パーマリンクってSEO的にどうするべきなのか

パーマリンク

WordPressには、パーマリンクをどのようにするのか設定できますよね。

どうやらこのパーマリンクって、サイトを運営するにあたってどのように扱っていくのか早めに設定をしておかなければいけないみたいなんです。

じゃあどうすればSEOの観点で強いパーマリンクになるのか、調べたことをまとめてみようと思います。

 

そもそもパーマリンクって何?

百聞は一見に如かず、このサイトをURLを例にすると・・・

http://sangokulibrary.com/record/permalink-seo/

ここの【record/permalink-seo/】という部分がパーマリンクになります。

ここの部分は、WordPressの「パーマリンク設定」というところで任意に変更することができます。

  • 基本 :http://sangokulibrary.com/?p=123/
  • 日付 :http://sangokulibrary.com/2016/02/01/
  • 投稿名:http://sangokulibrary.com/タイトル名/

ちなみに私はカスタム構造を利用していて、『http://sangokulibrary.com/%category%/%postname%/』というように設定しています。

こうすることで、『http://sangokulibrary.com/カテゴリ名/タイトル名/』というURLを作ることができます。

さて、大まかに言えば上記のような設定が可能ですが、一体この中のどれが良いのだろう。

 

グーグル先生によると・・・

グーグル先生はちゃんとこのことについて言及しています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。

シンプルな URL 構造を維持する

つまり、シンプルかつ閲覧者がURLを見た時にどのようなサイトか把握できるようなものが好ましいということですね。

ということで先程例にあげた【?p=123/】とか【2016/02/01/】などは、それを見ただけでは何について書かれているのかわからないのでNGということになります。

じゃあタイトル名にすれば良いの?って思いますよね。いえ、そうではないんです。

 

日本語パーマリンクの問題点

ほとんどの場合、タイトル名って日本語にしますよね。日本人だし。

そうなると当然パーマリンクにも日本語が入ります。これが少し厄介なんですよね。

URLがなっげえ

記事をリンクしようとした時URLに日本語が含まれていると、URLが異常に長くなり意味不明は文字の羅列になっちゃうんです。

例えば【投稿名:http://sangokulibrary.com/パーマリンク/】というURLにある記事をリンクしようとした時、

xn--http-uk1gs38ev11b8d4q://sangokulibrary.com/%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af/

というURLに変換され、これが日本語を含むURLの実際のURLなんですね。見にくいし、パッと見なんのサイトなのかわからない。変なサイトかも。

これじゃあSNSとかには気軽にリンク貼れないですよね。短縮URLにしても同じことです。

 

URLがアンバランス

これは私の感覚なんですけど、ドメイン名が英語なのにパーマリンクが日本語だと、何となくバランスが悪い気がするんですよね。正直ださい(笑)

それにパーマリンクが日本語だからってSEOの評価は変わらないと思うんですよね。Googleが英語とか日本語とかそんなこと気にするだろうか。

結局は閲覧者がURLを見て、そのサイトの内容がわかればOKなんだと思います。Googleもそこを評価基準にしているんでしょう。

 

URLも手作りで

日本語タイトルを自動で英語に変えてくれる機能があれば良いのですが、今のところそれはないみたいですね。まああっても無茶苦茶な英語になりそうですけど(笑)

結局のところ、パーマリンクも手作りしかないですね。

タイトルや記事内容に合う英単語を見つけてくっつけるだけで良いでしょう。大した手間ではありません。

ちなみに英単語をくっつける時は、アンダーバー(_)じゃなくてハイフン(-)を使った方が良いとGoogle先生は言ってましたよ。

あとはなるべく簡潔な方が良いでしょうね。

 

パーマリンクの設定は早めにやろう

パーマリンクを変えるということは、URLを変更するということです。URLを変更するのはなるべく控えた方が良いんです。だからパーマリンクの設定は早めにした方がいいんですよ。

さて、その理由というのは以下にまとめました。

  • 被リンクが台無しになる
  • ソーシャルボタンの数字が0になる
  • 検索順位が下がる

無視できないですよね。多分ドメインオーソリティも下がると思います。

私はまだこのサイトを立ち上げて間もないので、早めに気付けて良かった。

もしある程度の期間を運営しているのなら、下手にパーマリンクをいじるべきではないでしょうね。

私の場合カテゴリもパーマリンクに含めているので、カテゴリを変更したりする場合注意しなきゃな。多分しないと思うけど。

コメントを残す