【攻城戦上級】デロンズ戦解説│さんごく理論

デロンズ戦3wave

今日は木曜日、デロンズ戦について。
1戦目と2戦目が特にだるい上に、デロンズの攻撃力が高いのが辛い。
ハイスコアを狙う場合、デロンズ戦はルディ戦の次に難易度が高いと思います。

さんごく理論の基本的な立ち回りについては↓の記事参照。
【攻城戦上級】11万点以上安定!?巷で噂のさんごく理論を紹介!!

デロンズの『死の一撃』がけっこう重たいので、アイリーン戦よりもエレニアの体力管理が厳しくなってきます。
ルーンで体力をある程度強化したり緑や青の宝石を付けるなどして、少しでも耐久力を付けてあげましょう。

デロンズ戦の動画も撮りました。
かったるい1戦目と2戦目はもちろん5倍速。
3戦目は3:20くらいから始まります。

デロンズ戦パーティ例

デロンズ戦パテ例1

基本形はコレ。
ナタ・カリン・エレニアは必須キャラ。
アリスはフレイチェルの沈黙を解除するため。
ユイは沈黙免疫要員。

正直なところ、このパーティはオススメできません。
まず第一に、1戦目の突破にものすごく時間がかかってしまいます。
そして第二に、上手いこと3戦目に行ったところでそれほどスコアを稼げません。
時間をかけてもハイスコアが取れないとか最悪ですよねw

だからさんごくのオススメ編成は↓です。

デロンズ戦パテ例2

ユイ→バンに変わりました。
アリスに沈黙耐性リングを付けてやることで沈黙対策をします。
方法は簡単で、デロンズが『死神の降臨』を使用する度にアリスで回復するだけ。
沈黙状態になってもエレニアの反撃は問題なく発動するので、ループが途切れることはありません。

ただしこのパーティだと、1戦目は簡単に突破できても2戦目が安定しない。
織姫なしのバンワンバックだと、3ターン以内にチャンスラー2体を始末できないリスクが高まります。
8割方は無事に突破できますが・・・
1回やり直すだけでもけっこう時間がかかるから嫌ですよねぇ。

でもバンのおかげでエレニアの防御力も上がるし、現段階では最も効率的なパーティだと思います。
織姫が居ない分スコアは伸びませんが、11万は十分狙えるハズ。
バンがいないのなら武松でも代用可能。

ハイスコアを目指すなら↓のパーティ。
動画ではこのパーティ構成で臨んでいます。

デロンズ戦パテ例3

フレイチェルに沈黙耐性リングがある場合のパーティ。
織姫を連れて行けるようになるから、スコアをググッと伸ばすことができる。

これでようやく15万が射程圏内になります。
沈黙免疫を持つキャラが他に出てくれればもっと楽になるんですけどね・・・。

それじゃあちょっと長くなりましたが、各戦闘の解説をしていきます。

第1戦目

デロンズ戦1wave

やることは同じです。
殴るだけ。

気を付けることも毎日同じなので省略します。
とにかく安定行動をしてれば大丈夫。

2戦目に向けての準備も同じ感じ。

  • バンを連れている場合、バンの固定ダメージスキルをすぐに使えるようにしておく
  • ユイを連れている場合、カリンの蘇生スキルによるダメージ無効効果を消しておく

ユイのダメージ無効効果を消すのはなかなかに骨が折れます。
さんごくもよく失敗してますw
現に動画では残したまま2戦目に行ってますからね。

まあそれでもなんとかなったりするものなので、出来ればやるって意識で良いと思います。

第2戦目

デロンズ戦2wave

ユイを倒してくれることをただただ祈ります。
他の免疫キャラと違って攻撃技を持たないユイは、ひたすら攻撃されることを待つ他ありません。
パターンは2通りだけ。

  1. ユイの通常攻撃に反撃をもらう
  2. アラゴンの『一斉砲撃』をもらう

チャンスが少ないので、かなり運が絡んできます。
3ターン経過するまでに倒してくれればあとはフレイチェルでなんとかできますが、それまでがとにかくだるい。
もちろん一切攻撃されぬまま3ターン過ぎることも・・・。
もうやり直したくないよ!

運良くレイチェルが召喚できたら、あとは他の曜日と要領は同じ。
ループを続けながらカイザーフェニックスを連発して、チャンスラーとアラゴンの体力を同時に削っていきます。
フレイチェルは一度倒れることができれば攻撃力が跳ね上がるので、爆炎獄がレイチェルに当たるのを待つのも良いでしょう。
ただしあまり時間をかけ過ぎると、タイムリミットの40分が近づいてくるので注意!

上手く事が運んだら、喜びと緊張を胸に3戦目に進みましょう。

第3戦目

デロンズ戦3wave

ここまで来たらやることは変わりません。
が、デロンズの火力が高めなのでいつもよりエレニアの体力に気を配りましょう。
アイリーン戦と同じように、攻撃よりも回復を優先するくらいで丁度良いぐらいです。

バンを連れている場合は防御力アップスキルを使えるので、体力管理にだいぶ余裕ができます。
その場合は攻撃を優先して問題ないでしょう。

沈黙耐性リング付きのアリスを連れている場合は、デロンズが『死神の降臨』を使用する度に回復スキルを使用しましょう。
デロンズのスキルの直後に使用しないと、クールタイム回復が間に合わなくなる恐れがあります。

またレイチェルを蘇生した後は、このデロンズの『死神の降臨』によってダメージ無効効果を消して貰ってからでないと死に切れずに生き残ってしまいます。
裸レイチェルならばそこは気にする必要はないんだけど・・・
自害・回復・蘇生、それぞれのタイミングを考えながらスキル回しを行う必要があります。
特にデロンズ戦はこの辺がすごく複雑で難しい。

織姫を連れている場合は、『孤天斬盾』によるクールタイム短縮スキルを無理して使わない方が良いかもしれません。
反射ダメージで織姫の体力が削られてしまうと、ますますエレニアの体力管理が難しくなることがあります。
レイチェルの自害→蘇生のタイミングを早めるにはクールタイム短縮スキルは必須だけど、あえて1ターン進ませるくらいの気持ちの方が、デロンズ戦では丁度良いと思います。

少々リスクが伴いますが、ルークの『防御準備』発動中に『孤天斬盾』を使って反射ダメージを防ぐというのもひとつの手です。
しかし運が悪いと、次の『防御準備』発動時にナタのバフ削除が間に合わなくなって泥沼にはまることも・・・。
諸刃の剣ではありますが、それでも有効な手段のひとつです。
織姫の体力が危うくなりそうな時は一考の余地アリなので、選択肢として意識してみてください。

デロンズ戦は難しい!

以上、デロンズ戦についてでした。

個人的には、デロンズ戦に関しては11万以上で十分だと思います。
15万以上を狙おうとすると次々と厳しい場面に遭遇するし、やり直す時間がハッキリ言ってもったいないw
バンと免疫耐性リング付きのアリスを連れて行って普通に11万狙う方が、時間効率的にも精神的にも良いですよ。

沈黙免疫キャラが他に出てきてくれればもっと簡単になりそうですけどね。
あまり出る気配はしないけど・・・期待して待つとします。

コメントを残す