【ボス戦80万安定!?】紅孩児スキル詳細&パーティ紹介

紅孩児

ゴールドとルビーを稼げる新コンテンツ!ボス戦!
これはアリーナと同様に力を入れて攻略するっきゃない!
さぁ、これで君もボス戦ガチ勢だ!

お待たせしました。
ボス戦「紅孩児」の攻略記事です。

最適な立ち回りの解説動画を上げました。
良かったら参考にして下さい。

紅孩児のスキル情報

  • 物理攻撃
  • 魔法力30%減少
  • ダメージ判定15回分無効
  • 自分への全ダメージ80%軽減
  • 全スキル貫通効果有
  • 時間経過でスキルの威力UP
  • 8分経過後、防御力大幅UP
  • 牛角鉄槌(4体攻撃・出血・即死状態なら即死適用)
  • 聖嬰の鉄槌(3体攻撃・防御力DOWN・出血状態なら5,000の追加固定ダメージ)
  • 魔王角の鉄槌(全体攻撃・即死・バフ削除・4分経過で一度だけ使用)
  • 三撒毒(全体攻撃・毒)
  • 六撒毒(全体攻撃・被ダメージ量増加・毒状態なら3,000の追加固定ダメージ)
  • 九撒毒(全体攻撃・確定クリティカル・8分後に使用)

とにかく毒と出血対策は必須。
追加固定ダメージが痛すぎるので、免疫なりアクセなりで防がなければいけません。

戦闘開始から4分後と8分後に特殊スキルを使用してきます。
4分後に発動する「魔王角の鉄槌」は威力は大したことはありませんが、即死状態をすぐに解除してやらないとパーティが一瞬で壊滅してしまいます・・・。
即座に状態異常解除スキルを使えるようにタイミングを調整しておきましょう。
また味方のポジティブバフも解除されてしまうので、ここで改めてバフをかけ直す必要があります。

8分後に発動する「九撒毒」はとんでもないダメージ。
1万ダメージ以上出してくるので、実質即死級スキルです。
また防御力も一気に跳ね上がるので、ダメージもほぼ通らなくなります。
エースの満月斬でも400ダメージくらい・・・w
だから8分がボス戦のタイムリミットなんでしょう。

時間経過に伴って紅孩児の攻撃力が上がっていきますが、バフが有効なのでしっかり紅孩児の攻撃力やダメージ量を下げておけば序盤の攻撃はあまり気にしなくて大丈夫。
大体5分後くらいからダメージが痛くなってくるので、この辺りで味方の残り体力に注意を払いながら戦いましょう。
防御力DOWNやら被ダメージ量増加などの嫌らしい追加効果もありますが、80万を狙うなら優先的に対策する必要もないかと思います。

アタッカーについては、高火力単体貫通スキルを持っているキャラが前提。
紅孩児は全ダメージを80%も軽減してくるので、貫通攻撃でなければまともにダメージを与えられません。
可能なら確定クリティカルスキルがベスト。

80万を狙うならば、しっかりとダメージ量を上げられるようバフをかけてやる必要があります。
紅孩児の防御力を下げ、被ダメージ量を上げて・・・
そしてアタッカーの攻撃力とクリティカルダメージ量も上げてやりましょう。
さらに与ダメージ量も上げられれば最高なんですが、そのためには出血耐性のアクセが4つ必要になります・・・。

まとめます!
ボス戦「紅孩児」でハイスコアを狙うために必要なのは・・・

  • 出血免疫
  • 毒免疫
  • 紅孩児の火力を落とせるキャラ
  • 高火力単体貫通スキル持ちアタッカー
  • 紅孩児の防御力を下げられるキャラ
  • 味方の攻撃力・クリティカルダメージを上げられるキャラ
  • (味方のダメージ量を上げられるキャラ)

ポイントはこの7つ!
それじゃあ順番に見ていきましょう。

出血免疫

まずは出血免疫について。
アクセで対策することができればスコアが跳ね上がりますが、無くても大丈夫。

メイ

メイ

こないだボス戦向けにバランス調整されましたね。
出血免疫を張れる唯一のキャラです。

免疫だけでなく単体貫通確定クリティカルスキル「護身用の銃」もあるので、一応アタッカーとしても活躍することはできます。
メインアタッカーとはいかなくとも、サブアタッカーとしては十分な性能でしょう。

もう一方の「無差別乱射」も10HITするので、序盤の紅孩児の複数免疫を剥がすのにとても有効。
さらに攻撃力も50%減少させられるのも魅力的。
メイの役割は結構多いです。

ただし持続スキルの物理攻撃40%減少は、貫通攻撃には無意味なのでほぼ機能しません。
まあそこまでしなくとも紅孩児の火力は十分に落とせますけどね。

毒免疫

続いて毒免疫について。
これも候補は1体しかいません。

貂蝉

Choseon

こちらもボス戦向けにバランス調整されたばかり。
全体回復スキルを2つ持っているのはやはり貴重ですね。

まずひとつめのスキル「戦いの音色」は回復だけでなく、後列に置いたメインアタッカーのクリティカル率を50%上昇できるのが魅力的。
2ターンの間効果が残るのも地味に助かったりします。

ふたつめのスキル「天の音色」は、即死を解除するために必須のスキル。
4分後に発動する『魔王角の鉄槌』発動後に即行で使えるよう、クールタイムの調整をしていおきましょう。
その後は自由に使ってOK。

さらに持続スキルで紅孩児の攻撃力を30%下げられるのも頼もしい。
そう、メイがいなくても攻撃力は下げられるんです・・・。

序盤はほぼ回復しなくても問題ないけれど、時間経過で紅孩児の攻撃力が上がってくると回復力はかなり重要になってきます。
なのでレベルが高ければ高い程安定しますよ。

メインアタッカー

免疫キャラが済んだところで、お次はメインアタッカーについて。
先述の通り貫通攻撃でないとまともにダメージを与えられないので、高火力単体貫通スキルを持っているキャラが前提になります。

