コラボキャラのカイ・ラムレザル・ソル・蔵土縁紗夢・ジャックオーの性能考察

collabo-char2

コラボ第二弾きましたねー!きましたねー!

・・・しかし、無課金・微課金勢には基本有料コンテンツのコラボキャラなんて縁遠いもの。
そんな私もコラボイベントには期待はしていませんでした・・・。
あまりにも高性能なキャラが追加されてしまってはアリーナ環境の変化に付いていけなくなってしまう。

やー、課金を煽るコラボキャラなら一般キャラよりも強くなきゃいけないのはわかるけど・・・。
ぶっ壊れ性能だけは勘弁してくれよ・・・!!
と思いながら蓋を開けてみれば。

いやちょっと強すぎでしょ。これは欲しい・・・!!

しかもコラボキャラを手に入れるのにルビー300個必要ときた。
当然40レベルまで限界突破しなければ使い物にならないので、最低でも6体は必要。
装備拡張分まで考えるのなら追加で2体。
さらにアクセサリー拡張を考えるならもう1体。
もっと考えるなら、限界突破の上限は今後引き上げられるからまだまだ数は必要になる・・・。

当然その時にコラボキャラ再販の可能性はあるでしょうが、こんなのなかなか手が出ませんよね。
狙っているコラボキャラがガチャで出るかも完全に運だし。
重課金勢でないのなら手を出さない方が賢明かと。

ただ、装備拡張用キャラの「リーア」が実装されたように、今後限界突破用キャラが実装されることはあり得るでしょう。
韓国版かグローバル版では、「フィーア」という名前で実装されているようです。
だから集め切れなくても何とかなるかも。

でも運営がリーアを出し渋っているように、フィーアもおそらくかなり出し渋るかと思われます。
有料コンテンツとの抱き合わせとか、ギルド戦・ボス戦の報酬で手に入るのかなー?
何にせよ、ポンポンと何体も手に入れることは困難でしょうね。

前置きが長くなりました。
コラボキャラの性能考察やっていきます!

カイ

kai

防御型キャラです。
ステータスはエバンと同じ。

個人的にはこのカイが一番厄介なんじゃないかなーって思ってます。

使用スキル

ひとつめは「ライド・ザ・ライトニング」。
敵3体に140%の魔法ダメージを与え、確率で2ターン間感電状態にする。

これが強すぎるんですよねー。
防御型キャラが複数状態異常攻撃を持つのはダメだと思います!笑

というのも、耐久パーティを運用している人ならわかると思うんですが、耐久パーティの弱点のひとつって敵の動きを封じられずにジリ貧で負けることなんですよね。
それがカイなら克服できてしまう。
多分この感電状態ってアラゴンの気絶並には適用されるんじゃないかなー。
・・・と思ったけどかなり確率は低いみたい。拍子抜け。

あと魔法攻撃っていうところもポイント。
デイジーと組み合わせることで威力を上げられるんですよね。
支援型キャラの回復スキルも魔法力依存なので、デイジーを組み込めば回復量も上げられる。

ふたつめは「セイクリッドエッジ」。
敵全体に80%の魔法ダメージを与え、追加で攻撃力と魔法力を40%減少させる。

これもねー、強力すぎだよー。
攻撃力と魔法力を一挙に40%も減少させるなんて、ダメだよー。
ちなみに魔法力を下げられるスキルはカイが初めて。

これ、ターン数の記載がなかったけど、恐らく2ターンだと思います。
さすがに永続だったらチート級。

何も言う事が無いくらい優秀なスキルですね。
クールタイムが115秒とちょっと長めだけど、乱発する可能性が低くなるからかえってありがたい。

持続スキル

名称は「迅雷の力」

全ての味方の防御力を30%上昇させる。
自分の全てのダメージを30%軽減する。

防御力30%の上昇は、まあ使用スキルの性能からすれば妥当かなといったところです。
高過ぎず低過ぎずって感じ。

しかしダメージ量軽減まであるのは、なんというかずるいw
他の防御型キャラは防御スキルを発動してダメージを軽減するのに、カイは素の状態で30%もダメージを軽減してしまう。
防御スキル発動によるターン消費を嫌って防御型キャラを入れない人は多かったと思いますが、カイはそこをクリアしています。

こんなのが攻撃陣形の前衛にいたら、超高火力のスキルをぶつけても倒せないかも。
やー強すぎるでしょう本当に。
セブンナイツより強いんじゃない?

