bタグとstrongタグなんてどっちでも良いけど注意すべきこと

これまでいくつか記事を書いてきましたが、ここにきて無視できない問題に遭遇してしまいました。

記事を作成する時はなるべく見やすくわかりやすくを心掛けてきました。文字サイズ・文字色・文字背景・リスト表示・・・当然太字も使用してきました。

いつも何気なくWordPressのテキストエディタにあるBボタンをクリックして、文字を太字に変換したのですが、その時画面下でstrongという文字が見えたんです。

「あれ?Bボタン押したよな?なぜstrongタグ付いた?」

と思って調べてみると、WordPressの標準テキストエディタでは、Bボタンを押すとstrongタグが挿入されるということがわかったのです。

strongタグは使い方について色々と議論されていて、何も考えずに使っているとGoogle先生に嫌われちゃうと言われているのです・・・。もちろん意見は様々ですが、Google先生の評価は絶対なので、放っておく訳にはいきません。色々と調べてみました。

ちなみにWordPressではbタグをつけるボタンは標準では実装されていないとのこと。WordPressはstrongタグを推奨しているのかな?

 

bタグとstrongタグって何が違うのか

まず話はここから。

bタグを使おうがstrongタグを使おうが、見た目に違いはありません。どちらも太字になって表示されるようになるだけです。

じゃあ何が違うのかというと「SEOへ効果があるかないか」という点が違います。

bタグはただ表示を太字にするだけですが、strongタグは検索サイトへアピールしてくれます。「ここ重要ですよ!!」ってな具合に強調するんですね。

 

グーグル先生に嫌われる理由とは?

しかしこのstrongタグ、多用すると検索エンジンの評価が下がると言われているのです。スパム扱いされるのが原因のようですね。

strongタグ「ここ重要だよ!!」「あ、ここも!!」「ここもここも!重要だよ!!」

Google先生「どこが本当に重要なのかわからんわ!!歴史の教科書か!!」

という感じですかね(笑)

皆さん学生時代の時、歴史の教科書とか参考書とかに蛍光ペンでマーカー引きまくるヤツいませんでしたか?強調している場所が多過ぎて、どこを覚えればいいのか的を絞れずに結局覚えきれなかったことありませんか?私です。

そいういうことをGoogle先生は嫌っているのじゃないかなと思うんですね。だからstrongタグを使う事自体はSEOでは良いことなのです。むしろ使おう。

私みたいに全部マーカー引いちゃう人は、bタグ使った方がええんでない?って事が、bタグとstrongタグの議論の終着点になったんじゃないかな。

 

Google先生からありがたいお言葉が!

しかし先程のような議論には確たる証拠はなく、憶測とこれまでの結果からの推論で語られていました。

そんな時、GoogleのMatt Cuttsさんがbタグとstrongタグの違いについて答えてくれたのです。(2013年10月)

