スキルのブロック率と防具のブロック率は重複するのか検証してみた│セブンナイツ攻略

shield

ルーシーやジャックのブロック率アップの持続スキルと、防具のブロック率アップは重複するのか。
色んな説が出てきているんですよねー。
簡単に挙げると・・・

  1. スキルと防具は重複する。
  2. 重複せず、スキルと防具で2回抽選される。
  3. 各キャラの基礎ブロック率を〇〇%上昇させる。

1はシンプルな足し算理論です。
ジャックは自前でブロック率を80%上昇させるから、防具でブロック率を20%以上上昇させれば足し算で100%になるので、理論上は全ての攻撃をブロックすることができるという考え。
計算式で言えば、『基礎ブロック率+防具アップ分+持続スキル上昇分』ってな感じ。
ただし確定クリティカルのスキルはブロックを貫通します。

2はダブル抽選理論。
まず1回目は持続スキルで上昇した分の%で抽選を行い、その後防具の%で2回目の抽選を行う。
例えばブロック率20%アップを装備したジャックの場合、まず80%でブロック抽選を行い、その後20%でブロック抽選を行うという・・・。
ちなみにもし防具をふたつ付けている場合、つまり合計でブロック率40%アップなら、2回目は40%のブロック抽選になるみたい。

3はブロック率を〇〇%上げるという意味をかけ算で捉えた理論。
例えばジャックの場合、基礎ブロック率が40%だとするならば、そのブロック率を持続スキルにより80%上昇させる訳だから・・・
40×1.8=72ということで、72%のブロック率になるっていうことです。
防具をつけた場合は・・・

  • 基礎ブロック率 × 防具アップ分 × 持続スキル分
  • (基礎ブロック率 + 防具アップ分)× 持続スキル分
  • 基礎ブロック率 × 持続スキル分 + 防具アップ分

という計算のどれかになるのではないかという考え。

ブロック率に関しては前々から気になってはいたのですが、すぐに情報が出回るだろうと思っていました。
しかし色々な理論が出てきてしまって、今やいったいどれが本当なのかわからない。

だったらもう自分で調べてみよう!
ってことで、いざ検証!

検証方法

フレンドのジャックをセインでひたすら叩くという検証方法です。
ジャックはブロック率アップを装備している”Zジャック”と、HPアップの防具しか装備していない”Sジャック”の2種類を用意しました。
ちなみに防具のブロック率アップは25%です。

セインの攻撃は常にクリティカルが適用されるけど、ブロックされてしまうと通常ダメージに変換される。
これを利用すれば、ブロックが適用されない場合は確実にクリティカルになるので判別しやすい。

私は統計学とかよくわからないので、どれくらいの試行回数を積めば信用できる情報になるのかわかりませんが・・・
とりあえず各200回ずつ叩いてみました。
クリティカルダメージが入った回数を記録してその確率を求めれば、上記のどの理論が正解なのか見当がつくはず。

結果と考察

色々と考察してみましたが・・・
残念ながらこれが正解!って確信は得られませんでした。

ただ、ブロック率を〇〇%上げるというのは単純な足し算でなく、基礎ブロック率に掛け算という内部計算をしている可能性は高いと思います。
つまり3番の理論が近いんじゃないかなー。
また、2番のダブル抽選理論はおそらく違うでしょう。

まずブロック率アップの防具をつけているZジャックの結果について。
200回叩いても全てブロックされました。
試行回数が少ないので確実ではないですが、少なくとも100%に近い確率でブロックしていると思います。

そしてもう一方のブロック率アップの防具を装備していないSジャック。
こっちは200回中30回クリティカルが適用されました。
計算するとブロック率は85%です。

この結果を基に、それぞれの理論の整合性を考察してみます。

1の足し算理論

ブロック率アップの防具をつけているZジャックについては全ての攻撃をブロックするという結果になったので、理論通りです。

問題なのはSジャック。
1番の足し算理論で考えるなら、基礎ブロック率+持続スキルの80%分っていう計算になる。
結果は85%のブロック率だったので、誤差を考えないならば、ジャックの基礎ブロック率は約5%ということになります。

基礎ブロック率がたったの5%って、あまりにも低いですよね。
全くブロック率を上げていない敵を叩いても、もっと高い確率でブロックは適用されているはず。
少なくとも10~20%くらいの確率でブロックされてるような気がします。

85%という結果になったのは運良くブロックが適用されなかったから、と言うには無理がある。
だとしたらやはり、ブロック率の内部計算は足し算ではないと考えるのが自然でしょう。

2のダブル抽選理論

Zジャックに全ての攻撃をブロックされた結果を見るに、ダブル抽選は無いと思われます。

もし持続スキルと防具のブロック率アップが別個に計算されているのならば、約5%の確率でクリティルダメージが入るはず。
200回の試行回数ならば10回はクリティカルになる計算です。