そんな高性能なカイは、どんなパーティに組み込んでも活躍できると思います。
最も厄介だなーと思う使い方が、魔法耐久パーティの前衛に置くこと。
相手を状態異常にして戦況を有利にする魔法パーティ。
敵の攻撃を受け切って粘り強く戦う耐久パーティ。
その2つを兼ね備えた魔法耐久パーティの要として、嫌らしい働きができるでしょう。

ラムレザル

ramlethal

耐久パーティの天敵。
持続スキルの性能から、耐久パーティに対して絶対的に有利。
打たれ強くて即死攻撃も持っているので、即死パーティでも大活躍でしょう。

使用スキル

ひとつめは「カルヴァトス」。
敵3体に140%の物理ダメージを与え、確率で即死状態にする。

クリス・ブラックローズに続き、複数即死攻撃スキルを持つキャラはラムが3体目。
3体攻撃な分、即死発動確率は高めなんじゃないかなー。
アラゴンの気絶並に即死が適用されるなら、即死パーティエースは間違いない。

ふたつめは「トランシ」。
敵全体に85%の物理ダメージを与え、確率で沈黙状態にする。

言わずもがなに強力な沈黙スキル。
ユイがいると防がれてしまいますが、大抵のパーティには刺さります。

通常攻撃は縛らないので、スキルクールタイムの時間を稼げるのがやっぱり強いですね。
敵の主力キャラや回復キャラを沈黙にしてしまえば、一気に戦況を有利にできる。

持続スキル

名称は「未来と抗戦する者」

自分にブロック効果が適用される。
敵の回復量を50%減少させる。

「ブロック効果適用」はエスパーダと同じ。
エースやジークなどのブロック不可の確定クリティカル攻撃スキル以外は、全てブロックにしてしまいます。
通常クリティカルは100%発生させない。

全ての攻撃を半減にするんだから、そりゃあ打たれ強いですよね。
そんなキャラが複数攻撃の即死やら沈黙やら使ってくるんだから、厄介なことこの上ない。

しかも敵の回復量50%減少により、耐久パーティの動きを鈍らせることができる。
さらには即死解除の25%ダメージも耐久パーティにとっては痛手になるでしょう。
敵にユイがいなければ沈黙状態にできるし、耐久パーティからすれば恐ろしい存在。

もちろんラムは高火力パーティが相手でも、持ち前の耐久力と即死&沈黙を活かして活躍できる。
どんな相手でもきちんと仕事ができる万能キャラですね。

ソル

sol

元四皇のテオが手に入れるであろう暴走状態を、ソルが先取りしてしまいました。
これが対策なしだとかなーりキツイ。

対策したとしても、上手くいくかは結局運が絡むんですよねー。

使用スキル

ひとつめは「タイランレイブver.β」
敵3体に貫通効果のある160%の物理ダメージを与え、確率で2ターンの間火傷状態にさせる。(火傷ダメージは50%)

敵3体の160%ダメージはなかなかの威力です。
参考にアラゴンの一斉砲撃が3体に180%ダメージ。

火傷ってのが嫌らしい。
暴走状態は3ターン続くから、火傷ダメージが丸々入る可能性は高い。
ソルは基本的に陣形の後列に置かれるだろうから、火傷ダメージも半端なダメージではないでしょう。

ちなみに「火傷ダメージは防御無視」って記載はなかったけど、恐らく防御無視で計算されると思います。
防御無視の効果を一応説明しておくと、対象の防御力を半減にしてダメージ計算するってことです。

ふたつめは「グランドヴァイパー」。
敵全体に85%の物理ダメージを与え、スキルクールタイムを20秒伸長させる。
確率で2ターンの間気絶状態にさせる。

これはやりすぎ。強すぎ。
クールタイム伸長&気絶って、使い勝手が良すぎる。
せめてどちらかだけにしておけば良かったのに。
これはぶっ壊れ性能って言われても仕方ない。

持続スキル

名称は「背徳の炎」。

倒れた時、3ターンの間暴走状態になる。
(暴走状態になると一切の攻撃を受け付けず、クリティカル率と反撃率が上昇する)

暴走状態は、バフ減少のスキルを使えば解除されます。
そこは孫悟空の分身と同じ扱いですね。
エースやニアのバフ削除スキルがタイミング良く発動すれば、暴走状態の威力が発揮される前に倒すことができる。

また、気絶・感電・麻痺・凍結・石化などで身動きを封じてしまえば、ターン経過で勝手に倒れる。
沈黙や暗闇もソルの攻撃を制限できるので良いでしょう。
とにかく何かしらの対策をしておかないと、暴れまわって手に負えません。