英語で何言ってるのか、わからないですよね。ちょっと翻訳してみます。

  • 今日の質問はパリの Jean-Marcからだ。知りたがってるのは・・・
    (Today’s question comes from Jean-Marc in Paris. Jean-Marc wants to know,)
  • SEOの観点において、文章の特定の文字を強調するstrongタグとbタグの違いは何なのでしょう。
    (In terms of SEO, what is the difference between strong sand the b tag for emphasis on certain words of text.)
  • 閲覧者からの視点では、両タグ共に文字を太く見せるという同じ効果を持っています。
    ( From the user perspective, both tags have the same effect, words are shown in bold.)
  • 今の環境下で、どちらのタグを使うべきなのでしょうか?
    (Which tag should we use, in which circumstance?)
  • OK、これはよくある話題だっただろうね。多分前にもこのことには答えたと思うけど。私のメールを通して、私が調べたことと行った事はね。うん、我々は以前それには答えてあると思うよ。
    (Ok, this sounded like a familiar topic. And I felt like I’d answered this one before.So I went and I searched, went through my mail. And I think we had answered it before. )
  • まあでもそれは2006年だったからね。だから(今回も)2006年の最先端を君たちに教えてあげよう。
    (But it was in 2006. So I’m going to give you the state of the art answer as of 2006. )
  • いずれにせよその答えが(2006年の時と)変わったということはないと思うよ、でもちょっとした注意を加えさせてくれ。
    (I don’t think the answer has changed in any way, but let me just add that small caveat.)
  • あの時(2006年)に我々がチェックをしていた時はいつでも、strongとbタグについては、ランキング・点数化・どのようにインデックスされるかとか、そういったこと全てに関する点では、間違いなく同列に扱われていたよ。
    (Back then, whenever we checked, strong and b were treated the exact same in terms of ranking and scoring and how they’re indexed and all that sort of stuff.)
  • 同様に、斜体を表すemタグやiタグについても、間違いなく同じように扱われていた。
    (Likewise, there’s also the E-M, the em, and the I, stands for italics, and those were treated exactly the same.)
  • 君達がどちらを使ったにせよ、グーグルランキングでは違いが生じることはないよ。
    ( And you could use either one, and it wouldn’t make a difference in terms of Google ranking.)
  • だからこれらのことは2006年から変わってはいないだろうと思うんだ。
    (So things might have changed since 2006.)
  • しかし私はそれに関しては本当に懸念のようなものがある。私はいつもbタグとiタグが軽視されているかのような憶測の元にいたんだ。
    (But I really kind of doubt it. I was always under the assumption that b and I have kind of been deprecated.)
  • しかしそれらは今でもHTML5に関わることのように見える。strongタグとemタグは、多くの人が好んで使っているという一種の新しい流行のように見えるんだ。
    (It does seem like strong and em are sort of the new hotness that a lot of people prefer to use. )
  • でも技術的には、ある人はプレゼンテーションで言及してて、確実にbタグだと言っているし。一方では同じような意味合いだと、つまりbタグはstrongタグと同じ扱いだと言っているよ。
    (But technically, one is talking about the presentation and is definitely saying bold. The other one is sort of a semantic label that says, well treat this as strong. )
  • しかし実際には、どんなブラウザーでもただ依然として文字を太くするだけだ。
    (But in practice, every browser just goes ahead and makes it bold.)
  • だから簡単な答えはそれについては気にするなってこと。私が知る限りでは、グーグルはstrongタグとbタグは同じく扱うだろうし、emタグとiタグも同じことだ。
    (So the short answer is don’t worry about it. As far as I know, Google will treat the strong and the bold the same and the em and the italic the same.)
  • そう、だから君たちはその観点からは心配する必要はないということ。
    (And so you don’t need to worry about it from the point of view. )
  • まあ、決定的に意味がある限りやりたいことは何でもやって、君たちが片方の考え方に強く共感するのかそれとも他方に共感するのかどうか、それはまったく良いことだ。
    (So whatever you want to doas far as deciding the semantics and whether you feelstrongly about one way or the other, that’s totally fine.)
  • だってそれがグーグルに関係があるとは思わないから。
    (Because I don’t think it will matter to Google.)

間違っている部分は多々あると思いますが、大まかな内容は把握できると思います。やー疲れた。

要約すると、「bタグとstrongタグどっち使ってもGoogleのアルゴリズムでは区別はないよ。」ということです。まあ明言はしていませんが、Googleの人がそういうのであればそうなんでしょう。

 

使い過ぎが良くないだけ

さっきの歴史の教科書みたいな話で、bタグやstrongタグを使い過ぎるとスパム判定されたり評価を落とされたりしているんじゃないかな。

適度に使うならbタグでもstrongタグでもどっちでも良いのでしょう。

考えてみれば、Google先生の評価基準の基本は、「閲覧者が見やすいかどうか」がそのひとつです。そりゃあページの大半を強調してたら見にくくて仕方がないですよ。

何%とか具体的な基準なんてものは無いですが、適度に使うってことを頭に入れておけばさほど問題にはならないと思います。

というか、strongタグはSEOに効果あるって情報はどこからきたんだろう?

コメントを残す