【さんごく理論を超える!?】攻城戦上級Wカルマ式の紹介

カルマ攻城戦

『カルマが攻城戦で使える』と風の噂で聞きました。
ふむ、おそらく固定ダメージスキルを使って稼ぐんだろなぁ、でもそれだと反射ダメがえぐそうだよなぁ・・・。
と思いつつ、さんごくも実際にカルマを使って色々と試してみました。

あれやこれやと試行錯誤を繰り返した末に出た結論、それは・・・

さんごく理論よりも手軽で簡単。
しかもスコアも稼げちゃう♪

という、とっても素晴らしい攻略方法でありました・・・。
ここ最近ちょこっとだけ流行ったさんごく理論ですが、もう終わりを迎えることになりそうですw
くそぅ!負けたぁー!!

なので今回は、カルマを使った攻城戦上級攻略方法・・・Wカルマ式とでも言うのでしょうか?
これを紹介しようと思います。

一応ルディ戦のWカルマ式攻略動画を撮ってみたので、どんな感じか知りたい方はまず見てみて下さい。

Wカルマ式基本パーティはこれだ!!

Wカルマ式パーティ例

Wカルマ式というだけあって、自前カルマは当然入ります。
お決まりのエレニアも、Wカルマ式で使います。

そしてナタ。
Wカルマ式のナタは低レベルでOK。
ナタとフレカルマを交代して、2体のカルマを運用するからWカルマ。
なのでナタが高レベルだとちょっと扱いにくい。

回復役はアリスで。
後列に置くことで魔法力を高めてやり、ルークの槍投げのダメージ一発分をカバーできるようにしておきます。
蘇生スキルもあるから使い勝手も良いし、何よりスキル演出が長いのがGOOD!
カリンは・・・もう、いらないんや。

追記:(1月19日)
バランス調整によりカロンが強化されました。
織姫の代わりになり得る性能を手に入れたので、織姫を持っていない人はカロンワンバックが良いでしょう。

空いている枠は免疫キャラかバン。
曜日によっては織姫もアリかも?試す価値アリ。
・・・レイチェルも、もういらないんや。

追記(1月17日):
実際にWカルマ式でやってみたところ、ハイスコアを目指すなら織姫ということがわかりました!

織姫を入れた場合のパーティ例はこちら↓

Wカルマ式パーティ例2

アリスじゃなくて織姫ワンバックで運用していきます。
他は特に変わりありません。
空いている枠には免疫キャラかバン。
フレカルマもナタと交代で召喚します。

ただこのパーティだと蘇生が使えないから、ナタが1戦目で倒れてしまうとその時点で終了。
簡単には倒れないくらいには育っている方が良いでしょう。
逆に育ち過ぎていると2戦目のアラゴンのスキルで吹っ飛ばされなくなるので、色々と調整してやる必要があります。

それじゃあ各キャラについて解説していきますね。

カルマ

カルマ

ポイントゲッター。
全体1,500固定ダメージを駆使して、毎スキル発動毎に4,500ポイント稼いでいきます。
スキルカットインが入るからクールタイム回復の時間も稼げるし、スキルループが切れるのを防ぐのにも役立ちます。

しかもフレカルマ召喚しての2体稼働ですからね・・・。
ターン経過を防ぐのが重要な攻城戦上級おいて、まさしくドンピシャな存在です。

最初に懸念していた反射ダメージについてですが、意外と小さく抑えられるので問題ありませんでした。
内部でどういう計算式が組まれているのかよくわかりませんが、1回のスキル発動で1,484×2の合計2,968ダメージを反射してきます。
なので、少なくともカルマのHPが3,000以上あれば耐えることができます。

しかしHPが3,000近くだと、2戦目でアラゴンの攻撃スキルをクリティカルでくらった時に吹っ飛ばされる危険性があります。
その時はあせらずアリスで蘇生すればリカバリーできますが・・・。
カルマのHPと防御力は多いに越したことはありません。

もう一方のスキルは全くダメージソースにはなりませんが、時間を稼ぐのには丁度良いスキルです。
手が空いたらとりあえず発動しておくってくらいの意識で大丈夫。

装備については、防具は迷わずHPで。
HPを3,000以上にするには、防具解放してHPアップ防具を2つ付けるのが一番手っ取り早いですね。
もちろんルーン強化でも結構です。

フレカルマについては、HPが4,000程度あった方が良さそうです。
フレンド召喚されたキャラは元のステータスの約8割程度に弱体化されてしまうので、HPが3,000を上回っていても反射ダメージで倒れてしまう可能性があります。

武器は敏捷が良いと思ってましたが・・・実際は何でもOK。
カルマのスキルカットイン演出のおかげでクールタイム回復に大分余裕があるので、わざわざ追加攻撃を発生させる必要性があまりありませんでした。