しかしソルのスキルでクールタイム伸長されたらたまったもんじゃない。
もしソル対策のキャラが気絶でもしてしまったら、もはや成す術なし。
ほんと、完成されてます。

蔵土縁紗夢(クラドベリージャム)

jam通称ジャム。
とにかく攻撃力極振りのキャラです。
しかし貫通攻撃がないのが辛いところ。

でも後々のアクセサリー実装で化けると思いますよ。

使用スキル

ひとつめは「兆脚鳳凰昇」。
敵単体に防御力無視の210%の物理ダメージを与え、クリティカルが適用される。

このスキルはブロック不可の確定クリティカルのようです。
エスパーダやラムレザルにも通常ダメージで通すことができる。
攻城戦でもセインと違ってブロックされないので、安定して大ダメージを稼ぐことができる。

しかし威力が210%では、いくら防御無視とはいえ陣形の前列の配置では完凸エバンやルディを一発で仕留めることは難しそう。
かなりいいダメージを与えてくれることは間違いないだろうけど。
ちなみにエースの「叢雲・満月斬」が、ブロック不可確定クリティカル&貫通の230%ダメージです。

ただしそれ以外のキャラ、特に耐久が低いキャラにとっては致命傷でしょうね・・・。
クールタイムが60秒とかなり短いから連発することができる。
超強力です。

ふたつめは「爆・砕神掌」。
敵3体に140%の物理ダメージを与え、自分の攻撃力を2ターンの間50%上昇させる。

自分の攻撃力を自前で上げられるのは強力。
しかしバフ削除で剥がれてしまうのはかなりのマイナスポイント。

もう少しスキルの威力を上げても良かったんじゃないかなーって思うぐらい、他のコラボキャラとの性能差が大きいですね。

持続スキル

名称は「気の達人」。

物理免疫3ターン。
自分の弱点攻撃率が上昇。

自分の攻撃力をスキルで上げて、確定クリティカルの防御無視攻撃を弱点攻撃で叩き込む。
とにかく威力特化って感じですね。

弱点攻撃が適用されると、最も弱っている敵を狙うようになります。
さらに免疫キャラなどのダメージが通らない敵には攻撃しないという性質もあります。

弱点攻撃率がどの程度上昇するのかはわからないけど、上手くかみ合えば免疫キャラを避けて確実にダメージを与えることができる。
アラゴンとかエースとかアイリーンなどなど、火力底上げキャラを始末できれば一気に戦いが楽になる。

また支援型キャラは体力と防御力が低めだから、弱点攻撃で優先的に狙うことができる。
ルーシーやアリスなどが厄介な耐久パ相手でも、集中狙いができれば打ち崩すこともできる。
なかなかロマンがあるキャラだと思います。

ジャック・オー

jack

皆大好きジャック・オー。
登場した時点ではかなりの壊れ性能です。
スキルに無駄がひとつもないのが魅力的。

使用スキル

ひとつめは「カルヴァトス」。
敵4体に100%の魔法ダメージを与え、確率で麻痺状態にさせる。

麻痺です。
デイジーとミンミンも麻痺スキル持ちなので、麻痺耐性アクセサリーの需要がより一層高まりましたね。
ターン数の記載がありませんでしたが、恐らく2ターンでしょう。

麻痺の強さは言わずもがな。
4体という攻撃範囲の広さも良いですね。
汎用性の高い良スキルです。

ふたつめは「フォーエヴァーエリシオンドライバー」。
敵3体に140%の魔法ダメージを与え、1,000の固定ダメージを与える。

これがものすごく厄介。
1,000の固定ダメージはエスパーダやベリカでは半減できません。
エースやジェイブのダメージ軽減も無視。
ブロックも適用されません。
どんな状況でも1,000ダメージぶち込んでくる。

しかし魔法免疫やダメージ免疫があれば無効化できます。
魔法免疫キャラの出番がついに・・・!?

