【4/28新SPキャラ】カイルの性能考察

カイル

実装ペース早過ぎ!!
・・・でも配布してくれたから許しちゃう!笑

やー、1体は完全配布で2体は実績報酬なんてすごい太っ腹ですね。
なんとなく裏があるような気がしないでもないですが、やっぱり素直に嬉しい。

カイルが悟空対策になるんじゃないかと思われていましたが、実際どうなのか。
ワクワクしますね~!早速考察していきましょう!

カイル

カイル

声めっちゃかっこいい。
スキル演出もしびれるぐらいかっこいい。
すごく使いたくなります。

そしてなんと、敏捷値が33!
これまでは32が最高値でしたが、カイルの登場により最高敏捷が更新されました。
先手必勝のバリスタにとってはこれだけでもちょっと辛いかも。

使用スキル

「鉄鎖暴圧」(CT80秒・HIT数3×2)

敵4体に確定クリティカルで貫通の75%の物理ダメージを2回与える。
追加で防御無視が適用される。

防御無視とは、対象の防御力を半減してダメージ計算を行うことです。
ダメージ量が跳ね上がるからとっても強力。

貫通&確定クリティカル&防御無視&2HITと言えば、デロンズの「死の一撃」が思い浮かびますね。
75×2の合計150%とはいえ、これが4体に当たるのだからとんでもない。
やばいくらい強いと思います。

2HITだから複数免疫を持つキャラにも刺さるし、確定クリティカルだからエバンのクリ率減少の影響も受けない。
リュウの確定ブロックを相殺できるからリュウにもいい感じにダメージを与えられるし、貫通だからカルマの免疫はもちろん、エバンの50%ダメージカットも無視してダメージを通せます。
さらにリュウの「電刃波動拳」によるダメージ無効効果を突破するのにも効果的。

とにかく使い勝手が良い。めっちゃ良い。強い。やばい。
アリーナではもちろん、深淵でも大活躍でしょうね。
クールタイムが80秒というのもかなりポイント高いよコレー!
深淵をガチっている身としては喉から手が出る程欲しい・・・。

「螺旋枷鎖」(CT80秒・HIT数3×2)

敵4体に80%の物理ダメージを2回与える。
追加で対象の最大HPの30%分の追加物理ダメージを与える。

こっちもなかなかにえげつない火力。
覚醒防具を付けたキャラならアリーナ補正を加えてもHPは7,000弱あったりするので、その30%分のダメージは大体2,100くらい。
そこに160%の物理ダメージをぶち込んでくる訳だから、3,000ダメージくらいは乗りそう。
すごい破壊力。

ただ、バフ減少が無いのがちょっと辛いかも。
このスキル構成だとアタッカーとして使うのが前提なので、他のキャラでバフ削除できるキャラを編成していく必要がありそうです。
まあアイリーン・カルマ・エバンあたりを入れておけば事足りる気もしますが・・・。

どうやら猿ピンポイトのスキル性能を持っている訳ではなさそうですね。
どちらかといえば前衛の敵キャラを一気に蹴散らしていくって感じかな。
厄介な持続スキルを持つキャラを手早く始末して圧勝するスタイル・・・。
なんだかブラロ時代を思い出しますねw

持続スキル

【双剣乱舞】

複数免疫12回分(ダメージ判定)。
3回行動(スキル発動・通常攻撃・追加攻撃・反撃)する度に敵全体に100%の追加物理貫通ダメージを与える。

まさにバリスタの上位互換といった感じ。
追加攻撃が敵全体でかつ貫通ダメージなのがかなり魅力的。

しかも複数免疫が12回分もあるから簡単にはやられない。
カイルワンバックで編成すれば当然攻撃も当たりにくいので、暴走復活よりもずっと手強そう。
何度もダメージを防げる分反撃の機会が増えるから、追加全体貫通攻撃が発生することも多い。
しかもスキルが2つあるから、バリスタよりもバンバン打ち込めそう・・・使ってて気持ち良いだろうな。

うーん、こうなってくるとバリスタはお役御免かなぁ・・・。
まあ登場してすぐからここまでずっと活躍してたし、よくやってくれたと思います。

もしバリスタがいなくなるとすると・・・テオが復活する可能性もあるかもしれません。
でも覚醒エバンとリュウのバフ減少スキルは暴走殺しだから、やっぱりキツイかな?

とはいえ、猿一強の時代はカイルの登場で終わりそうですね。
もちろん猿が全く使えないということもないから、猿に使った増幅ルーンは無駄にはならない。
なかなかバランスの取れた性能なんじゃないでしょうか。

使ってみたいと思わせるような性能

ということで、恒例の新キャラ考察でした~!
いやほんと、使ってて楽しそうなスキル内容!
めちゃくちゃ魅力を感じます。

ガチャからの最初の1体は例の如く大幅排出率UPとのことなので、とりあえず1体は確保しておいた方が良いと思います。
もちろん2体目以降は闇が深いのもお約束。
とりあえず様子を見て、2枚目が引けそうなら引きに行こうかなぁ。

それではまた次回。

コメントを残す