ただ一応、カルマの敏捷をパーティ内で最高値にしておいた方が運用は楽になります。
理由はまた後ほど詳しく説明しますね。
ちなみにフレンドのカルマの敏捷値はいくつでも構いません。
もちろん追加攻撃を考えるなら早い方が良いですが・・・。

エレニア

エレニア

Wカルマ式でも大活躍のエレニア。
運用方法はさんごく理論とほぼ同じ。
敵の攻撃に確実に反撃を入れてスキルループの橋渡し役を担います。

ただし!
今回はレイチェルがいないので、エレニア自身で反撃率を100%までもっていく必要があります。
そのために必要なのは・・・

  • 反撃防具2つ(合計60%以上)
  • 反撃宝石(20%)
  • 反撃率アップの高級復讐イヤリング(20%)

これら全てを揃えてやっと反撃率100%のエレニアの完成。
ここはさんごく理論よりも敷居が高いかもですね。

HPについては、ルークの槍投げを2発余裕を持って耐えられれば大丈夫。
そのためには体力と防御力をルーンで強化してやる必要があります。
最低限の目安は、HP:1,000&防御力:150くらいかな。(防具にもよる)

ただしこれだけだと、槍投げに弱点攻撃が発生すると一気に辛くなってしまいます。
堅ければ堅い程安定するので、マルチを頑張ってルーンを集めましょう!

実数値がHP:5,000、防御力が1,500ぐらいになるとかなり安定しました。
(防具・宝石・ルーン強化すべて込)

カルマの持続スキルのおかげで槍投げと敵セブンナイツの全体攻撃スキルしかダメージは通らないので、体力管理は楽にできると思います。
基本的には回復スキルのクールタイムが完了する度にしっかり回復してやればOK。

武器は敏捷が良いですが・・・
パーティ内で1番遅くしておいた方が運用が楽になります。
Wカルマ式ではあまりエレニアの攻撃機会がないので、敏捷にこだわる必要はないかもしれません。

エレニアの配置はやっぱり3番がベスト!
爆炎獄が100%当たる位置なので、確実に反撃を入れることができます♪

ナタ

ナタ

3体攻撃免疫を張るだけがお仕事。
固定ダメージでスコアを稼ぐので、ルークの防御バフを剥がす必要がありません。
ナタからフレカルマを召喚するのが基本になります。

フレカルマにも状態異常免疫を付与するために、2戦目の時点でナタとフレカルマを交代させなければなりません。
織姫パーティでハイスコアを目指すなら、上手いこと体力を調整して1戦目でやられず2戦目でやられるよう運用する必要があります。

そうすると当然、ナタは3戦目に連れて行かないことになるので、3体攻撃免疫を一切消費することなくそのまま3戦目まで引き継いでいかねばならなくなります。
反撃率100%エレニアがいれば基本的にずーっとスキルループは続くので、その心配はありませんが・・・。
チャンスラー2体を始末してアラゴンだけが残った時、ターンを消費してしまうことが多々あります。
上手くクールタイムを調整すればターンを消費せずに突破できますが・・・
これがなかなか難しいんですよね。

そこで、カルマの敏捷値をパーティ内で最高にしておくのです!
カルマは自前で3ターンの全ダメージ免疫を持っているので、ナタの3体攻撃免疫がなくともチャンスラーの爆炎獄は防ぐことができます。
すなわち、カルマに関してはターンが消費されても全く問題が無い訳です。

カルマが一番最初に通常攻撃を行うようにしておけば、それだけで1ターンの猶予を作ることができる!
それだけでも2戦目突破がかなり楽になるので、可能ならば敏捷を調整しておくと良いでしょう。

配置は4番がベター!
アラゴンの3体攻撃スキルが3番の次に当たりやすいので、カルマとの交代が比較的楽にできるハズ!

アリス

アリス

安定型Wカルマ式の回復役。
必ずしもアリスである必要性はありませんが、スキル演出の長さや使い勝手の良さなどを考えるとアリスが無難でしょう。

アリスワンバックで配置することで、魔法力を上げると共に回復量も大幅に増加させます。
これにより槍投げをくらったエレニアの体力を一度の回復でカバーするようにします。
同時に反射ダメーシが蓄積したカルマの体力も回復できるよう、タイミングを見計らいながら使用すると良いでしょう。

ただ、さすがにルーンによる魔法力強化は必須。
装備や宝石にもよりますが、大体300近くは魔法力を上げてやる必要はあります。
実数値でいうと約1,900で安定しました。