また、アラゴンやデロンズのダメージ量アップの影響も受けません。
もしそれらが適用されたらどうにもできないからね・・・。

他のキャラの持続スキルで火力の底上げをしなくても、敵3体に1,000ダメージをお見舞いできるのが最大の強み。
耐久パーティにジャックが一体いれば、ダメージを一気に稼いでくれる。

さらに、後列に置く必要がないからパーティの幅が一気に広がります。
後列に主力キャラ、前列にジャックを配置すればダメージソースを2つ備えることができる。
どんなパーティにいれても遜色無く活躍できるのはものすごく頼りになる。

それに固定ダメージだけでなく140%の魔法ダメージもあるからね。
エスパーダなどで魔法半減していなければ耐え切れません。

持続スキル

名称は「トリックオアトリート」。

全ての味方のダメージ量を20%上昇させる。
追加で自分のブロック率が80%上昇する。

ブロック率アップの防具をつけてやることで、容易にブロック率100%までもっていくことができます。

すると敵にブロック率を下げられない限りは、必ずブロックが適用される。
今のところブロック率を下げられるのってヴェインだけだから、ヴェインがいなければ常時ダメージ半減。
敵の攻撃にクリティカルが適用された時は、通常ダメージに変換します。
ただしエースやジークなどのブロック不可の確定クリティカルスキルには、ブロックは適用されません。

これかなり厄介ですよね。
魔法型だから耐久力の脆さが弱点なのに、これで見事にカバーできている。
味方全員のダメージ量を20%上げるのも地味に強い。

今後出てくる新キャラにブロック率軽減のキャラはいるだろうけど・・・。
どこまで対応できるかなーって感じです。

覚醒実装までは活躍し続ける

覚醒の実装は四皇が出揃った後らしいです。
エバンとカリンを最初にして、二週間ごとに覚醒キャラが追加されていくみたい。

そういった覚醒キャラが出揃うまではずーっとアリーナ第一線で活躍し続けそうなキャラですよね。
運営もそのつもりでこんな性能にしたんだろうと思います。

既にアリーナトップにはコラボキャラがウヨウヨ。
そんな中でレジェンドマッチを開催するなんて、射幸心煽り過ぎでしょ!
レジェンドマッチに参加したい人は大金注ぎ込んでコラボキャラを集める他ない。

微課金勢じゃもはや手が届かない領域ですよね。
戦略次第でトップを狙える時代は終わってしまいました。
まあ、お金払った人が上に行けるのは極めて自然なことなんですけどね。

しかしソーシャルゲームの闇を感じましたねー。
たかがスマホアプリに大金を注ぎ込んでしまう人の気持ちがわかったような気がします。
だってコラボキャラめっちゃ強いんだもん!!

7 Responses to “コラボキャラのカイ・ラムレザル・ソル・蔵土縁紗夢・ジャックオーの性能考察”

  1. 弱点攻撃メリットをご存知とは流石ですねー
    ジャム好きなので7凸してみた感じ体感8割〜9割弱点攻撃するので弱点武器一つ持たせるか敏捷で初手通常連打させばアラゴン瞬殺できるのでアリーナでもなかなか活躍します。

    一番は攻城、特にレイド戦での活躍が目覚ましいです。ジークの一発には勝てませんが自己バフと弱点攻撃確定のセインといった感じで総合ダメージならジークすら圧倒します。

    あとジャムの単体スキルは確定クリティカルのようです。

    • コメント&貴重な情報ありがとうございます!
      やはり弱点攻撃を活かして敵キャラを確実に仕留めていくのがジャムの役割なんでしょうね。
      となると、ジャム一体だけで勝負を決められるようなものです・・・。
      攻城とレイドに関しては目から鱗でした!
      なるほど確かにクールタイム60秒ですもんね。
      セインよりダメージを稼げるとは圧巻です。

  2. カイの感電は体感2割〜3割で感電したらラッキーレベルです、デバフかけるのが前提の防御力担ってるので魔法パで運営を考えている人以外はエバンの方が有用かと感じました。
    スキルスペックが高そうなだけにちょっと完凸した事に後悔。
    サイレン修正を期待したい所ですがコラボは全体的に強いキャラがいないから無理かな。
    せめて降臨でデバフが使えれば日の目を浴びると思うのですがこれも無理そう。。
    今育成を考えてる人は今後覚醒もキャラ調整もあるエバンを押しますね

    • コメント&情報ありがとうございます!
      私もアリーナで何度かカイがいるパーティと対戦しましたが、同じような感想を持ちました。
      感電効果、思ったよりも適用されないですよね。
      使用している側もそう感じるのなら、正直かなりのガッカリ性能・・・。
      その程度ならエバン育成の方が良いと思うのは全く同感です。

  3. ※全体的に強いキャラがいないから→強いキャラがいるからの間違いです。

    • コメントありがとうございます!
      調べ回ってみたところ、スキル効果でブロック抽選、その後防具でのブロック抽選になるようですね!
      記載していたのは間違った情報でした。
      ご指摘ありがとうございました!

コメントを残す