次の新型iPhoneは7ではなく『iPhone6 SE』らしい。7は来年なのかしら?

iPhone

毎年秋頃になってくると話題にのぼる新型iPhone!
アップルストアの前で長時間・・・下手した数日間も並び続ける猛者達の姿も、まさに風物詩ですよね。

まあ今は予約が必要になったから行列が作られることも無くなったのだけれど、それでも並ぶ人はいるのでしょう。
もはや趣味みたいなものなのかな?

さてそんな新型iPhoneですが、夏になって色々と情報が出回っているみたい。
発売日は9月16日の金曜日でほぼ間違いないそうですが、どうやら今年のiPhoneはiPhone6のマイナーチェンジである『iPhone6 SE』という名称で販売するようなのです。

これまでのiPhoneの軌跡を振り返ってみよう!

iPhoneは初代を除いて、これまで2年毎にナンバリングを更新して発売しているんですよね。
ちょっと簡単にiPhoneの発売年表的なものを↓にまとめてみます。

  • 2007年(1月9日) :iPhone
  • 2008年(7月11日):iPhone3G
  • 2009年(6月9日) :iPhone3Gs
  • 2010年(6月24日):iPhone4
  • 2011年(10月14日):iPhone4s
  • 2012年(9月21日):iPhone5
  • 2013年(9月20日):iPhone5s & iPhone5c
  • 2014年(9月19日):iPhone6 & iPhone6 Plus
  • 2015年(9月25日):iPhone6s & iPhone6s Plus

つまり2年間隔で完全新作のiPhoneを開発しているんです。
その合間に前作のものを改良し、処理能力などを進化させたiPhoneを販売してきたんですねー。

余談ですが、『iPhone〇〇s』の“s”は毎回意味付けが異なっているようですよ!
「iPhone3Gs」は“speed”。
「iPhone4s」は“siri”。
「iPhone5s」は諸説ありますが“security”が通説です。指紋認証が導入された初めての機種ですからね。
ちなみに「iPhone5c」も同様に諸説ありますが“color”が通説です。カラーバリエーションが5種類も用意されていました。

そして最後の「iPhone6s」は、上記全てのsを踏襲し、進化させたものとして、いわば“special”のsだと言われています。

こんな感じで毎年進化を続けるiPhoneですが、やっぱり2年毎に出る完全新作はより注目を集めるものです。
これまでの法則通り、2016年は【iPhone7】が発売されるのか・・・!
そう期待を集めていたのですが、これまで出てきている情報(噂に過ぎない)によれば、どうやら今年でナンバリングアップデートのサイクルを変更するとの見解が強まってきたんです。

iPhone6 SEとパッケージに印刷済み!?

中国のサプライヤーからのリークのようです。
でも『iPhone6 SE』と実際に印刷した写真は出てきてないんですよねー。
これは少々信憑性に欠けるところ。

しかし過去のリークでも、次のiPhoneは7ではないという噂が多く流れています。

  • デザインがiPhone6sとそれほど変化がないからマイナーチェンジなのでは?
  • 目を引くような新機能が搭載されないのでは?
  • ナンバリング更新のサイクルを2年→3年にするのでは?
  • 廉価版として販売するのが目的なのでは?

これらの噂も踏まえて考えてみると、今年iPhone7は出ないというのもある程度の説得力があるような気がします。
というのか、ただの先延ばしのような気もしないでもないですが・・・。

しかしそれなら何故”SE”なんでしょうね。
適当に付けるハズもないし、何かしらの意味が込められているのは間違いない。

パッと思いつくのは「system evolution(システム進化)」だけど、現行モデルとさほど機能は変わらないっていう噂は本当な気がするし、これはなさそう。

やっぱり「special edition(特別版)」かな?
特別・・・何が特別なんだろう?
価格だろうか。

iPhone6 SEは従来のiPhoneよりもかなり価格が安い

これ私も初めて知った時驚きました。
なんとSIMフリー版のiPhone6 SEは、16GBが57,024円・64GBが69,984円との情報があるんです。

iPhone6sは16GBで93,744円、64GBで106,704円でしたからねー!
これまでよりも約36,000円も安くなっている訳ですから、ものすごく買いやすくなりました。
「iPhoneは高いからなー」って思っていた人も、間違いなく手を出しやすくなることでしょう。

つまりiPhone6 SEという廉価版を販売することで、新規iPhoneユーザーの獲得や過去モデル使用者の買い替えを狙っている可能性もあると思うんですよね。

私も購入するかもしれませんw
だって手ごろな価格だし安定のiPhoneだし!

来年の10周年記念に向けてiPhone7は温存か?

来年の2017年って、初代iPhoneが販売されてから10周年なんですよね。
その記念すべき節目の年に、これまでとあまり変わり映えのないiPhoneを発表する訳にもいかないでしょう。

それに10周年の年に前モデルのマイナーチェンジを発表するというのも、いささか興醒めです。
やっぱりそこは魅力的で革新的な機能を備えた、集大成とも言える新型iPhoneを発表して欲しいところ。

ともすれば、iPhone7を今年は出さないというのも腑に落ちる話ではあります。
しかし実際はどうなるのか。
続報を待つとしましょう。

コメントを残す