武器は何でも良いです。
なるべく強いのを付けてあげましょう。
防具はHPで。

織姫

織姫

ハイスコア型Wカルマ式なら織姫で。
エレニアとカルマの体力を回復しつつ、クールタイム短縮スキルでカルマの稼働率をグッと引き上げます。
蘇生スキルを使えないので事故が発生した時にリカバリーができなくなりますが、ハイスコアのためなら仕方ないよね・・・。

アリスと同じくルーンによる魔法力強化は必須。
まあ織姫はマルチでも使うし、ルーンをぶっこんでも損はない・・・と思う。

武器も同様に何でも良いですが、攻撃スキルの後の追加攻撃を期待するなら敏捷が良いと思います。
まあWカルマ式ではクールタイム回復の時間稼ぎはあまり気にしなくても良いですが・・・
ルディ戦では織姫の追加攻撃が鍵になるかもしれませんね。
防具はHPで。

状態異常免疫キャラについて

先述の通り、前列の空いている枠には状態異常免疫キャラを入れます。
Wカルマ式ではナタとフレカルマを入れ替えるため、免疫キャラは最後まで使い続けます。

カロン

 

カロン

1/19のバランス調整により、カロンが大幅に強化されました。
気絶免疫+回復&クールタイム短縮という超重要な役割を担います。
まさしく織姫の代わりになり得る性能。

月曜日ルディ戦は言わずもがな、織姫を持っていない人にとっては救世主的存在。
毎曜日カロンワンバックでカルマを効率的にブンブンさせましょう♪

ビクトリア

Victoria

感電免疫を持つキャラはビクトリアだけなのでやむを得ない。
免疫を張る以外に何もすることはありませんw

と思いきや、実はビクトリアにはもうひとつ重要なお仕事があります!
それは・・・アイリーンの全体攻撃を受けて倒れること。

さんごく理論の『蘇生によるターン数かさ増しテクニック』をここで使います。
ビクトリアが倒されるたびにアリスで蘇生してあげましょう。
一度倒れれば3体攻撃免疫が剥がれるので、チャンスラーの爆炎獄でも倒れるようになります。

レベルは当然1で!
・・・しかしそれだと、2戦目のアラゴンのスキルで吹っ飛ばされてしまうので、ナタからのフレカルマ召喚に少々手間取るかもしれません。
その辺はまぁ、気合ですね。笑

追記:(1月17日)
『蘇生によるターンかさ増しテクニック』を使わずともターン数には大分余裕がありました。
なのでわざわざ低レベルの免疫キャラを連れて行って蘇生を繰り返す意味は薄いと思います。

織姫を連れてハイスコアを目指すなら、むしろある程度育った免疫キャラが必要です。

ユイ

ユイ

デロンズ戦で沈黙免疫を張るために。
回復もできるので、レベルが高いのならカロンのように回復役としてそのまま運用できます。

アリスに沈黙耐性リングを装備させれば、ユイを連れて行く必要性はなくなります。
デロンズが沈黙スキルを使うたびに回復すれば良いだけなので・・・。

しかしこの方法だと回復のタイミングが制限されてしまうため、事故の確率がグッと高まってしまいます。
なのであまりオススメはしません。

ただ、バンを連れて行ってエレニアの防御力を上げてやれば、体力管理にそれほど苦労はしないかもしれません。
それにエレニアをルーンで強化しておけば、バンの防御力アップと合わせて槍投げ2発は耐えれるようになるハズです。

この辺は色々選択肢があるので、お好みでって感じですね。

バン

バン

土日の両方で使える便利キャラ。
他にもレイチェル戦、ジェイブ戦、条件付きでデロンズ戦でも使えます。

バンも固定ダメージスキルを持っているので、スコアに貢献することができます。
吸血スキルなので反射ダメージの影響も受けないし、カットインも入るからクールタイム回復の時間稼ぎにもなるし、ハイスコアを目指すならバンは必須になるでしょうね。
防御力を50%もアップさせるスキルも超強力で、エレニア耐久力を大幅に引き上げてくれる。
可能ならば連れて行きたいキャラNO.1です。

これからはWカルマ式が主流かな

以上!Wカルマ式の解説でしたー!

どうですか?さんごく理論なんかより簡単そうでしょ?笑
それでいて時間もかからないし15万以上稼げちゃうんだから凄いよね。

また運営に修正されないことを祈りますw
カルマの固定ダメージスキルに対する反射ダメージ量がいじられてしまうと、この方法はできなくなっちゃいますからね・・・。
正直さんごく理論は毎日やるのめんどくさいから、Wカルマ式で続けていきたいです。

しかし反撃率100%のエレニアを作るのがちょっと難しいかもしれませんね。
特にイヤリング系は手に入る機会が少ないですからね~。
持っていない人もいることかと思います。

一応80%とかでも機能はするだろうから、そこで妥協してもスコアは稼げると思いますよ。
是非一度試してみて下さい♪

コメントを残す