7/21追加キャラの白龍と武松は強いのか│セブンナイツ攻略

new-char9

ようやく新キャラ追加されましたねー!
呂布やクロエを除けば実に約1ヵ月ぶり。
待ったよー、待ちに待ったよー。

冒険も新ステージがやっと追加されて、物語が多少は進みそうです。
ストーリーも普通に面白いから、この先どうなるのかちょっと楽しみ。

さてさて、それでは毎回恒例の新キャラ考察やっていきましょう!
今回はどんな個性を持ったキャラが実装されたのか・・・。
いやー、ワクワクします。

白龍(パイロン)

Baeglyong

白龍は「戦場に吹き込む新たな風!」だそうです。
ほほぅ、何か面白いスキルを持っているのだろうか。
でもなんとなく見た目がジンと被りますねw

使用スキル

ひとつめは「閃光舞」。
最も攻撃力・魔法力が高い敵に200%の物理ダメージを与え、確率で石化状態にする。
石化状態が解けた時、140%の追加ダメージを与える。

これはなかなか面白いスキル!
敵パーティの主力キャラを石化状態にしてやることで敵の動きを封じられる。
その間にエースや風燕などの火力底上げキャラを倒すことで、有利に戦況を運ぶことができる。

石化状態は凍結状態と違って、回復スキルが石化状態でも適用されます。
つまり、凍結であれば「攻撃・回復」どちらも無効化されるけど、石化ならば「攻撃」だけを無効にして、回復は通常通り適用されます。

感電や気絶じゃない分、少々使いにくいと思うかもしれないけど・・・
石化はアクセなどで対策しづらいからこそ、価値があるんですよ。

さらに言えば石化状態ならばダメージが一切通らないので、早い段階でソルを石化にしてやれば暴走状態になるのを食い止めることができる。
周りの火力底上げキャラを倒した後に石化が解けたならば、ソルの火力はそこまで脅威ではなくなります。
ルディのバフ削除を使えばそれほど苦労せずに倒せるでしょう。

すなわち、白龍はソル対策としてある程度の価値はあるんじゃないかなーと思います。
戦闘開始後、敵のソル石化→周りの敵を倒す→ソル石化解除&暴走状態→ルディでバフ削除・・・
この流れがうまくハマれば、テンプレソルパーティには勝てるはず!
少なくとも、今の運ゲーよりかはマシだと思います。

ただ・・・悟空を石化してしまった時は逆に不利になる可能性も有り得ます・・・。

ふたつめは「幻影嵐」。
敵全体に80%の物理ダメージを与え、ポジティブバフを解除する。

ポジティブバフ削除っていう表現がなかなかに曖昧なんですよね。
私もまだ完全には把握できていませんが、まず免疫は剥がすことはできません。
物理免疫・魔法免疫・ダメージ免疫・状態異常免疫は削除できません。
呂布のダメージ無効バフも剥がすことはできません。
(最初は呂布も剥がせたけど、バグだったようで修正されました。)

一方エバンの閃空の盾やリナの行進曲など、使用スキルによって付与されたバフは漏れなく剥がせます。
ソルの暴走やクロエのゾンビ効果は剥がすことができます。

ただし、悟空の分身を消すことはできないようです・・・。
うーむむ、ややこしやー。

追記(7月22日)
運営からアナウンスがありました。
「ポジティブバフ」というのは、戦闘の途中から適用されるバフを指すそうです。
そしてゲーム開始時に適用される持続スキルなどの効果は削除できないとのこと。
しかし悟空の分身は少々特殊なようで、白龍のこのスキルでは剥がせません。

いやはや、呂布のダメージ無効を剥がせないとなると、普通に免疫を剥がせるターン制バフ削除スキルの方が使い勝手が良いですね。
現状3ターン以上のターン制バフをかけることができるキャラなんていないし。
2ターン削れれば全て事足りる。

うーん・・・白龍は完全にソルだけを意識したキャラなのだろうか。
というか、呂布のダメージ無効バフも剥がせるようにしておいて良かったのでは?

