5/12追加キャラの風燕・祥衣は強いのか│セブンナイツ攻略

new-char7

久しぶりの新キャラ2体追加になりましたね!
四皇の孫悟空が治める領地のキャラのうちの2体なのでしょう。
衣装とか素の状態でかなりかっこいい。

この新キャラ2体は一週間限定だけどガチャからの排出率アップ。
今までそんなことしてなかった運営が・・・今回は異例ですね。

かなり性能が高いキャラだから、初心者の人にも早い段階で強くなってもらうための施策なのかな。
これからギルド戦も始まるし、勝てなくて辞めちゃう人も出てくるかもだし。

「だからこのキャラ引いて強くなってね!限界突破もしやすくしたよ!そしてルビー買ってね!!」

・・・みたいな。笑
まあそんなのどうでもいいや!
私はこれからのセブンナイツにすごくワクワクしていますよ!

風燕(ふうえん)

pungyeon

正統派剣士って感じですねー!かっこいい!
魔法型ってところも面白い!

使用スキル

ひとつめは「舞穿剣」。
敵単体に600%魔法ダメージを与える。

エスパーダの「神の審判」が500%の魔法ダメージ。
だから現段階で最高火力の魔法攻撃スキルです!
ただしクールタイムは150秒なので、エスパーダよりも30秒長い。

ベリカかエスパーダを編成していれば魔法攻撃は半減になるから、これくらいの威力が調度良いんですよね。
でも対策していても300%のダメージか・・・。
数字は他のどんなキャラよりも大きいですね。

いくら対策していても、これにクリティカルが入ったら致命傷になりそう。
対策していなかったら即死でしょうね。
魔法免疫が活躍する時がそろそろやって来そうです・・・!!

そしてこのスキルによって、降臨ダンジョン「悪霊のアクセ」の周回がやりやすくなりました。
エスパーダと風燕のダブル高火力魔法攻撃で、回復しまくるナミを一撃で倒す機会が増えますからね。

ふたつめは「散華剣」。
敵全体に85%の魔法ダメージを与え、確率で暗闇状態にする。

コラボキャラのノエルの「ヴァルキリーベイル」と全く同じ性能です。
ダメージを与えるというより、暗闇状態にするのが目的。

んー、暗闇全体攻撃はノエルの一番の役割だったんですけどね。
これだと風燕で事足りるようになってしまいそうです。

暗闇状態になると、通常攻撃・追加攻撃・反撃ができなくなります。
スキル発動はできるけど、MISSするようになってダメージを与えられなくなる。
MISSの確率はだいたい50%ぐらいだと思います。

気絶・感電・麻痺と違って完全に敵の動きを封じられないけど、スキルを無駄打ちさせることができるのが暗闇の強み。
敵がスキルを発動している間にこっちのスキルクールタイムを回復できるから、こっちのスキル発動機会を増やすことができる。

ただし敵スキルの状態異常は適用されるから、こっちが気絶や感電にさせられたら攻撃できなくなっちゃう。
ここが弱点と言えますが、そんな気にする程ではないですね。

持続スキル

名称は「剣の結界」。

敵全体が受けるダメージ量を40%増加させる。
倒れた時にHP70%で復活する。

アラゴンの持続スキル+復活とか強すぎ!
物理特化パーティはアラゴン、魔法特化パーティは風燕って感じですね。

アラゴンは免疫とかなくて打たれ弱いから、早めに始末してしまえば敵の戦力を大幅に下げることができたけど・・・
風燕は復活してくるからなかなか倒せない。
しかもHP70%って、ちょっとやり過ぎじゃない?笑
まあでも風燕は魔法型だから防御力は低めだし、バランス取れてるのかな。

使用スキルについては・・・
アラゴンは敵3体に高火力の貫通攻撃&気絶効果のスキル。
そてに対して風燕は、敵全体暗闇効果と、敵一体に致命傷を与える超火力スキル。
風燕は魔法攻撃だから、対象が魔法免疫でない限りは確実にダメージを与えられる。

強い・・・強いですね。
これはアリーナ常連になること間違いなしです。

祥衣(しょうい)

soi

鷹を使うアーチャー。
鷹もかぜおこしで攻撃します。

使用スキル

ひとつめは「心臓狙い」。
敵単体に180%の物理ダメージを与え、最大HPの35%分の追加物理ダメージを与える。

貫通がないのがちょっと辛いかなー・・・って感じですね。
追加ダメージも物理ダメージで計算されるから、物理免疫が相手だと全くダメージを与えられません。

ただ、最大HP依存の追加ダメージが最も効果的な敵って、ルディ・エバン・エレニアなどの防御型キャラなんですよね。
最大HPが桁違いに高いから、当然この追加ダメージの量も多くなる。