エース

ace

「叢雲・満月斬」の威力が大幅に上方修正されました。
400%の貫通&確定クリティカルは超強力です。

さらにもう一方のスキル「叢雲・百花繚乱」にも貫通効果が追加されました。
攻撃対象が少なくなるごとに威力が増すので、ボス戦では185%の威力を叩き込むことができます。

貫通スキルを2つも持っているキャラは今のところエースしかいないので、今のところボス戦はエースの独壇場。
まさしくボス戦のエース。

ステータスも申し分なし。
他の確定クリティカル貫通スキルを持つメイやラグナと比べても、エースの攻撃力は頭一つ抜きん出ています。
ようやくエースにも活躍の場が与えられたんだなぁ・・・。

アクセに関しては、クリティカルダメ20%アップのアクセを付けるのが主流です。
紅孩児の出血スキルが4体攻撃な上、固定5,000ダメージスキルも3体攻撃なので、5番に配置されているエースにあたることは滅多にありません。

エースがまだ育っていない場合は、メイワンバックが良いでしょう。
きっちり育ててあげれば80万超えは可能です。

紅孩児のステータスを下げるキャラ

免疫キャラとアタッカーが決まったら、今度はスコアを伸ばすためのキャラ。
ボス戦はバフが有効なので、防御力やら被ダメ増加やらを使って与えられるダメージをグンと底上げすることができます。

ちなみにバフ効果等のアイコンは、画面左上のスコアの下に表示されています。
最初全く気付かなかったw

レイチェル

レイチェル

Wカルマ式で影が薄くなっていたレイチェル、ここで復活!
まさかボス戦でもレイチェルが活躍できるとは・・・。
こないだのログボでレイチェルが出てくれて良かった!笑

「カイザーフェニックス」で紅孩児の防御力とダメージ量を一度に80%も減らせるのが素晴らしい。
レイチェルがいるだけで攻防どちらもサポートしてくれます。

持続スキルで反撃率を50%も上げてくれるので、メインアタッカーの反撃率を上げてやれば良い感じに反撃でダメージを稼いでくれます。
パーティ内でメインアタッカーの反撃率が最も高くなるように調整してあげましょう。

虎白

虎白

攻城戦上級になってからあまり見かけなくなった虎白さん。
レイチェルワンバックパーティでは未だに現役張ってるみたいだけど、まさかボス戦でも出番が来るとは・・・。

まずひとつめのスキル「白虎連撃」で紅孩児の被ダメージ量を50%増加させられます。
このスキル、ジークの「砕けろ」の影に隠れてあまり目立っていなかったんですよね。
ここにきてものすごく重要な役割を遂行することになりました。

そしてふたつめのスキル「虎王の雄叫び」で味方全員の攻撃力とクリティカルダメージ量を35%増加させます。
これがものすごく強力で、アタッカーのダメージが一気に跳ね上がります。
4分後に発動する「魔王角の鉄槌」で剥がされてしまうので、しっかりタイミングを合わせてバフをかけ直せるようにしておきましょう。

持続スキルのブロック率80%減少ももちろん有効。
これでメインアタッカーの攻撃、特にエースの「叢雲・百花繚乱」にクリティカルが乗りやすくなります。

出血免疫リングがある場合

ここまでで5体紹介しました。
メイ、貂蝉、エース、レイチェル、虎白の5体ですね。

冒頭に書いておいた通り、出血耐性リングがあればメイを抜いて他のキャラを入れることが可能になります。
アタッカーのエース以外に装備させなければならないので4個必要ですが・・・
用意できるなら100万どころか150万は余裕で超えそう。

さて、そのメイと入れ替える候補のキャラとは・・・

織姫

織姫

本当、息の長いキャラですよね。
レイド、マルチ、攻城戦、深淵の塔、そしてボス戦でも活躍できるとは。

クールタイム20秒短縮スキルで後列のメインアタッカーの稼働率を引き上げます。
これがあるのと無いのとでスコアは雲泥の差。

もう一方の回復スキルも優秀。
ブロック率を上げられるから味方の耐久力も底上げできます。
うーん、やっぱり使い勝手良すぎ。

そして持続スキルのダメージ量40%アップ。
これで攻撃力アップ、クリダメ量アップ、ダメージ量アップ、全てのピースが揃います。

織姫を持っていない人は、もうあの人に頼るしかありませんね。

カロン

カロン

頼もしいカロンさん。

クールタイム短縮は10秒と織姫より少ないですが、ダメージ量は50%アップと10%だけ多い。
カロンさんでも役割は問題なく遂行できると思います。

ボス戦パーティはこれで決まり!

以上、ボス戦「紅孩児」の攻略記事でしたー!
お待たせしてごめんなさいでした。

やー、出血耐性リングとっておけば良かったなあ。
攻城戦上級の報酬で出たヤツ普通に素材にしちゃってた・・・もったいない。

出血耐性リングを4個揃えるのはなかなか敷居が高いけど、そのうち揃えられそう。
一番揃えるのが難しいのはエースかな?
まあでも確定ガチャで絶賛売り出し中だし降臨も2体まで召喚できるし、そこまで難しくはない・・・かも?

最初にも言った通りボス戦はゴールドとルビーを獲得できるコンテンツですからね!
キャラさえ揃えれば毎週良い報酬を受け取れる訳だし、これはガチで行く他ない!
ここでエース確定ガチャに無償ルビーを1,000突っ込んでも遠くないうちに元を取れるような気がする。
だから迷わず引くんだ!笑

それではまた次回。

コメントを残す