最初は白龍に期待していましたが、”新しい風”になれないかもしれませんね・・・。

持続スキル

名称は「伝説の復活」

物理免疫3ターン。
敵全体の防御力を40%減少

ちなみにユリも敵の防御力を40%減少させます。
ついでにエースは50%。

なぜ!!なぜエースとかぶる防御力減少なのか!
んー、エースを除いて白龍を入れるという選択肢もあるでしょうが・・・
耐久面に少々不安が残ります。
貫通攻撃一発で倒れてしまいそう。

まあエースを完凸できていない無課金・微課金勢にとっては、パーティの幅がグンと広がるけどね。
これ以上エースが強くなるよう上方修正がかかるとも思えないし・・・。
とりあえず即行で集めてソルにどれ程通用するか試してみたいところです。

武松(ブショウ)

Musong

武松は「レイド攻略最後の欠片」だそうな。
”最後”なのか。これ以上出ないってことで良いのか!笑

個人的には今はレイドキャラよりアリーナ寄りのキャラが欲しいです。

使用スキル

ひとつめは「双剣乱舞」。
敵単体に200%の確定クリティカルの物理ダメージを与える。

クールタイム80秒とけっこう短め。
まさしくレイド攻略スキルって感じです。

なんだか、特に言うことはありませんね。
どう考えても他のキャラより性能が劣っているし、本当にレイド特化って感じ。

ふたつめは「岩盤返し」。
敵3体に140%の物理ダメージを与え、追加で味方全体の防御力を30%上昇させる。

スキルを使用することで防御力が上がるというスキル。
30%というちょっと微妙な数字です。

これはアリーナでも使えるかなー、と一瞬思いましたが・・・
やっぱり安定しなさそう。
それに今はソル対策にルディを入れるのが流行ってますからね。
武松を出せる隙はないかな。

レイドの帝王として活躍することでしょう。
攻城戦ではジェイブの日なら組み込む余地がありそうです。

持続スキル

名称は「虎皮鎧」。

味方全体のクリティカル時のダメージ量を50%上昇させる。

クリティカル率ではなく、クリティカルダメージを上げてくれます。

50%も上げてくれるのはかなり強力ですね。
クリティカルが適用されるとダメージ1.5倍、さらにそれが1.5倍ってことは、1.75倍になるのかな?
いずれにしてもダメージ量が一気に上がるでしょうね。
セインやジークとかなり相性が良さそうです。

攻城戦に連れていけば時短に繋がるかもしれません。
耐久を少々犠牲にする変わりに火力をグンと上げて、一気にダメージを稼いで終了!みたいな。
今後追加されるボス戦でも、もしかしたら活躍できるかもしれません。

しかしアリーナではやっぱりキツイかなー。
まあでも活躍の場が明確な分マシですよね・・・笑

白龍はソル対策第一弾!

ようやくソル対策と言えるようなキャラが実装されたんじゃないでしょうか。
まあ白龍だけではソルを倒すことはできないんですけどね・・・。

でもソル一強だった環境から、一矢報いることができるような要素が取り入れられたことは価値があると思います。
せめてギルド戦でソルパーティ倒すマンとして活躍してくれることを祈る!

しかしそれでもまだまだソル優勢なことには変わりないですね。
アリーナ上位なんてソルばっかり。
パーティの多様性がなくて面白くない。

だからこそ新キャラ追加をバンバンして欲しい。
もっと色々なパーティが活躍できるようなバランス調整をして欲しいものです。
まあ課金キャラ一強になるのはソシャゲの宿命なのかもしれませんね。

とりあえず頑張って白龍集めてみます!
この日のために☆5雑魚キャラとトパーズを集めていたのでね・・・!
44連合成で3体ぐらい手に入らないかなぁ。

2 Responses to “7/21追加キャラの白龍と武松は強いのか│セブンナイツ攻略”

  1. 武松はクリティカル率増加ではなく、クリティカル時のダメージ量増加だと思います

    • コメントありがとうございます!
      本当ですね!見落としていました。
      修正させていただきます。
      ご指摘ありがとうございました!

コメントを残す