どれだけ運が悪くても1回は入るでしょ。
それすらも無かったということは、ダブル抽選が行われていないと考えるのが自然。

3の掛け算理論

正直この理論を証明するのは難しいと思います。
けど、消去法的に考えてもこの理論が最も可能性が高いでしょう。

そもそもの問題として、ブロック率アップの防具を付けた際のブロック適用確率の計算方法がまだ明確にわかっていません。
先にも記載しましたが、おそらく・・・

  1. 基礎ブロック率 × 防具アップ分 × 持続スキル分
  2. (基礎ブロック率+防具アップ分)× 持続スキル分
  3. 基礎ブロック率 × 持続スキル分 + 防具アップ分

のどれかではないかと思います。

いったい基礎ブロック率がいくらあれば今回の検証結果のようになるのだろうか・・・。
もしその数字が20~30くらいの間で収まるのなら、この理論にかなり信憑性がでてくると思います。
実際に計算してみましょう。

1の計算式

Zジャックの場合。
防具のブロック率アップは25%なので・・・

基礎ブロック率 × 1.25 × 1.8 ≧ 100
これを解くと『基礎ブロック率 ≧ 約44%』になる。

Sジャックの場合。
防具のブロック率アップは無いので・・・

基礎ブロック率 × 1 × 1.8 ≧ 85
これを解くと『基礎ブロック率 ≧ 約47%』になる。

両方ともほぼ同じ数字になりました。
3%の差はまあ、誤差と言えるんじゃないでしょうか。
しかし基礎ブロック率が40%もあるとは思えませんね・・・。

2の計算式

Zジャックの場合。
(基礎ブロック率 + 25)× 1.8 ≧ 100
これを解くと、『基礎ブロック率 ≧ 約30%』になる。

Sジャックの場合。
(基礎ブロック率 + 0)× 1.8 ≧ 85
これを解くと、『基礎ブロック率 ≧ 約47%』になる。

うーむ、かなり大きな差がでてきちゃいました。
基礎ブロック率30%というのは十分有り得る数字なんですが、誤差とは思えない程に数字の開きが大きいので、この計算式の可能性は低いでしょう。

3の計算式

Zジャックの場合。
基礎ブロック率 × 1.8 + 25 ≧ 100
これを解くと、『基礎ブロック率 ≧ 約41%』になる。

Sジャックの場合。
基礎ブロック率 × 1.8 + 0 ≧ 85
これを解くと、『基礎ブロック率 ≧ 約47%』になる。

1の計算式よりも開きが大きい結果となりました。
ただ防具のブロック率アップの表記は、『+ブロック率〇〇%』と書かれているので、防具に関してはかけ算ではなく足し算だと思うんですよね。
だから1の計算式よりもこっちの計算式の方が有り得ると、個人的には思います。

いずれにせよブロック率アップの防具は有効

結局、この検証では詳細な内部処理はわからず仕舞いでした。
おそらくブロック適用確率についてはまだまだ未知の要素があるのだと思います。

しかしブロック率アップの防具を装備しているか否かで、ブロックの適用確率に明確な差が確認できたのは良い成果でした。
まだまだ試行錯誤する必要はあるけれど、最大HPアップ一辺倒の中、ブロック率アップの有用性を多少なりとも示せたのかなーと。

クリティカル攻撃さえ受けなければダメージを半減にできる訳ですからね。
敵の主力キャラの攻撃を一度でもブロックできれば、防具で上げられるHP分ぐらい悠々と軽減できるでしょう。
チャンスラーやリンリンなど、敵のクリティカル率を下げるキャラとの相性は抜群。

また今後、敵のクリティカル率を下げる使用スキルを持つキャラが追加される可能性も高いと思います。
これからますますブロック率アップ防具の需要は増えてくるんじゃないかなー。

6 Responses to “スキルのブロック率と防具のブロック率は重複するのか検証してみた│セブンナイツ攻略”

    • コメントありがとうございます。
      返信遅くなってしまいごめんなさい。
      役に立ったようで何よりです!

  1. 普通に考えれば足し算方式でどちらも100%を越えた場合は数値の高い方が適用される仕様だと思われますね
    クリティカル武器をつけたセインでブロック装備有り無しのエスパーダを殴る実験をして欲しいところです

    • コメントありがとうございます。
      クリティカルとブロックの相殺仕様を考えると、数値の高い方が適用されるというのは考えにくいです。
      それにその実験をやってみても、エスパーダがセインの攻撃を100%ブロックするだけだと思いますよ。
      エスパーダのブロックスキルは全ての攻撃に問答無用でブロックを適用するので、%は関係ありませんからね。

  2. 今回の検証に役立つかはわかりませんが
    韓国版ナイツの情報によると
    自分のブロック率-相手のクリティカル率=ブロックされるかどうかみたいです
    後はアクセサリ関係で例えば、ブロック確率20%などを装備した場合
    +20%ではなく、固定変動なし20%で強制的に固定するという仕様らしいです

    • コメントありがとうございます。
      また有益な情報提供もありがとうございます!
      うーむむ、なるほどそうなんですね・・・。
      韓国版と日本版の内部仕様が異なっているとは考えづらいし、その通りの仕様になっている可能性は高いですよね。
      また時間があればその辺のところも検証してみようと思います。

コメントを残す