い方になるんでしょう。

2体目以降も間違いなく出やすくなってはいるんだろうけど、深追いは禁物。
今回も例のごとくSPボードガチャでリンが追加されるでしょうから、そこもしっかり考えてルビーを使うべきだと思います。

SPボードガチャを全部開けるのに必要なルビー数は3900。
約4000ルビーでリン1体というのは一見かなり多いように思うけれども、よっぽど運が悪くない限りは大半を開ける前に出てきます。
大体3000ルビーぐらいかな?

3000ルビーで引ける11連ガチャは15回。
出やすいと言えども、15回で引けるかどうかはちょっと微妙なところ。
むしろ個人的には、SPボードガチャの方が確率は高いと思います。
というより、そっちのが確実。

しかしリンに関しては呂布みたいに数を揃えなくても十分使えるだろうし、ここでルビーをぶっこむ必要もないかもしれません。
期間は2週間あるし、とりあえず1体捕まえたら様子見ようかな。

コメントを残す