普通に攻撃してたらなかなかダメージを与えられないけど、このスキルなら体力をごっそり持っていけます。
免疫も持っていないから、間違いなくダメージは与えられる。
だから耐久型パーティが相手なら、ある程度は活かせるんじゃないかと思います。

ただし、防御スキルを発動している最中だと防がれちゃいますね。
エレニアは挑発してくれるから恰好の的だけど、エバンの反射は怖い・・・。

ふたつめは「鷹飛び」。
敵3体に確定クリティカルの130%の物理ダメージを与える。

ジークやエースの確定クリティカルスキルのように、祥衣のこのスキルも敵のブロックを貫通して100%クリティカルダメージを叩き込むことができます。
例え敵のブロック率が100%であっても、1.5倍のクリティカルダメージを与えられる。

ただしエスパーダとラムレザルの2体は全ての攻撃にブロックを適用するスキルを持っているので例外。
確定クリティカルと確定ブロックは相殺されて、通常ダメージが入るようになります。

このスキルこそ、貫通効果を入れてあげても良かったんじゃないかなーって思うんですけどね。
物理免疫キャラがひしめく物理高火力パーティが相手だと、全くダメージを与えられません。

それに130%にクリティカルが適用されたところで、そこまで大ダメージは与えられないと思う。
防御陣形の後列に配置して攻撃力を100%上昇させてあげればなかなかの火力は出るだろうけど、貫通攻撃がないとそれはできませんからね。

ただもしブロック不可ならば、耐久型パーティの嫌らしいブロックを無視できて、かつ複数攻撃できるのはかなり強いかもしれません。
敵の支援型キャラに安定的にダメージを与えられれば、耐久型パーティなんて恐るるに足りません!

持続スキル

名称は「偵察」。

暗闇免疫を3ターン付与する。
敵の反撃率を50%減少させる。

暗闇免疫と反撃率減少!どっちも新しい!

アリーナでは、暗闇はまだしも敵の反撃がそこまで気になることって無いんですよね。
物理特化のパーティが多くて物理免疫のキャラも多いから、敵に反撃されても免疫でダメージを無効にすることが多かったからでしょう。
それにレイチェルがいない限り反撃率なんて上がらないから、レイチェル無しでは反撃なんてあまり発生しない。

ただ、これから魔法特化パーティが増えてくるとなると役立つ場面があるかもしれない。
魔法で反撃されると痛手になることってけっこうありますからねー。

暗闇免疫ですが、アリーナで暗闇を防ぐために祥衣を連れて行くことはほぼ無いでしょう。
感電を防ぐためにビクトリア、気絶を防ぐためにジークを連れて行かないのと同じです。
降臨ダンジョンで必要になるくらいかな。

アタリとかハズレとかない!

風燕と祥衣の性能差は歴然としていますが、それぞれに活躍の場はあるんですよ。

風燕はパーティの火力底上げ、特に魔法特化パーティに最適。
祥衣は耐久型パーティ対策と降臨ダンジョンで使える。

使いやすさとか、所持キャラの兼ね合いとか、パーティ相性とかあるけれど、ハズレキャラっていうのはいないと思ってます。
だから風燕が出たらアタリ、祥衣が出たらハズレってことはありません。

基本的に☆6まで育つキャラは、どこかで必要になる場面がある。
だから安易に売ったり合成したりするのは、個人的には勿体無いなーと感じてます。

それにアクセサリーもこれからどんどん増えていくはず。
アクセサリーの組み合わせによって化けるキャラも次々に出てくると思いますよ。
攻撃に貫通効果が適用されるアクセサリーなんて出たら、祥衣は絶対に強くなります。

それまで全く出番が無いとしても早々に見切ってしまわずに、倉庫で温めてあげましょう!

4 Responses to “5/12追加キャラの風燕・祥衣は強いのか│セブンナイツ攻略”

    • コメントありがとうございます。
      見ました!!
      完全にタイムアップ勝利狙いの構成でしたねー。
      嫌われていそうですw

コメントを残す